ドローンが捉えたヨットレースの空撮ベストショット

ドローンが捉えたヨットレースの空撮ベストショット

自動車メーカーのボルボ(スウェーデン)が開催しているVolvo Ocean Raceは、今年で創立45周年を迎える。大会を記念して、Volvo Ocean Raceはドローンで空撮したヨットレースのベストショットを公開した。


公開されたVolvo Ocean Raceのドローン空撮映像から

2001年にレースのオーナー権を引き継いだボルボ

世界各国から7チームが参加

 Volvo Ocean Raceは、45年前にWhitbread醸造会社とRoyal Naval Sailing Associationの共同開催によるWhitbread Round the World Yacht Raceとしてスタートした。最初のレースは、イギリスの南岸にある海岸都市のポーツマスから17艇のボートと167人の船員で行われた。レースは、4年ごとに開催され2001年にボルボがオーナー権を引き継いで、Volvo Ocean Raceになった。
 2017年から2018年にかけて開催された今回のVolvo Ocean Raceには、世界各国から7チームが参戦した。今回のレースではドローンを活用して、レースの様子を空からも撮影した。公開された動画では、迫力あるヨット映像とクルーたちが映しだされている。Facebookに公開されている情報によれば、ヨットは40ノット(約74km)の速度で航行している。そのヨットを追跡して追い越すドローンは、80km/h近いスピードで飛行していることになる。撮影は、Volvo Ocean Raceのオンボードレポーターとして参加したYann Riou氏が担当している。
 レースは、中国から参加したDONGFENG(東風)チームが優勝した。次回は、4年後の2021年にスペインのアリカンテからスタートする予定。

優勝した中国のDONGFENG(東風)チーム

この記事のライター

関連するキーワード


Volvo Ocean Race Yann Riou DONGFENG

最新の投稿


ドローンネット、標高3000メートル級のスイスアルプスを3Dスキャン

ドローンネット、標高3000メートル級のスイスアルプスを3Dスキャン

ドローン関連コンテンツの企画、開発、運営を行う株式会社ドローンネット(東京都千代田区)は、標高3000メートルのスイスの山脈で、ドローンによる3Dスキャンに成功した。荘厳な風景と、巨大な崖が3Dスキャンされる様子は必見。


次世代ドローンのエアロネクストがベンチャー企業として初めて『CEATEC AWARD 2018 経済産業大臣賞』を受賞

次世代ドローンのエアロネクストがベンチャー企業として初めて『CEATEC AWARD 2018 経済産業大臣賞』を受賞

株式会社エアロネクスト (東京都渋谷区、 代表取締役CEO:田路 圭輔)は、 CEATEC JAPAN 2018(主催:CEATEC JAPAN )に展示される優れた技術・製品・サービス等の中から表彰するCEATEC AWARD 2018 において「経済産業大臣賞」を受賞した。ベンチャー企業が受賞するのは初めて。


ドローン大学校が博多キャンパスを開校 東京 大手町、名古屋 名駅、瀬戸内 岡山に続いて

ドローン大学校が博多キャンパスを開校 東京 大手町、名古屋 名駅、瀬戸内 岡山に続いて

東京キャンパス開校以来300名以上の入校生を迎え、 東京・大手町、 名古屋・名駅、 瀬戸内・岡山と拡大を続ける一般社団法人ドローン大学校が、 11月に4校目となる九州・博多キャンパスを開校。


次世代農業EXPO2018で見た、進化する日本の農業ドローン(下)

次世代農業EXPO2018で見た、進化する日本の農業ドローン(下)

2018年10月10日。幕張メッセで第5回 次世代農業EXPOが開催された。レポートの後半では、ハイブリッド機や粒状散布装置など、日本独自の取り組みを中心に紹介する。(田中亘)


セキド、ドローンの災害救助活用 無料セミナー開催 11月2日

セキド、ドローンの災害救助活用 無料セミナー開催 11月2日

セキドは、ジャパンメディアシステム株式会社の協力で、ドローンの災害救助活用 無料セミナーを開催する。