パーソルテクノロジースタッフと do が、ドローンによる「建築物点検」をテーマに法人向けセミナーを開催

パーソルテクノロジースタッフと do が、ドローンによる「建築物点検」をテーマに法人向けセミナーを開催

ものづくりエンジニアの人材派遣を手掛けるパーソルテクノロジースタッフは、ドローンビジネス専門オンラインプラットフォーム「drone market」を運営するdoと、ドローンによる「建築物検査」をテーマに法人向けセミナーを開催した。


 総合人材サービスのパーソルグループでIT・ものづくりエンジニアの人材派遣を手掛けるパーソルテクノロジースタッフ株式会社(東京都新宿区)は、ドローンビジネス専門オンラインプラットフォーム「drone market」を運営するdo株式会社(東京都千代田区)と、建築物検査におけるドローンを使った「これからの点検」をテーマに「法人向けドローン活用セミナー」を10月10日、開催した。
 セミナー冒頭、doの高原正嗣代表取締役社長から、参加者に対してドローンを理解してもらうため、基礎的な概略やドローンに関わる法律などについて説明があった。特にドローンは、今後は2024年までに多くの産業分野で活用され、高い成長が期待できると話した。

ドローンによる建築物検査の有効性を向上し、労力の効率化を推進

 次に株式会社ERIソリューション 本部長代行 博士(工学)で一級建築士/性能評価員CASBEE建築評価員の大場 喜和 氏が、今回のセミナーのテーマである「建築物検査のリーディングカンパニー ERIソリューションが手掛けるこれからの点検」について講演した。
 ERIソリューションは、ドローンによる建築物外壁調査を日本で初めて実施したことで知られている。業界のパイオニアである大場氏は、建築物検査にドローンを活用するため、これまで可視カメラと赤外線カメラを独自にデュアル化し、DJIの Phantom 3に搭載するなど工夫しながら約40棟の建物の点検を行い、建築基準法第12条の定期報告や一般調査としての外壁調査を行なってきた。

ERIソリューションのHPから

 現在、建築物のクラックや浮きを判定するため、建築基準法第12条で定める定期報告のための外壁検査は、打診による全面調査を前提にしているため、外壁全面に足場をかける、高所作業車を利用するなど、調査のための事前準備に費用、日数などかなりの労力が必要とされ、大きな障害となっている。
 また、国交省は赤外線による外壁調査を認めてきたが、地上からのハンドカメラによる調査では撮影位置に制約があり、外壁全面調査は難しく、打診調査の併用が必要とされ、赤外線報告の有効性についても、経験値が少ないことから調査データの解析に関して明瞭になってこなかった経緯がある。
 こうした調査の問題点、打診調査にかわる赤外線調査への疑義が存在してきたわけだが、ここ数年で業務用ドローンによる高所撮影による点検作業は、、産業用ドローンの開発も急速にすすんだこともあり普及し始め転換点を迎え、赤外線による外壁調査に関しても、認められるようになった。
 大場氏も前述のように可視カメラと赤外線カメラを搭載したドローンによる外壁調査を実用化し、業界の求める業務の効率化やデータの有効性に鑑み、国交省も建築基準法第12条について、ドローン搭載赤外線カメラによる外壁調査を実効化するため指針策定の委員会が作られ、現在審議されるまでに至った。

 実際にドローンを活用するメリットは、第一に建物の直近で撮影データが取得できることで、これによってカメラと建物との大気の影響が受けにくくなり、電線や樹木といった環境障害物も避けることができる。次に指摘できるのは、建物に正対する撮影ポジションがとれるため、地上からのハンドカメラの撮影による仰角制限がなくなり、そして俯瞰撮影も可能なため屋根など屋上の状況も比較的簡単に撮影できることだ。
 赤外線画像解析については、外壁全てを赤外線撮影できるわけではないため、打診、非破壊検査を併用しつつ、外壁の「浮き」基準画像のモデル化を進める必要があるという。今後取得するデータを順次補完することで、判定制度は向上すると想定される。
 大場氏は最後に「ドローン搭載赤外線カメラによる調査の普及のため、従来の打診調査や引張試験等と赤外線画像分析を整合させることで赤外線調査への理解度を深めつつ、現在これらの基準データから取得画像の自動分析ソフト化を目指している」と述べた。

パーソルテクノロジースタッフと do がドローン分野で人材派業務提携

 今回のセミナーを主催したパーソルテクノロジースタッフと do は、ドローンの市場規模の拡大を見据え、専門スキルのある人材を育成・派遣、 企業や地方自治体におけるドローン技術の活用促進に貢献するため、両社は今年1月に業務提携し、2月から「ドローン人材派遣サービス」を開始している。
 具体的には、doが、ドローンの活用に必要なパイロット、プランナー、エンジニアなど、各職種に必要な専門スキルを体系化し、ドローン分野での就業を希望する個人のスキルレベルに合わせて教育・研修を実施する。その後、パーソルテクノロジースタッフの派遣スタッフとして、企業や地方自治体におけるドローン活用業務に従事するというもの。これによって、両社は個人のスキル向上と就業支援を行い、企業や地方自治体におけるドローンの活用を促進を目指すとしている。

