次世代農業EXPO2018で見た、進化する日本の農業ドローン(上)

次世代農業EXPO2018で見た、進化する日本の農業ドローン(上)

2018年10月10日。幕張メッセで第5回 次世代農業EXPOが開催された。会場には、薬剤や粒剤散布用のドローンが一堂に介して、2019年に向けた最新の技術や取り組みが展示されていた。(田中亘)


日本の市場に根付き始めたDJIのAGRAS MG-1

DJIの展示ブースで開催されたパネルディスカッションの様子

 日本で農業ドローンを展開する主要なベンダーが出展した次世代農業EXPO 2018の会場で、存在感を高めていたのはDJIの農薬散布用ドローンのAGRAS MG-1。DJI JAPANの展示ブースでは、ユーザーと農薬メーカーの担当者を交えたパネルディスカッションが開催され、AGRAS MG-1を採用したことで、薬剤散布の効率が向上した成果などが報告された。今回の展示では、日本初となるAGRAS MG-1の最新モデルも展示されていた。従来は、別売となっていた衝突回避レーザーを標準搭載し、代わりに既存のセンサーを排除したことで、安全性が向上しコストも抑えられている。また、新たに粒状散布装置のGS110も展示されていた。
 同じくDJIのAGRAS MG-1を全面に展示していたのは、SkyLink Japan。展示コーナーの奥に、セミナー用のコーナーを設けて、ネットを張ったスペースも空けていた。展示では、 SkyLink Japanのロゴを貼ったAGRAS MG-1も展示していた。

SkyLink Japanのロゴを貼ったAGRAS MG-1

ナイルワークスはマクセルと共同でブースを展開

 自動飛行型農薬散布マルチコプターの実証実験を推進するナイルワークスは、マクセルと共同でブースを展開し、高性能なスマートバッテリーを紹介していた。マクセルでは、ナイルワークスと協力して、ドローン用電池の安全性と信頼性向上のための実験を繰り返している。会場には、Nile-T18ドローン用のバッテリーと充電器を展示していた。

マクセルと共同で展示していたナイルワークス

RTKによる完全自動飛行を実現するXAIRCRAFT P20ドローン

 中国の広州に本社を構えるXAG(エックスエージー)の日本法人XAIRCARFT(エックスエアークラフト) JAPANは、RTKを搭載した農薬散布型ドローンのP20を展示していた。日本での販売は来年の予定だが、中国では農薬散布ドローンメーカーとして、これまでに数万台の販売実績があるという。フライトコントローラーも自社開発で、高精度な飛行が特長。2007年の創業時は、汎用的なドローンメーカーだったが、2015年に開発した初代P20を主軸に、農業用ドローンに注力し、中国では社名をXAIRCRAFTから、アグリカルチャーをイメージしたXAGと変更した。日本法人は約一年半前から営業を開始し、現在は販売代理店の開拓中。

中国で数多くの販売実績を持つXAGの日本支社が出展しRTKドローンなどを展示

この記事のライター

関連するキーワード


DJI Agras MG-1 農業ドローン

関連する投稿


DJI 、AGRAS MG-1の次世代モデル「DJI AGRAS MG-1P RTK(MG-1P RTK)」を国内初展示

DJI 、AGRAS MG-1の次世代モデル「DJI AGRAS MG-1P RTK(MG-1P RTK)」を国内初展示

DJI JAPAN 株式会社(東京都港区)は、 農薬散布機「DJI AGRAS(アグラス)」シリーズの次世代モデル「DJI AGRAS MG-1P RTK(MG-1P RTK)」を農業総合展「農業ワールド」(10月10日〜12日、幕張メッセ)において国内で初めて展示する。


