「未来をつくる教育フォーラム2018」 ワークショップに物流ドローンプログラミングも

「未来をつくる教育フォーラム2018」 ワークショップに物流ドローンプログラミングも

株式会社日本コスモトピア(大阪市淀川区)は、学校の教職員、学習塾運営者・講師、子育て中の親など教育に関わる方を対象に『未来をつくる教育フォーラム2018』を、10月14日、御茶ノ水ソラシティカンファレンスセンターで開催する。ワークショップに物流ドローンプログラミングも。


~地域(ローカル)から創造する生涯の学び~

株式会社日本コスモトピア(大阪市淀川区)は、学校の教職員、学習塾運営者・講師、子育て中の親など教育に関わる方を対象に『未来をつくる教育フォーラム2018』を、10月14日、御茶ノ水ソラシティカンファレンスセンターで開催する。
 フォーラムでは、現在関心が高まっている「地域(ローカル)から創造・発信する力」と、そのために必要な「生涯を通して学ぶこと」テーマに、大阪府立箕面高校 前校長 日野田直彦氏をはじめとした講演やパネルディスカッションで、最新の事例や実践報告を知り、今後進むべき方向性について考える機会が共有できる。また、子どもから大人まで幅広く楽しめる事前登録制のワークショップでは、物流ドローンプログラミングなど具体的な教育アプローチを体験することができる。

昨年の未来をつくる教育フォーラム内「第2回子ども白熱会議」の様子

■ 日  時:2018年10月14日(日)11:00 ~ 17:00 (カンファレンス会場は12:30開始)
■ 会  場:御茶ノ水ソラシティカンファレンスセンター
■ 参加対象:学校教職員、学習塾関係者、子育て中の親、教育に興味のある一般の方及び子どもたち
■ 内  容: (各プログラムの詳細内容は、次頁以降で紹介)

【カンファレンス会場】 12:30~17:00
 これから必要とされる教育を一緒に探ることができる、講演やパネルディスカッションのプログラムを開催いたします。
(1)セミナー(事例の共有)
(2)第3回子ども白熱会議(協賛:相田化学工業株式会社)
(3)マルチステークホルダー・パネルディスカッション

【ワークショップ会場】 11:00~17:00
 2030年の社会を想定し、これからの時代に必要な能力を育む教育アプローチを対象の世代を限らず、子どもから大人までが参加できる9個のワークショップを開催予定です。
主催:株式会社日本コスモトピア
協賛:相田化学工業株式会社
企画・運営:株式会社Live Innovation

■参加申し込み方法
「未来をつくる教育フォーラム2018」Webサイトより申し込む。
 https://www.cosmotopia.co.jp/forum2018/
<参加料金>一般参加:2,000円、親子参加:2,000円

◆カンファレンス会場プログラム

(1)セミナー(事例の共有)
①「大阪の公立高校で実現されたグローバルに活躍する人を育てる仕組み」
  発表者:大阪府立箕面高校前校長・日野田直彦氏
「なぜ偏差値50の公立高校」が世界のトップ大学から注目されるようになったのか!?」で話題の著者
日野田直彦氏が講演。

 <日野田直彦氏>
・民間公募制で最年少校長に就任(着任時36歳)
・校長着任4年で、大阪の公立高校4番手から海外有名大学へ進学者を多く輩出
・公立高校と民間企業との連携を多く実現
・教員の働き方・意識改革への挑戦
未来をつくる教育フォーラム2018では、大阪という「ローカル」から、いかに「グローバル」に活躍する人材を育てる仕組みを作ったのか、その具体的な取り組みを講演。

②沖縄の地域性に適応した学びを探究した先にあった「キャリア教育」
 発表者:キャリア教育コーディネーター 翁長有希氏
 10年以上、沖縄県内の小学校、中学校、高校でキャリア教育支援に関わり、平成26年からは、ベビーキャリア教育を立ち上げられた翁長有希氏が登壇し、沖縄県でのキャリア教育の具体的な取り組みや事例を講演。

③信州のプログラミング教育を牽引する人材を育む「デザインフェロー養成プログラム」とフェローの現場実践
 発表者:長野県教育委員会 松坂真吾氏、伊那市伊那東小学校教諭 田中愛氏
2020年から小学校でもプログラミング教育が導入され、教員には様々なシーンでプログラミングを扱うことが求められている。そのためには、プログラミング教育の本質的な価値やその背景にある考え方を学ぶことが必要。
 前回の本フォーラムで講演したMITメディアラボ博士研究員の村井裕実子氏と長野県教育委員会が共に取り組んだ、「クリエイティブラーニング」を学び、実践を共有し合う『デザインフェロー養成プログラム』について講演。

(2)第3回子ども白熱会議
 これからの未来を担う子どもたちが、自らの考えを表現するだけでなく、議論を通して「共にアイディアを創る力」を養う学びの機会として「子ども白熱会議」を実施している。
 事前選考で選ばれた数名が壇上に上がり、身近にある社会課題・問いについて自らが思うことを自分の言葉で表現し、他者の意見に耳を傾け、その課題にどう向き合うのか、そしてどんなアクションをとるのかについて話し合う。子どもたちのユニークかつ自由な発想に満ちた意見交換が期待される。
 さらに、今回は新たな試みとして、進行役であるモデレーターも一般公募により選考した。展開が予測不能なLive感あふれる会議を見学できる。

(3)マルチステークホルダー・パネルディスカッション
  公教育、私教育、生涯学習など教育に携わる各方面のゲストを招き、「地域から創造する生涯の学び」について、求められる教育の形など多角的な議論を展開する。