この記事のライター

関連する投稿


パーソルテクノロジースタッフとdoが「法人向けドローン活用セミナー」開催 7月26日、新宿

パーソルテクノロジースタッフとdoが「法人向けドローン活用セミナー」開催 7月26日、新宿

パーソルテクノロジースタッフ株式会社(東京都新宿区)は、 ドローンビジネス専門オンラインプラットフォーム「drone market」を運営するdo株式会社(東京都千代田区)と共催で、7月26日に「法人向けドローン活用セミナー」を開催する。


doがドローン飛行可能空域をスマホでチェックできる無料アプリ 「ドローン飛行チェックアプリ」をリリース

doがドローン飛行可能空域をスマホでチェックできる無料アプリ 「ドローン飛行チェックアプリ」をリリース

「drone market」を運営する do 株式会社(東京 都千代田区)は、ドローンを飛行させたい空域が航空法で定められている無人航 空機の飛行許可が必要となる空域かどうかをチェックできるスマホアプリ「ドローン飛行チェックアプリ」 を 1 月 25 日にリリースした。


パーソルテクノロジースタッフと do が「ドローン人材派遣サービス」を開始 2月から

パーソルテクノロジースタッフと do が「ドローン人材派遣サービス」を開始 2月から

パーソルテクノロジースタッフ株式会社(東京都新宿区)は、ドローンビジネス専門オンラインプラットフォーム 「drone market」を運営する do 株式会社(東京都千代田区)と業務提携し、ドローン分野の専門スキルを有した人材の教育・研修、および 派遣を行う「ドローン人材派遣サービス」を2 月より開始すると発表した。


DJI JAPANとORSOによるドローン・IT合弁会社doが、Drone Fundに第三者割当増資実施

DJI JAPANとORSOによるドローン・IT合弁会社doが、Drone Fundに第三者割当増資実施

ドローンビジネス専門オンラインプラットフォーム「drone market」を運営するdo株式会社は、日本初のドローンスタートアップに特化した専門ファンドDrone Fundを引受先とする第三者割当増資を実施いたしました。


doとスペースマーケットが飛行可能な空きスペース活用でドローンサービスを展開

doとスペースマーケットが飛行可能な空きスペース活用でドローンサービスを展開

ユニークなスペースをネットで簡単に借りられる「スペースマーケット」と、空撮や体験会などの様々なドローンサービスが予約できる「drone market β版」が連携発表


最新の投稿


ドローンネット、標高3000メートル級のスイスアルプスを3Dスキャン

ドローンネット、標高3000メートル級のスイスアルプスを3Dスキャン

ドローン関連コンテンツの企画、開発、運営を行う株式会社ドローンネット(東京都千代田区)は、標高3000メートルのスイスの山脈で、ドローンによる3Dスキャンに成功した。荘厳な風景と、巨大な崖が3Dスキャンされる様子は必見。


次世代ドローンのエアロネクストがベンチャー企業として初めて『CEATEC AWARD 2018 経済産業大臣賞』を受賞

次世代ドローンのエアロネクストがベンチャー企業として初めて『CEATEC AWARD 2018 経済産業大臣賞』を受賞

株式会社エアロネクスト (東京都渋谷区、 代表取締役CEO:田路 圭輔)は、 CEATEC JAPAN 2018(主催:CEATEC JAPAN )に展示される優れた技術・製品・サービス等の中から表彰するCEATEC AWARD 2018 において「経済産業大臣賞」を受賞した。ベンチャー企業が受賞するのは初めて。


ドローン大学校が博多キャンパスを開校 東京 大手町、名古屋 名駅、瀬戸内 岡山に続いて

ドローン大学校が博多キャンパスを開校 東京 大手町、名古屋 名駅、瀬戸内 岡山に続いて

東京キャンパス開校以来300名以上の入校生を迎え、 東京・大手町、 名古屋・名駅、 瀬戸内・岡山と拡大を続ける一般社団法人ドローン大学校が、 11月に4校目となる九州・博多キャンパスを開校。


次世代農業EXPO2018で見た、進化する日本の農業ドローン(下)

次世代農業EXPO2018で見た、進化する日本の農業ドローン(下)

2018年10月10日。幕張メッセで第5回 次世代農業EXPOが開催された。レポートの後半では、ハイブリッド機や粒状散布装置など、日本独自の取り組みを中心に紹介する。(田中亘)


セキド、ドローンの災害救助活用 無料セミナー開催 11月2日

セキド、ドローンの災害救助活用 無料セミナー開催 11月2日

セキドは、ジャパンメディアシステム株式会社の協力で、ドローンの災害救助活用 無料セミナーを開催する。