米国AT&TとDedroneが悪意のあるドローンの防御で協力

米国AT&TとDedroneが悪意のあるドローンの防御で協力

2018年9月26日。米国の通信大手AT&Tは、ドローン探知技術のスタートアップ企業Dedroneと、IoTセンサーを活用したドローン防御で協力すると発表した。


悪意のあるドローンは地域社会や企業にとっての脅威

専用の電波センサーなどを活用して悪意あるドローンを検出する

 米国サンフランシスコに本拠地を置くドローン探知技術のスタートアップ企業のDedroneは、2014年から空域を保護するために公共施設やその他の組織と協力してきた。同社は、悪意のある人がドローンを使い、軍事基地やコンサート会場や都市などに及ぼす脅威を保護してきた。米国の連邦航空局によれば、2017年は世界で約300万ドル(約3億4千万円)のドローンが購入され、米国では100万人以上が所有登録を行っている。こうした背景から、ドローン所有者の中には、悪意を持って飛行する脅威も懸念されている。Dedroneの対ドローン技術は、商用およびコンシューマ、軍用または自律飛行など、あらゆる種類のドローンを検出する。
 AT&Tのスマートシティ担当バイスプレジデント兼ゼネラルマネージャのマイケル・ゼト(Michael Zeto)氏は「物理的なセキュリティとサイバーセキュリティは、生態系全体を保護する上で同様に重要です。悪意のあるドローンは、地域社会、企業、そこに住んで働く人々の脅威を引き起こします。Dedroneを使用することで、お客様や市民をこの種のリスクから守ることができます」と話す。
 AT&Tは、Dedroneのドローン検出ソリューションにおける唯一のLTE接続プロバイダーとして、DedroneのIoTセンサー機器とLTE接続をサポートする。Dedroneのソリューションは、無線周波数、ビジュアル、レーダー、およびその他のセンサーデータを使用して接近するドローンを識別する。センサーから得られたデータの分析は、接近するドローンを確実に分類し、それらの位置を特定する。次に、アラームを発信して、セキュリティ・スタッフに警告する。
 Dedroneによる広域かつ早期の検出機能により、公安機関は迅速かつ効率的に悪意あるドローンに対応できる。また、建物の管理や警報システムなど、一般の人々を守るために、他の対策とも統合できる。
 AT&Tもドローン技術を利用してきた。AT&Tは、数年前にドローンの使用を調査し、その後、タワー検査にドローンを使用し、イベントで顧客のライブLTE通信を行い、最初のレスポンダーと消費者に接続性を提供し始めた。
 DedroneのCEOで共同設立者のジョエル・ランプレヒト(Joerg Lamprecht)氏は「AT&Tは、Dedroneのお客様が当社の技術をセキュリティ・エコシステムに接続し、Dedroneによる分析を使用して空域の活動を把握するための信頼できるプラットフォームを提供します。AT&Tと連携することで、ドローンの侵入を防ぐためにDedrone技術をスマートな都市に統合することができます」と述べる。

DedroneのCEOで共同設立者のジョエル・ランプレヒト(Joerg Lamprecht)氏

この記事のライター

関連する投稿


米国AT&Tが全天候型ドローンCOWの最新機を公開

米国AT&Tが全天候型ドローンCOWの最新機を公開

ワシントン州レドモンド、通信事業者のAT&T(米国)は、全天候型ドローンCOW(Cell on Wings)の最新モデルを公開した。新型COWは、大雨や暴風に猛暑や雪でも飛行できる高度な耐久性を備え、LTEアンテナによる中継基地局として機能する。


米国AT&Tがハリケーン被災地で通信復旧にLTEドローンを飛ばす

米国AT&Tがハリケーン被災地で通信復旧にLTEドローンを飛ばす

米国の通信会社のAT&Tは、9月の後半にハリケーン・マリアの被害にあったプエルトリコで、LTE通信を装備したCOW(Cell on Wings)ドローンを飛ばして、モバイル通信の復旧に取り組んでいる。


ドローン犯罪を未然に防ぐ「ドローンDNA検出システム」を開発するUAS社

ドローン犯罪を未然に防ぐ「ドローンDNA検出システム」を開発するUAS社

2017年は産業用ドローン元年と言われているが、一方でドローンの性能が向上することは、新たな犯罪の火種になる。その危険性について警鐘を鳴らし、ドローンを識別する検出システムを開発している会社が米国にある。


クアルコム(Qualcomm)がAT&T社とセルラーネットワークを利用したドローンの実証実験を発表

クアルコム(Qualcomm)がAT&T社とセルラーネットワークを利用したドローンの実証実験を発表

 クアルコムはAT&T社と商用のLTEネットワークを利用したドローンの飛行テストを行うと発表した。実験では、ドローンがLTE及び5Gを含む将来のネットワーク上で安全に動作するかを分析する。


DedroneとAirbusがタッグ 空港など広い空間で見えないドローン発見に一役

DedroneとAirbusがタッグ 空港など広い空間で見えないドローン発見に一役

飛んではいけない、あるいは飛んでいてほしくない空域を飛んでるドローンを、人間の肉眼以上の能力で検出するDedroneが、民間航空機のメーカーAirbusの電子部門とパートナーして、広い空間や遠い場所におけるドローン検出機能を提供することになった。


最新の投稿


ドローンネット、標高3000メートル級のスイスアルプスを3Dスキャン

ドローンネット、標高3000メートル級のスイスアルプスを3Dスキャン

ドローン関連コンテンツの企画、開発、運営を行う株式会社ドローンネット(東京都千代田区)は、標高3000メートルのスイスの山脈で、ドローンによる3Dスキャンに成功した。荘厳な風景と、巨大な崖が3Dスキャンされる様子は必見。


次世代ドローンのエアロネクストがベンチャー企業として初めて『CEATEC AWARD 2018 経済産業大臣賞』を受賞

次世代ドローンのエアロネクストがベンチャー企業として初めて『CEATEC AWARD 2018 経済産業大臣賞』を受賞

株式会社エアロネクスト (東京都渋谷区、 代表取締役CEO:田路 圭輔)は、 CEATEC JAPAN 2018(主催:CEATEC JAPAN )に展示される優れた技術・製品・サービス等の中から表彰するCEATEC AWARD 2018 において「経済産業大臣賞」を受賞した。ベンチャー企業が受賞するのは初めて。


ドローン大学校が博多キャンパスを開校 東京 大手町、名古屋 名駅、瀬戸内 岡山に続いて

ドローン大学校が博多キャンパスを開校 東京 大手町、名古屋 名駅、瀬戸内 岡山に続いて

東京キャンパス開校以来300名以上の入校生を迎え、 東京・大手町、 名古屋・名駅、 瀬戸内・岡山と拡大を続ける一般社団法人ドローン大学校が、 11月に4校目となる九州・博多キャンパスを開校。


次世代農業EXPO2018で見た、進化する日本の農業ドローン(下)

次世代農業EXPO2018で見た、進化する日本の農業ドローン(下)

2018年10月10日。幕張メッセで第5回 次世代農業EXPOが開催された。レポートの後半では、ハイブリッド機や粒状散布装置など、日本独自の取り組みを中心に紹介する。(田中亘)


セキド、ドローンの災害救助活用 無料セミナー開催 11月2日

セキド、ドローンの災害救助活用 無料セミナー開催 11月2日

セキドは、ジャパンメディアシステム株式会社の協力で、ドローンの災害救助活用 無料セミナーを開催する。