ドローン大学校が博多キャンパスを開校 東京 大手町、名古屋 名駅、瀬戸内 岡山に続いて

ドローン大学校が博多キャンパスを開校 東京 大手町、名古屋 名駅、瀬戸内 岡山に続いて

東京キャンパス開校以来300名以上の入校生を迎え、 東京・大手町、 名古屋・名駅、 瀬戸内・岡山と拡大を続ける一般社団法人ドローン大学校が、 11月に4校目となる九州・博多キャンパスを開校。


ドローンビジネスの期待が高まる九州地区・博多に開校

 国内のドローンビジネス市場規模の予測では「検査」の分野が最も成長すると予測され、 設置済みの太陽光パネルや高圧電線、 橋梁やトンネルの劣化の調査、点検がの需要が高まっている。
 九州電力管内では、 全国で最も太陽光発電の導入が進み、 設置から時間の経過した太陽発電施設が最も多いエリアとなっている。 また福岡市では2024年までに天神地区の民間ビル30棟を建て替えるプロジェクト「天神ビッグバン」が推進中で、 さらに福岡市観光産業課によると、 2020年までに新たに33棟、 約5250室のホテルが開業する予定があるなど、オフィス街の再開発やホテル建設ラッシュが進行している。 大規模建設の現場では、 測量、 工事の進行状況の記録、 予想眺望の撮影など、 ドローンの需要は増えることから、 ドローン大学校は、九州・博多にキャンパスを開校することで、 高まるドローンパイロット需要に対応することを目指すとしている。

40時間の講習+43時間の実技の内容

 学科講習では、 プロポの操作モードの解説から始まり、 許可承認申請・飛行マニュアルまで、 約40時間の講習を行う。 また実技実習では、 屋外を中心にGPSの電波を受信した状態での運航から、 GPSの電波を受信しない状態での運航まで実習を行う。
 さらに屋内において、 夜間飛行や目視外飛行などの実習を行い、 最短でも合計43時間の実技実習を行う。 40時間の講義+43時間の実技内で、 ドローンの安全な運航に必要な知識と技術を修得することができる。 また同校が行う修了検定に合格できなかった場合、 受講生のレベルに合わせて補講・補習を行い、 合格を目指して補講・再検定を行う。 (入校以降6ヶ月間は、 補講・補習・追検定に別途費用がかからない)

受講生に渡されるトイドローン+DJI PHANTOM4 ADVANCED*で実技実習

 ドローン大学校の受講生には、 すでに空撮等ドローンを使った仕事を数年経験してきた人や、 全くドローンに触れたことのないドローンビギナーもいて、それぞれの技量はまちまちだが、 いずれも当初からGPSの電波を受信しない状態で実技実習を行うことは危険を伴うため、 まずは入校前にトイドローンを渡し、 自宅で基礎練習を行った後に、 DJI PHANTOM4 ADVANCED*で実技実習を行ってもらう。 また修了後も実技実習で使ったDJI PHANTOM4 ADVANCED*にて、 国土交通省航空局に許可承認申請を行った後に、 同機を業務として運航に使うことができる。

修了生に向けた実践的カリキュラムも完備

 テラドローン株式会社や株式会社スカイマティクス社からも認定を受け、 農薬散布・農業リモートセンシング・測量・空撮動画編集など、 それぞれの業界の第一線で活躍する特別講師を招き修了生に向けた実践的カリキュラムも完備している。 ドローン大学校には「入校式」はありませんが「修了式」は盛大に行う。 その理由は”修了式がドローン大学校と受講生のお付合いのスタート”だと考えているから。 さらに隔月に行っている修了式や、 毎年行っているクリスマスパーティーには多くのOB・OGが集まり、 ドローンビジネスの交流の場となっている。

ドローン大学校 博多キャンパス オープンキャンパス セミナー スケジュール

開催日時:
❶ 2018年10月27日(土) 13:00 ~ 17:00 
❷ 2018年10月28日(日) 13:00 ~ 17:00

会場  :〒812-0011 福岡県福岡市博多区博多駅前1-17-6 西鉄ホテルクルーム博多 2F会議室

申込み:以下のドローン大学校オフィシャルサイトから
https://dronecollege.ac/hakata

この記事のライター

関連する投稿


ドローン大学校がスカイマティクス社の認定校として"「いろは」認定オペレーター"の民間資格取得カリキュラムを開始

ドローン大学校がスカイマティクス社の認定校として"「いろは」認定オペレーター"の民間資格取得カリキュラムを開始

ドローン大学校がスカイマティクス社の認定校として"「いろは」認定オペレーター"の民間資格が取得できるカリキュラムを開始し、 リモートセンシングをビジネスとするプロパイロットを育成。