<パネリスト>
・【学校】大阪府立箕面高校 前校長 日野田直彦氏
・【生涯学習】北名古屋市教育部生涯学習課教育支援活動コーディネーター 石川由美子氏
・【学習塾】マナビオ代表 松山達也氏
・【地域】一般社団法人そっか共同代表 小野寺愛氏
・【英語教育】SOLO GROUP株式会社 執行役員 光峰ルーク氏

<モデレーター>
株式会社日本コスモトピア 代表取締役社長 下向峰子

◆ワークショップ会場プログラム

 ドローン操縦をiPadでかんたんコードプログラミング~未来のプチ物流体験~対象:小学3年生~大人※1、2年生は保護者同伴
 ミニドローンでキャップを掴んで、特定の位置に運ぶ体験をする。
 2020年から必修になる【プログラミング的思考】を先取りして身に付けられる。プログラミング初 心者でもOK。

 ワークショップ企画のコンセプトは、地域から創造し発信すること、またそのために生涯にわたって学び続けられる環境構築に向けて、今を生きる子どもから大人までに触れてほしい教育アプローチを、既にある教育のカタチに拘らずに提案し、磨きをかけていく機会をつくること。新たな社会で自ら考え、行動できる力を伸ばす具体的な教育アプローチを見てもらい、参加者だけでなく、指導者や周りで見ている全ての人たちにとって新たな気付きのチャンスになることを目指す。

この記事のライター

関連する投稿


ORSO、プログラミング講師を養成するスクール「DRONE STAR Academy」を4月開講

ORSO、プログラミング講師を養成するスクール「DRONE STAR Academy」を4月開講

ORSOは、生徒が能動的にプログラミング的思考を学ぶことができる新しい教材「DRONE STARプログラミング」を活用したプログラミング講師養成スクール「DRONE SRAR Academy」を4月から開講すると2月21日、発表した。受講受付は2月21日から開始された。


セキド、「飛ばして、学んで、感じよう! キッズドローン操縦・プログラミング体験」開催

セキド、「飛ばして、学んで、感じよう! キッズドローン操縦・プログラミング体験」開催

株式会社セキド(東京都国立市)は、新春特別企画として子供向けのドローン操作およびプログラミング体験会を、1月26日にセキド虎ノ門本店で開催


ブルーイノベーション、子供たちがで遊びながらできるプログラミングとドローンの体験型イベント開催 横浜・八景島シーパラダイス

ブルーイノベーション、子供たちがで遊びながらできるプログラミングとドローンの体験型イベント開催 横浜・八景島シーパラダイス

ブルーイノベーションは、株式会社横浜八景島(神奈川県横浜市)と共同で、遊びながらプログラミ ングを学べ、最先端のロボット技術であるドローンを操作する体験型イベントを横浜・八景島シーパラダイスで11月に開催。


ORSO、「ドローン学びの教材シリーズ」を発表  Tello 専用無料コンテンツ「ボールでそうさしよう」の配信開始

ORSO、「ドローン学びの教材シリーズ」を発表  Tello 専用無料コンテンツ「ボールでそうさしよう」の配信開始

ORSOは「ドローン学びの教材シリーズ」を発表し、Tello専用無料コンテンツ「ボールでそうさしよう」をDRONE STARプログラミングアプリ内で配信開始する。


SkyLink Japan、好評の「はじめてのドローン・プログラミング教室」を追加開催

SkyLink Japan、好評の「はじめてのドローン・プログラミング教室」を追加開催

2020年度の新学習指導要領にもとづく小学校プログラミング教育必修化に向け、SkyLink Japan(株式会社WorldLink & Company /京都市北区)は、児童向けのドローンのプログラミング教室を実施する。


最新の投稿


米国初、CAPE社が米国連邦航空局(FAA)から目視外飛行(BVLOS)認証証明書を授与

米国初、CAPE社が米国連邦航空局(FAA)から目視外飛行(BVLOS)認証証明書を授与

2019年3月19日 – 米国カリフォルニア州。ドローンのテレプレゼンスとデータ管理のクラウドプラットフォームを提供するCAPE(米国)社は、FAAから史上初となるBVLOS 認証証明書(COA)を付与された。


VTOLを革新するPteroDynaimcs社のTranswing Parus5c

VTOLを革新するPteroDynaimcs社のTranswing Parus5c

PteroDynamics(米国カリフォルニア州)のVTOLドローンは、翼を回転させるというユニークな構造で、革新的な飛行性能を実現した。


シナジーテック、夜間捜索ドローン専用 照明キットを新発売

シナジーテック、夜間捜索ドローン専用 照明キットを新発売

株式会社シナジーテック(徳島県阿南市宝田町)は、 ドローンに搭載可能な、 超軽量、 全光束25,000ルーメンのLED照明ユニット「DL250」を開発、 販売を開始した。


ドローン大学校が修了生と共同事業、「ドローン送信機用モニター取付ネジ”DRONE TX SCREW”」の販売開始

ドローン大学校が修了生と共同事業、「ドローン送信機用モニター取付ネジ”DRONE TX SCREW”」の販売開始

ドローンビジネスの創造をビジョンとするドローン大学校は、修了生の丹羽雅裕氏が代表取締役を務める株式会社丹羽電機とのアライアンスによる「ドローン送信機(プロポ)用モニター取付ネジ”DRONE TX SCREW”」の製造・販売を開始する。


イーエムアイ・ラボが開発、レーザー測量用ドローン発売

イーエムアイ・ラボが開発、レーザー測量用ドローン発売

株式会社イーエムアイ・ラボ(長野県/ EMI-LAB)は、 UAVレーザー機の販売を3月から開始。