次世代ドローンのエアロネクストがベンチャー企業として初めて『CEATEC AWARD 2018 経済産業大臣賞』を受賞

次世代ドローンのエアロネクストがベンチャー企業として初めて『CEATEC AWARD 2018 経済産業大臣賞』を受賞

株式会社エアロネクスト (東京都渋谷区、 代表取締役CEO:田路 圭輔)は、 CEATEC JAPAN 2018(主催:CEATEC JAPAN )に展示される優れた技術・製品・サービス等の中から表彰するCEATEC AWARD 2018 において「経済産業大臣賞」を受賞した。ベンチャー企業が受賞するのは初めて。


4D Gravity(R)搭載「Next VR(TM)」が受賞、CEATEC JAPANでは新製品の発表も

 株式会社エアロネクスト (東京都渋谷区、 代表取締役CEO:田路 圭輔)は、 CEATEC JAPAN 2018(主催:CEATEC JAPAN )に展示される優れた技術・製品・サービス等の中から表彰するCEATEC AWARD 2018 において「経済産業大臣賞」を受賞した。ベンチャー企業が受賞するのは初めて。

 同賞は、 暮らしや産業の付加価値創出課題解決に最も貢献すると評価されるモノ、 サービスに対して授与されるもので、 エアロネクストの「4D Gravity(R)搭載 360°VR撮影用ドローン『Next VR™』」が選出された。 CEATECのブースでは、 「Next VR™」の他、 宅配用の「Next DELIVERY™」、 橋梁点検仕様の「Next INDUSTRY™」に加えて、 新発表の「Next VR™ plus+」および「Next VTOL™」を展示している。

世耕弘成経済産業大臣(左)と田路圭輔(株)エアロネクスト代表取締役CEO。

受賞製品:Next VR™

 Next VR™は、 エアロネクストの第1号プロダクトであり、 エアロネクストの代名詞といえる重心制御技術「4D Gravity(R)」を搭載したVR撮影用のドローン。 ドローンの中心を縦棒が貫通する「貫通ジンバル構造™」が特徴で、 飛行の状態に係わらず縦棒は常に垂直を保持することができる。 これにより、 縦棒の上下に設置された2台のカメラはブレずに高画質を映し出す。
 4D Gravityty(R)搭載ドローンは、 耐風性能や信頼性に加えて燃費、 機動性に優れ、 今後のドローンの産業利用には欠かせない基本技術となる。

新製品:Next VR™ plus+

 通常のドローン機体に取り付けることで、 4D Gravity(R)搭載機並の映像撮影を可能にするVRカメラアタッチメント。 離着陸時にはフレームが変形してカメラの位置を変えることで、 通常機体と同様の離着陸が可能。

新製品:Next VTOL™

 「より重いものを、 より遠くへ運ぶ」を目指して開発された4D Gravit(R)搭載のVTOL(垂直離着陸機)です。 固定翼を備えることでマルチコプターを大きく上回る燃費と最高速、 ペイロードを実現した。 4D Gravity(R)の特徴である重心位置を積極的に移動させることでマルチコプターと同様に狭いスペースでの垂直離着陸も可能になった。 この製品は、 早期の実用化に向けパートナーを募っている。

この記事のライター

関連する投稿


エアロネクスト、中国深センの国際ピッチコンテスト世界大会に日本代表として出場決定

エアロネクスト、中国深センの国際ピッチコンテスト世界大会に日本代表として出場決定

国内予選で優勝。ICCリアルテックカタパルト優勝、ディープテックグランプリでも受賞。


エアロネクストの新型ドローン「Next」シリーズ、新しい橋梁点検手法による実証実験を実施

エアロネクストの新型ドローン「Next」シリーズ、新しい橋梁点検手法による実証実験を実施

国際航業株式会社(東京都千代田区)と、 株式会社エアロネクスト (東京都渋谷区)は、 エアロネクストの新型ドローン「Next INDUSTRY(TM)」を活用した次世代の橋梁点検手法の実証実験を実施した。


