第二回 北海道ドローン選手権 開催 今年はDJIのドローンが9割を占める(2/3)

第二回 北海道ドローン選手権 開催 今年はDJIのドローンが9割を占める(2/3)

2018年9月22日。旭川ICT協議会が主催する第二回 北海道ドローン選手権が、旭川市の旭川市農業センターで開催された。参加した6チームには、それぞれ賞が授与された。今回は、アイディア賞と特別賞に3位までを紹介する。(田中亘)


アイディア賞は北見工業大学 情報システム工学科Bチーム

DJI製ドローンが体制を占める中でParrot Bebopで臨んだ北見工業大学 情報システム工学科Bチーム

 北見工業大学 情報システム工学科Bチームは、DJI製ドローンが体制を占める中で、唯一仏Parrot社製のBebopドローンで競技に挑んだ。昨年の第一回大会では、圧倒的な強さを見せたBebopドローンだったが、今回は入賞を逃した。Bebopは、開発系のツールを活用するとPCからのオートパイロットも可能だが、今回の競技ではスマートフォンのアプリによる手動での操縦となった。当初の計画では、撮影と航行を自動化する予定だったが、カメラの操作はプログラム処理で対応できたものの、GPSのデータをアプリから取得できなかった。そのため、手動で飛行させたあとに、撮影したデータをPCで解析する方法がとられた。画像解析に関しては、バルーンが光の関係で均一に映らないなどに苦労したという。しかし、動画で人物などを解析するときに用いられるパーティクルフィルタ(Particle Filter)とカスケード型識別などへの取り組みが、アイディア賞へとつながった。

特別賞は北海道情報大学と北海道科学大学

Inspierを飛行させる北海道情報大学

 特別賞には、北海道情報大学と北海道科学大学の2チームが選ばれた。北海道情報大学は、ドローンに触れるのが初となるチームで、代表者は1名のみとなった。ドローンの飛行は、DJI Inspireを利用して空撮を行った。そこで得られた画像データを機械学習で処理して、解析の自動化に挑んだ。残念ながら、カウント数は上位チームに及ばなかったが、技術的な取り組みが評価されて、特別賞になった。
 もう1チームの北海道科学大学は、DJI Sparkで競技に臨んだ。操縦は、スマートフォンのアプリを使い、手動での飛行となった。専用コントローラーは利用していないものの、飛行の操作は丁寧で着陸ポイントもドローンポートにほぼタッチダウンした。画像に関しては、飛行中に撮りっぱなしでデータを取得し、物体検出のYOLO v3による牛バルーンのカウントに取り組んだ。しかし、バルーンの輪郭などは検出できたものの、牛か豚かなどの判定に苦労し、パラメーターをチューンアップするまでには至らなかった。

参加ドローンの中でもっともコンパクトなDJI Sparkを使用した北海道科学大学

3位は北見工業大学 情報システム工学科Aチーム


 3位になった北見工業大学 情報システム工学科Aチームは、DJI Phantom 3を利用した。飛行は手動で行っている。画像解析は、撮影したバルーンの輪郭を判断する技術や既存のテンプレートなどを活用して、ヒストグラムを比較する手法を組み合わせて、牛とそれ以外の種類を区別している。飛行時間や解析などの処理は順調だったが、牛のカウントで上位2チームには及ばなかった。

Phantom 3で参加した北見工業大学 情報システム工学科Aチーム

この記事のライター

関連する投稿


第二回 北海道ドローン選手権 開催 1位と2位はDJI M100勢が圧勝(3/3)

第二回 北海道ドローン選手権 開催 1位と2位はDJI M100勢が圧勝(3/3)

2018年9月22日。第二回 北海道ドローン選手権の優勝と準優勝は、どちらのチームもDJI M100を利用し、自動飛行で計測した。採点差はわずか3ポイントで、その違いは飛行精度にあった。(田中亘)


第二回 北海道ドローン選手権 開催 今年は初の屋外競技に(1/3)

第二回 北海道ドローン選手権 開催 今年は初の屋外競技に(1/3)

2018年9月22日。旭川ICT協議会が主催する第二回 北海道ドローン選手権が、旭川市の旭川市農業センターで開催された。北海道大学や北見工業大学に旭川工業高等専門学校など6チームが参加した。(田中亘)


第2回 北海道ドローン選手権を9月22日に開催

第2回 北海道ドローン選手権を9月22日に開催

旭川ICT協議会は、昨年に続き今年の9月22日に、第2回 北海道ドローン選手権の開催を発表し、競技の概要を発表した。


【ドローン × ICT】 「第一回 北海道ドローン選手権」が開催される(1)

【ドローン × ICT】 「第一回 北海道ドローン選手権」が開催される(1)

9月30日。北海道旭川市の勤労者体育センターで、旭川ICT協議会が主催する「第一回 北海道ドローン選手権」が開催された。会場には、北海道大学や北見工業大学など、道内から6団体が参加し、ドローンとICTを組み合わせて、高齢化の進む酪農産業など道内の課題解決に挑む競技が行われた。


最新の投稿


バヌアツ、83の島々の子どもたちにワクチンをドローン輸送 試験運用実施

バヌアツ、83の島々の子どもたちにワクチンをドローン輸送 試験運用実施

バヌアツの保健大臣のノリス・ ジャック・カルメは、 同国の島々に住む子どもたちにワクチンを届ける、 ドローンによる輸送試験が公式に開始されたと12月5日、発表した。


サン電子とドコモ、5GとARスマートグラスを活用したドローンの遠隔支援で実証実験開始

サン電子とドコモ、5GとARスマートグラスを活用したドローンの遠隔支援で実証実験開始

 サン電子株式会社と株式会社NTTドコモ東海支社は、第5世代移動通信方式(5G)と、サン電子のARスマートグラス「AceReal One」を活用したドローンの遠隔支援などの実証実験を12月4日から開始した。


米国の橋梁点検で効果を発揮するインテルのドローンソリューション

米国の橋梁点検で効果を発揮するインテルのドローンソリューション

米半導体大手のインテルは、米国の2つの輸送部門と協力して、オハイオ州とケンタッキー州を結ぶダニエル・カーター・ビアード・ブリッジとミネソタ州のストーン・アーチ・ブリッジの手動検査をドローンで補完して、橋の検査を改善したと12月5日、発表した。


国際航業ドローンスクール・ドローンタイムズのスタッフが三次元計測まで挑戦

国際航業ドローンスクール・ドローンタイムズのスタッフが三次元計測まで挑戦

ドローンの操縦技術から3次元計測の実践スキルを一貫して習得できる国際航業のドローンスクールに、ドローンタイムズのスタッフが挑戦した。果たして、JUIDA認定カリキュラムをクリアして、彼らは晴れてドローンパイロットになれるのだろうか。


カーシエル が仏セルベア社のアンチドローンシステム公開

カーシエル が仏セルベア社のアンチドローンシステム公開

カーシエル株式会社(東京都中央区)が、仏セルベア(CerBair)社のアンチドローンシステムを関係者に紹介。