ドローンが捉えたヨットレースの空撮ベストショット

ドローンが捉えたヨットレースの空撮ベストショット

自動車メーカーのボルボ(スウェーデン)が開催しているVolvo Ocean Raceは、今年で創立45周年を迎える。大会を記念して、Volvo Ocean Raceはドローンで空撮したヨットレースのベストショットを公開した。


公開されたVolvo Ocean Raceのドローン空撮映像から

2001年にレースのオーナー権を引き継いだボルボ

世界各国から7チームが参加

 Volvo Ocean Raceは、45年前にWhitbread醸造会社とRoyal Naval Sailing Associationの共同開催によるWhitbread Round the World Yacht Raceとしてスタートした。最初のレースは、イギリスの南岸にある海岸都市のポーツマスから17艇のボートと167人の船員で行われた。レースは、4年ごとに開催され2001年にボルボがオーナー権を引き継いで、Volvo Ocean Raceになった。
 2017年から2018年にかけて開催された今回のVolvo Ocean Raceには、世界各国から7チームが参戦した。今回のレースではドローンを活用して、レースの様子を空からも撮影した。公開された動画では、迫力あるヨット映像とクルーたちが映しだされている。Facebookに公開されている情報によれば、ヨットは40ノット(約74km)の速度で航行している。そのヨットを追跡して追い越すドローンは、80km/h近いスピードで飛行していることになる。撮影は、Volvo Ocean Raceのオンボードレポーターとして参加したYann Riou氏が担当している。
 レースは、中国から参加したDONGFENG(東風)チームが優勝した。次回は、4年後の2021年にスペインのアリカンテからスタートする予定。

優勝した中国のDONGFENG(東風)チーム

この記事のライター

関連するキーワード


Volvo Ocean Race Yann Riou DONGFENG

最新の投稿


高度2万メートルから地球を観測するASTIGAN A3ドローン

高度2万メートルから地球を観測するASTIGAN A3ドローン

英国のAstigan社(航空宇宙分野のイノベーターチームと英国のOrdnance Survey)の合弁事業によって設計および製造されたASTIGAN A3は、高度2万メートル上空から地球を観測する。


【慶大×田村市】高校生が農薬散布機運用へ一歩 2人が訓練、4人がすでにライセンス取得

【慶大×田村市】高校生が農薬散布機運用へ一歩 2人が訓練、4人がすでにライセンス取得

 慶應義塾大学と包括連携協定を締結し、ドローンによる地域活性化に積極的な福島県田村市で、地元の福島県立船引高校の生徒2人が2月13日に、市内で農薬散布機の訓練に取り組んだ。船引高校ではこの2人を含め、すでに4人がライセンスを取得おり、今後もドローンを使って地元への貢献に意欲をみせている。


Saashaのメッセージビデオにドローン ササモモさんに贈る曲演奏中に自撮り 

Saashaのメッセージビデオにドローン ササモモさんに贈る曲演奏中に自撮り 

 ドローンのイベントなどでしばしば起用されるシンガーソングライターのSaashaが、女性ドローン操縦士、ササモモ(佐々木桃子)さんの登壇するトークイベントにサプライズでビデオメッセージを寄せた。その中にドローンが登場するシーンがあり、会場が涌いた。


ササモモさん新チーム名は“L’oiseau bleu(ロワゾ・ブルー)”! 女性活躍の場の創出、拡大目指す

ササモモさん新チーム名は“L’oiseau bleu(ロワゾ・ブルー)”! 女性活躍の場の創出、拡大目指す

 ドローンの操縦士、インストラクター、MCなどとして広く活躍しているササモモ(佐々木桃子)さんは2月14日、新たに発足させたチームの名前を「L’oiseau bleu(ロワゾ・ブルー)」と発表しました。ドローン産業に新たな彩が誕生しました♪


ドローンレース毎日開催「スカイファイト」東京お台場 2月16日(土)オープン

ドローンレース毎日開催「スカイファイト」東京お台場 2月16日(土)オープン

ドローン関連コンテンツの企画、開発、運営を行う株式会社ドローンネット(東京都千代田区)は、東京ベイエリアでオンライン対戦型ドローンレースが開催されるエンタメスポット 「スカイファイト」東京お台場を2月16日(土) にオープン。2月16日、17日に、アクアシティお台場3階アクアアリーナにてオープニングイベント開催。