ドローンラボと天馬諮問、災害救急現場でのドローンによる映像伝送で協力

ドローンラボと天馬諮問、災害救急現場でのドローンによる映像伝送で協力

一般社団法人ドローン大学校のグループ会社である株式会社ドローンラボと映像圧縮伝送技術のスペシャリストである天馬諮問株式会社が、ドローンによる映像伝送の運用について 協力。


インテルエネルギーフォーラム2018にFalcon 8+が登場

インテルエネルギーフォーラム2018にFalcon 8+が登場

インテルは都内でエネルギー関係者に向けて今年で三回目となるインテルエネルギーフォーラム2018を開催した。基調講演や展示コーナーに、最新のドローンに対する取り組みと日本で販売を開始するFalcon 8+が展示された。


【国際ドローン展】ドローンラボ、インテルのファルコン8+を販売 

【国際ドローン展】ドローンラボ、インテルのファルコン8+を販売 

株式会社ドローンラボ(東京都江東区)が、インテル株式会社(東京都千代田区)の産業用ドローン「ファルコン8+(FALCON 8+)」の販売を開始する。4月18日の千葉・幕張メッセで開催されている国際ドローン展のドローンラボのブースで発表を兼ねて展示された。


【ジャパンドローン2018・発見!】一般社団法人ドローン大学校 物流の拠点・瀬戸内に同校修了生による「瀬戸内キャンパス」開校

【ジャパンドローン2018・発見!】一般社団法人ドローン大学校 物流の拠点・瀬戸内に同校修了生による「瀬戸内キャンパス」開校

今回のジャパンドローン2018では、ドローンスクールの出展も多かったが、中でもドローン撮影技能士コースを創設した一般社団法人ドローン撮影クリエーターズ協会、女性専門のドローンスクールを展開する一般社団法人ドローン女性雇用促進協会、卒業生運営の瀬戸内校を作ったドローン大学校など個性あるスクールが注目された。


最新の投稿


センシンロボティクス、東京都主催「X-HUB TOKYO」の中国 香港・深セン進出支援コースに採択

センシンロボティクス、東京都主催「X-HUB TOKYO」の中国 香港・深セン進出支援コースに採択

ドローン分野として技術発展・情報発信を担う


インテルが新型RealSense Depth Camera D435iを発表

インテルが新型RealSense Depth Camera D435iを発表

2018年11月13日。半導体大手のインテル(米国)は、深度センサーとトラッキング機能を備えた新型RealSense Depth Camera D435iを発表した。


センシンロボティクス新社長に間下氏 11月9日付 出村氏は退任

センシンロボティクス新社長に間下氏 11月9日付 出村氏は退任

 ドローンを活用した太陽光発電設備向け点検自動化パッケージ「SOLAR CHECK」、ドローンの完全自動運用システム「DORONE BOX」など企業、自治体向けロボティクスソリューションを提供するセンシンロボティクスは、代表取締役社長の出村太晋氏が11月9日付で退任し、間下直晃取締役が代表取締役に就任したと発表した。


【慶大ドローン】レースチームRAIDENの中学生選手らが慶大院で講義 KPMG寄附講座「eSports論」で

【慶大ドローン】レースチームRAIDENの中学生選手らが慶大院で講義 KPMG寄附講座「eSports論」で

 ドローン研究、教育、社会実装に力を入れている慶應義塾大学が、大学院の講義に、ドローンチーム「DMM RAIDEN RACING」を招いた講義を行う。KPMGコンサルテフィングの寄付講座「eSports」の一環で、チームに所属する中学生プロレーサー、鈴木匠選手も大学院生を前に話をする予定だ。


Drone Fund 2号が37億円調達 下町ロケットのモデル、小橋工業が最大規模の出資

Drone Fund 2号が37億円調達 下町ロケットのモデル、小橋工業が最大規模の出資

 千葉功太郎氏が率いるドローンスタートアップ特化型のファンド、Drone Fund2号(正式名称:千葉道場ドローン部2号投資事業有限責任組合)は、ファンド規模がこれまでに37億円に達したと発表した。新たに加わった農業機械メーカー、小橋工業(岡山県)が最大の投資家になったことを公表。今後も最大50億円規模を目指す。