ドローンネット、標高3000メートル級のスイスアルプスを3Dスキャン

ドローンネット、標高3000メートル級のスイスアルプスを3Dスキャン

ドローン関連コンテンツの企画、開発、運営を行う株式会社ドローンネット(東京都千代田区)は、標高3000メートルのスイスの山脈で、ドローンによる3Dスキャンに成功した。荘厳な風景と、巨大な崖が3Dスキャンされる様子は必見。


 ドローン関連コンテンツの企画、開発、運営を行う株式会社ドローンネット(東京都千代田区)は、標高3000メートルのスイスの山脈で、ドローンによる3Dスキャンに成功した。荘厳な風景と、巨大な崖が3Dスキャンされる様子は必見。

◼スイスの山脈空撮&3Dスキャンについて
 「ドローン ザ ワールド」のプロジェクトの一環として、今年6月にドローンネット社の撮影チーム2名が、主にスイスのマッターホルンを中心としたペンニネアルプス山脈の空撮・3Dスキャンに臨み、撮影に成功した。
 標高3000メートル以上、気温5度のゴルナーグラートで、ドローンに高地用プロペラを付けて撮影を行った。雨に見舞われるなど、撮影困難な状況が4日間ほど続いたが、一瞬の晴れ間にフライトを敢行、雲の中から幻想的に顔を覗かせるアイガーを撮影することができた。最終日は天気に恵まれ、快晴のフィルストで、巨大な崖を丸ごと3Dスキャンすることにも成功。卓越したドローン飛行テクニックと、天候や陽射しなどの撮影条件に臨機応変に対応できる知識なしでは、限られた時間の中でこのような動画を撮ることは非常に難しかっただろう。

空撮&3Dスキャン動画を全世界で展開

<プロジェクト概要>

 今回の空撮と3Dスキャンは、体験型SHOP&SCHOOLを展開する「ドローン ザ ワールド」のプロジェクトの一環となっている。飛行機やヘリコプターなどを使って大掛かりな航空測量をせずとも、ドローン1台で地形のあるがままの姿をスキャンすることができ、それを次世代に遺すことができる。今後、全世界の有名な山々や素晴らしい地形をドローンでスキャンしていく予定という。

この記事のライター

関連する投稿


ドローンネットの「ワールドスキャン・プロジェクト」が始動、エジプトのピラミッドをドローンで3Dスキャン

ドローンネットの「ワールドスキャン・プロジェクト」が始動、エジプトのピラミッドをドローンで3Dスキャン

ドローンネット(東京都千代田区)は、 ドローンを使って世界各地の遺跡や自然環境を3Dスキャンし、 そのデータを未来に向けて価値保存していくプロジェクト『ワールドスキャン・プロジェクト』を立ち上げ、10月9日~22日、エジプト全域にてドローン撮影と3Dスキャンを行う。


ドローンがライフジャケットを届ける「スカイライフジャケット」販売

ドローンがライフジャケットを届ける「スカイライフジャケット」販売

強力LED「スカイサーチライト」との連携で、夜間や暗闇の水難救助活動も可能に。


ドローンネット、ドローンの夜間飛行をサポートする「スカイサーチライト」を9月13日から販売開始

ドローンネット、ドローンの夜間飛行をサポートする「スカイサーチライト」を9月13日から販売開始

ドローン関連商品&サービスの企画・開発を行う株式会社ドローンネット(東京都千代田区)は、 強力LED照明で夜間を照らす「スカイサーチライト」を9月13日から「スカイビジネス会員」限定で発売開始、 9月末より順次出荷をはじめる。


日本初のコンセプトドローン専門ポータルストアドローン ザ ワールド 仙台フォーラス店」 4月1日オープン

日本初のコンセプトドローン専門ポータルストアドローン ザ ワールド 仙台フォーラス店」 4月1日オープン

ドローン関連コンテンツの企画、開発、運営を行う株式会社ドローンネット(東京都千代田区)は、日本初のコンセプトドローン専門ポータルストア「ドローン ザ ワールド」を仙台にオープンした。


ドローン空撮素材専門のマーケットプレイスが誕生「スカイストック」がサービス開始

ドローン空撮素材専門のマーケットプレイスが誕生「スカイストック」がサービス開始

ドローン関連コンテンツの企画、開発、運営を行う株式会社ドローンネット(東京都千代田区は、個人や企業がドローンで空撮した写真や動画を、素材として自由に売買できる、ドローン空撮素材専門のマーケットプレイス、「スカイストック」を開設した。


最新の投稿


センシンロボティクス、東京都主催「X-HUB TOKYO」の中国 香港・深セン進出支援コースに採択

センシンロボティクス、東京都主催「X-HUB TOKYO」の中国 香港・深セン進出支援コースに採択

ドローン分野として技術発展・情報発信を担う


インテルが新型RealSense Depth Camera D435iを発表

インテルが新型RealSense Depth Camera D435iを発表

2018年11月13日。半導体大手のインテル(米国)は、深度センサーとトラッキング機能を備えた新型RealSense Depth Camera D435iを発表した。


センシンロボティクス新社長に間下氏 11月9日付 出村氏は退任

センシンロボティクス新社長に間下氏 11月9日付 出村氏は退任

 ドローンを活用した太陽光発電設備向け点検自動化パッケージ「SOLAR CHECK」、ドローンの完全自動運用システム「DORONE BOX」など企業、自治体向けロボティクスソリューションを提供するセンシンロボティクスは、代表取締役社長の出村太晋氏が11月9日付で退任し、間下直晃取締役が代表取締役に就任したと発表した。


【慶大ドローン】レースチームRAIDENの中学生選手らが慶大院で講義 KPMG寄附講座「eSports論」で

【慶大ドローン】レースチームRAIDENの中学生選手らが慶大院で講義 KPMG寄附講座「eSports論」で

 ドローン研究、教育、社会実装に力を入れている慶應義塾大学が、大学院の講義に、ドローンチーム「DMM RAIDEN RACING」を招いた講義を行う。KPMGコンサルテフィングの寄付講座「eSports」の一環で、チームに所属する中学生プロレーサー、鈴木匠選手も大学院生を前に話をする予定だ。


Drone Fund 2号が37億円調達 下町ロケットのモデル、小橋工業が最大規模の出資

Drone Fund 2号が37億円調達 下町ロケットのモデル、小橋工業が最大規模の出資

 千葉功太郎氏が率いるドローンスタートアップ特化型のファンド、Drone Fund2号(正式名称:千葉道場ドローン部2号投資事業有限責任組合)は、ファンド規模がこれまでに37億円に達したと発表した。新たに加わった農業機械メーカー、小橋工業(岡山県)が最大の投資家になったことを公表。今後も最大50億円規模を目指す。