エアロネクストが7,800万円の資金調達を実施

エアロネクストが7,800万円の資金調達を実施

株式会社エアロネクスト(東京都渋谷区、代表取締役社長:田路圭輔)は、プレシリーズAラウンドで事業会社、ベンチャーキャピタルなどから総額7,800万円の第三者割当増資を実施したと発表した。


超安定! 「4D Gravity」のエアロネクストが新型機「Next INDUSTRY」を開発 国際ドローン展で公開へ

超安定! 「4D Gravity」のエアロネクストが新型機「Next INDUSTRY」を開発 国際ドローン展で公開へ

 機体の姿勢を安定させる高度な重心制御技術で業界を驚かせた株式会社エアロネクスト(東京)が、インフラ点検や検査測量、警備、農業等に対応する産業用の新型ドローン「Next INDUSTRY」を開発したと発表した。4月18~20日に千葉・幕張で行われる「国際ドローン展」でお披露目する。


エアロネクスト、新技術「4D Gravity™」を搭載した、360°VR撮影ドローンと宅配専用ドローンをジャパン・ドローンで発表

エアロネクスト、新技術「4D Gravity™」を搭載した、360°VR撮影ドローンと宅配専用ドローンをジャパン・ドローンで発表

株式会社エアロネクスト(東京都渋谷区)は、、新技術「4D Gravity™」を搭載した、カメラがブレない360°VR撮影ドローンと荷物を傾けずに運べる宅配専用ドローンを、3月22日から幕張メッセで開催されるジャパン・ドローン2018で発表する。


最新の投稿


センシンロボティクス、東京都主催「X-HUB TOKYO」の中国 香港・深セン進出支援コースに採択

センシンロボティクス、東京都主催「X-HUB TOKYO」の中国 香港・深セン進出支援コースに採択

ドローン分野として技術発展・情報発信を担う


インテルが新型RealSense Depth Camera D435iを発表

インテルが新型RealSense Depth Camera D435iを発表

2018年11月13日。半導体大手のインテル(米国)は、深度センサーとトラッキング機能を備えた新型RealSense Depth Camera D435iを発表した。


センシンロボティクス新社長に間下氏 11月9日付 出村氏は退任

センシンロボティクス新社長に間下氏 11月9日付 出村氏は退任

 ドローンを活用した太陽光発電設備向け点検自動化パッケージ「SOLAR CHECK」、ドローンの完全自動運用システム「DORONE BOX」など企業、自治体向けロボティクスソリューションを提供するセンシンロボティクスは、代表取締役社長の出村太晋氏が11月9日付で退任し、間下直晃取締役が代表取締役に就任したと発表した。


【慶大ドローン】レースチームRAIDENの中学生選手らが慶大院で講義 KPMG寄附講座「eSports論」で

【慶大ドローン】レースチームRAIDENの中学生選手らが慶大院で講義 KPMG寄附講座「eSports論」で

 ドローン研究、教育、社会実装に力を入れている慶應義塾大学が、大学院の講義に、ドローンチーム「DMM RAIDEN RACING」を招いた講義を行う。KPMGコンサルテフィングの寄付講座「eSports」の一環で、チームに所属する中学生プロレーサー、鈴木匠選手も大学院生を前に話をする予定だ。


Drone Fund 2号が37億円調達 下町ロケットのモデル、小橋工業が最大規模の出資

Drone Fund 2号が37億円調達 下町ロケットのモデル、小橋工業が最大規模の出資

 千葉功太郎氏が率いるドローンスタートアップ特化型のファンド、Drone Fund2号(正式名称:千葉道場ドローン部2号投資事業有限責任組合)は、ファンド規模がこれまでに37億円に達したと発表した。新たに加わった農業機械メーカー、小橋工業(岡山県)が最大の投資家になったことを公表。今後も最大50億円規模を目指す。