ドローンが捉えたヨットレースの空撮ベストショット

ドローンが捉えたヨットレースの空撮ベストショット

自動車メーカーのボルボ(スウェーデン)が開催しているVolvo Ocean Raceは、今年で創立45周年を迎える。大会を記念して、Volvo Ocean Raceはドローンで空撮したヨットレースのベストショットを公開した。


公開されたVolvo Ocean Raceのドローン空撮映像から

2001年にレースのオーナー権を引き継いだボルボ

世界各国から7チームが参加

 Volvo Ocean Raceは、45年前にWhitbread醸造会社とRoyal Naval Sailing Associationの共同開催によるWhitbread Round the World Yacht Raceとしてスタートした。最初のレースは、イギリスの南岸にある海岸都市のポーツマスから17艇のボートと167人の船員で行われた。レースは、4年ごとに開催され2001年にボルボがオーナー権を引き継いで、Volvo Ocean Raceになった。
 2017年から2018年にかけて開催された今回のVolvo Ocean Raceには、世界各国から7チームが参戦した。今回のレースではドローンを活用して、レースの様子を空からも撮影した。公開された動画では、迫力あるヨット映像とクルーたちが映しだされている。Facebookに公開されている情報によれば、ヨットは40ノット(約74km)の速度で航行している。そのヨットを追跡して追い越すドローンは、80km/h近いスピードで飛行していることになる。撮影は、Volvo Ocean Raceのオンボードレポーターとして参加したYann Riou氏が担当している。
 レースは、中国から参加したDONGFENG(東風)チームが優勝した。次回は、4年後の2021年にスペインのアリカンテからスタートする予定。

優勝した中国のDONGFENG(東風)チーム

この記事のライター

関連するキーワード


Volvo Ocean Race Yann Riou DONGFENG

最新の投稿


バヌアツ、83の島々の子どもたちにワクチンをドローン輸送 試験運用実施

バヌアツ、83の島々の子どもたちにワクチンをドローン輸送 試験運用実施

バヌアツの保健大臣のノリス・ ジャック・カルメは、 同国の島々に住む子どもたちにワクチンを届ける、 ドローンによる輸送試験が公式に開始されたと12月5日、発表した。


サン電子とドコモ、5GとARスマートグラスを活用したドローンの遠隔支援で実証実験開始

サン電子とドコモ、5GとARスマートグラスを活用したドローンの遠隔支援で実証実験開始

 サン電子株式会社と株式会社NTTドコモ東海支社は、第5世代移動通信方式(5G)と、サン電子のARスマートグラス「AceReal One」を活用したドローンの遠隔支援などの実証実験を12月4日から開始した。


米国の橋梁点検で効果を発揮するインテルのドローンソリューション

米国の橋梁点検で効果を発揮するインテルのドローンソリューション

米半導体大手のインテルは、米国の2つの輸送部門と協力して、オハイオ州とケンタッキー州を結ぶダニエル・カーター・ビアード・ブリッジとミネソタ州のストーン・アーチ・ブリッジの手動検査をドローンで補完して、橋の検査を改善したと12月5日、発表した。


国際航業ドローンスクール・ドローンタイムズのスタッフが三次元計測まで挑戦

国際航業ドローンスクール・ドローンタイムズのスタッフが三次元計測まで挑戦

ドローンの操縦技術から3次元計測の実践スキルを一貫して習得できる国際航業のドローンスクールに、ドローンタイムズのスタッフが挑戦した。果たして、JUIDA認定カリキュラムをクリアして、彼らは晴れてドローンパイロットになれるのだろうか。


カーシエル が仏セルベア社のアンチドローンシステム公開

カーシエル が仏セルベア社のアンチドローンシステム公開

カーシエル株式会社(東京都中央区)が、仏セルベア(CerBair)社のアンチドローンシステムを関係者に紹介。