CEATEC JAPAN 2018  共創する未来への貢献を目指す産業用ドローンの数々

CEATEC JAPAN 2018 共創する未来への貢献を目指す産業用ドローンの数々

2018年10月16日(火)から4日間、幕張メッセ(千葉市美浜区)で「CEATEC JAPAN 2018」が開催された。4日間の登録来場者総数は156,063人におよび、日本の成長戦略や未来を世界に向けて発信するSociety 5.0の展示会には、ドローン関連テクノロジーも登場した。


ドローンの自動航行で安全や減災を目指す取り組み

 株式会社センシンロボティクス(東京)は、ドローンの自動航行を可能にするドローンボックスの展示を中心に、開発中の「通信・送電鉄塔点検」システムを紹介していた。同システムは、点検対象の鉄塔ごとに最適な飛行ルートを自動で生成し、ドローン操縦の習熟度に依存しない高品質な点検業務を可能にする。自動航行で撮影したデータは、3Dモデルの鉄塔に生成され、独自のアルゴリズムによるサビや腐食の自動検知を行う。点検プロセスの自動化により、作業の安全性の向上とコスト低減を実現する。

株式会社センシンロボティクスのドローン自動航行ドローンボックス

 株式会社NTTデータ(東京)は、減災コミュニケーションシステムの一環として、自社で開発したドローン用飛行管理システムairpalette UTMを組み合わせたソリューションを展示していた。展示コーナーに置かれていたDJI M200は、あくまでコンセプトを表現するもので、実際に使われるドローンではないが、同社の減災コミュニケーションシステムでは、災害発生時にドローンにスピーカーを取り付けて、airpalette UTMで飛行管制を行いながら、被災地域の上空で警報や避難指示などの案内を流す。将来的には、物資などの輸送にも対応できるドローンを活用して、ドローン防災を提供していく考え。

株式会社NTTデータの減災コミュニケーションシステム

 東日本高速道路株式会社(東京)は、高速道路におけるUAVの活用事例を紹介していた。災害現場の事例では、災害状況を迅速かつ安全に把握するために、ドローンを活用した緊急点検や応急復旧対策による災害対策の効率化を図っていく。

東日本高速道路株式会社の展示する被害状況を迅速かつ安全に把握するドローン

土工現場での導入が進むコマツのドローン地形計測ソリューション

 コマツの展示コーナーには、DJI M200をベースに開発されたEverydayDroneが置かれていた。すでに国内で300セットの導入が行われていて、月額約20万円のリース契約を結んだ顧客に向けて、現在は50ほどの現場で飛行しているという。EverydayDroneは、自動飛行する専用ドローンのExplore1と、現場で高速にデータを処理するGNSSベースステーションのEdgeBoxを組み合わせたソリューション。3D現況データを約20分で生成するサービス。飛行に関しては、現在は専門のスタッフが現場に赴いて作業しているという。

DJI M200をベースに開発されたコマツのEverydayDrone

スマート農業をドローンで切り開くオプティム

 ドローンやAIを活用したスマート農業を目指すオプティム(東京)は、自社開発のマルチコプターOPTim Agre Droneや固定翼ドローンの展示を中心に、来場者の関心を集めていた。先ごろ、兵庫県篠山市でピンポイント農薬散布テクノロジーを用いた「丹波黒 大豆・枝豆」の栽培に成功し、農林水産省が公募した「戦略的プロジェクト研究推進事業」の『ドローン等を活用した農地・作物情報の広域収集・可視化及び利活用技術の開発(広域の農地・作物情報の調査分析に掛かる作業時間が1/2以下になるソフトウェア等の開発)』にも採択され、農業のIT化を積極的に推進している取り組みを紹介していた。

オプティムが自社で開発したマルチコプターOPTim Agre Drone

産業用ドローン向け撮影システムのXacti

 株式会社ザクティ(大阪)は、産業用ドローン向け撮影システムとして、メカレス3軸揺れ補正を実現した電子ジンバルカメラと、測量用4眼高速連射カメラを展示していた。電子ジンバルカメラは、小型軽量が特徴で独自の画像処理技術により、機械式のジンバルを使わずに画像の揺れを補正する。イメージセンサーには20Mピクセルの1/2.3インチCMOSセンサーを採用し、1920×1080/30pの動画が撮影できる。本体はアイソレーターを含めても140gと軽量で、カメラ機能を備えていないドローンに手軽に取り付けられ、安定した画像を撮影できる。薬剤散布や物流などを目的に開発された産業用ドローンの多くは、カメラ機能を備えていないので、FPV用電子ジンバルカメラを採用すれば、手軽に撮影やモニタリング機能を追加できる。