DJIが空撮カメラマンの匠(Master)に写真家で映画監督のヤン・アルトゥス・バートランド氏を任命

DJIが空撮カメラマンの匠(Master)に写真家で映画監督のヤン・アルトゥス・バートランド氏を任命

ドローンメーカーのDJI(中国)は、写真家で映画監督のヤン・アルトゥス・バートランド(Yann Arthus-Bertrand)氏をDJI Master(匠)に任命した。世界で最も熟練したイメージング・パイオニアとして、他に2名の匠も任命している。


DJIが米国で政策提言のプロフェッショナルを新たに雇用

DJIが米国で政策提言のプロフェッショナルを新たに雇用

2018年9月18日。DJIの米国法人は、航空政策の専門家David Hansell(デビッド・ハンセル)氏を公共政策管理者に雇用した。米国でのドローン関連の法律や規制への提言を推進する考えだ。


Air Works China 2018に日本から唯一の出展 センシンロボティクス出村太晋社長インタビュー

Air Works China 2018に日本から唯一の出展 センシンロボティクス出村太晋社長インタビュー

 DJIが8月末に、世界の主要プレイヤーが集まるクローズドのカンファレンス、「Air Works China 2018」を開催し、日本からドローンの完全自動運用システム「DRONEBOX」などを手掛けるセンシンロボティクスが唯一出展し、プレゼンテーションをした。帰国した出村太晋社長に、現地の様子と今後の戦略を聞いた。


DJI、ドローン専門トレーニングセンター(UTC)を日本で開校

DJI、ドローン専門トレーニングセンター(UTC)を日本で開校

DJIは、 個人や企業に所属するドローン操縦者がドローンの基本的な飛行訓練や実際の現場における作業手順など専門的なトレーニングプログラムを受講できるトレーニングセンター「UTC」(Unmanned Aerial System Training Center)を9月7日、開校した。


最新の投稿


ドローンネット、標高3000メートル級のスイスアルプスを3Dスキャン

ドローンネット、標高3000メートル級のスイスアルプスを3Dスキャン

ドローン関連コンテンツの企画、開発、運営を行う株式会社ドローンネット(東京都千代田区)は、標高3000メートルのスイスの山脈で、ドローンによる3Dスキャンに成功した。荘厳な風景と、巨大な崖が3Dスキャンされる様子は必見。


次世代ドローンのエアロネクストがベンチャー企業として初めて『CEATEC AWARD 2018 経済産業大臣賞』を受賞

次世代ドローンのエアロネクストがベンチャー企業として初めて『CEATEC AWARD 2018 経済産業大臣賞』を受賞

株式会社エアロネクスト (東京都渋谷区、 代表取締役CEO:田路 圭輔)は、 CEATEC JAPAN 2018(主催:CEATEC JAPAN )に展示される優れた技術・製品・サービス等の中から表彰するCEATEC AWARD 2018 において「経済産業大臣賞」を受賞した。ベンチャー企業が受賞するのは初めて。


ドローン大学校が博多キャンパスを開校 東京 大手町、名古屋 名駅、瀬戸内 岡山に続いて

ドローン大学校が博多キャンパスを開校 東京 大手町、名古屋 名駅、瀬戸内 岡山に続いて

東京キャンパス開校以来300名以上の入校生を迎え、 東京・大手町、 名古屋・名駅、 瀬戸内・岡山と拡大を続ける一般社団法人ドローン大学校が、 11月に4校目となる九州・博多キャンパスを開校。


次世代農業EXPO2018で見た、進化する日本の農業ドローン(下)

次世代農業EXPO2018で見た、進化する日本の農業ドローン(下)

2018年10月10日。幕張メッセで第5回 次世代農業EXPOが開催された。レポートの後半では、ハイブリッド機や粒状散布装置など、日本独自の取り組みを中心に紹介する。(田中亘)


セキド、ドローンの災害救助活用 無料セミナー開催 11月2日

セキド、ドローンの災害救助活用 無料セミナー開催 11月2日

セキドは、ジャパンメディアシステム株式会社の協力で、ドローンの災害救助活用 無料セミナーを開催する。