株式会社ザクティの電子ジンバルカメラ

この記事のライター

関連する投稿


【Japan Drone 2019】センシンロボティクスがドローン自動化の「SENSYN DRONE HUB」を展示

【Japan Drone 2019】センシンロボティクスがドローン自動化の「SENSYN DRONE HUB」を展示

センシンロボティクス(東京都渋谷区)は、先ごろプレスリリースした完全自動運用型ドローンシステム「SENSYN DRONE HUB」を展示した。


センシンロボティクス、ドローンによる顧客業務自動化を実現する統合プラットフォーム「SENSYN FLIGHT CORE」提供開始

センシンロボティクス、ドローンによる顧客業務自動化を実現する統合プラットフォーム「SENSYN FLIGHT CORE」提供開始

株式会社センシンロボティクス(東京都渋谷区)はこのたび、 顧客業務の自動化を実現する統合プラットフォーム「SENSYN FLIGHT CORE(センシン フライト コア)」の新製品を発表、 提供を開始した。


センシンロボティクス、東京都主催「X-HUB TOKYO」の中国 香港・深セン進出支援コースに採択

センシンロボティクス、東京都主催「X-HUB TOKYO」の中国 香港・深セン進出支援コースに採択

ドローン分野として技術発展・情報発信を担う


センシンロボティクス新社長に間下氏 11月9日付 出村氏は退任

センシンロボティクス新社長に間下氏 11月9日付 出村氏は退任

 ドローンを活用した太陽光発電設備向け点検自動化パッケージ「SOLAR CHECK」、ドローンの完全自動運用システム「DORONE BOX」など企業、自治体向けロボティクスソリューションを提供するセンシンロボティクスは、代表取締役社長の出村太晋氏が11月9日付で退任し、間下直晃取締役が代表取締役に就任したと発表した。


センシンロボティクス、通信鉄塔点検におけるドローン撮影からレポーティングまでをすべて自動化

センシンロボティクス、通信鉄塔点検におけるドローン撮影からレポーティングまでをすべて自動化

鉄塔点検パッケージ「TOWER CHECK」β版の提供を開始。


最新の投稿


米国初、CAPE社が米国連邦航空局(FAA)から目視外飛行(BVLOS)認証証明書を授与

米国初、CAPE社が米国連邦航空局(FAA)から目視外飛行(BVLOS)認証証明書を授与

2019年3月19日 – 米国カリフォルニア州。ドローンのテレプレゼンスとデータ管理のクラウドプラットフォームを提供するCAPE(米国)社は、FAAから史上初となるBVLOS 認証証明書(COA)を付与された。


VTOLを革新するPteroDynaimcs社のTranswing Parus5c

VTOLを革新するPteroDynaimcs社のTranswing Parus5c

PteroDynamics(米国カリフォルニア州)のVTOLドローンは、翼を回転させるというユニークな構造で、革新的な飛行性能を実現した。


シナジーテック、夜間捜索ドローン専用 照明キットを新発売

シナジーテック、夜間捜索ドローン専用 照明キットを新発売

株式会社シナジーテック(徳島県阿南市宝田町)は、 ドローンに搭載可能な、 超軽量、 全光束25,000ルーメンのLED照明ユニット「DL250」を開発、 販売を開始した。


ドローン大学校が修了生と共同事業、「ドローン送信機用モニター取付ネジ”DRONE TX SCREW”」の販売開始

ドローン大学校が修了生と共同事業、「ドローン送信機用モニター取付ネジ”DRONE TX SCREW”」の販売開始

ドローンビジネスの創造をビジョンとするドローン大学校は、修了生の丹羽雅裕氏が代表取締役を務める株式会社丹羽電機とのアライアンスによる「ドローン送信機(プロポ)用モニター取付ネジ”DRONE TX SCREW”」の製造・販売を開始する。


イーエムアイ・ラボが開発、レーザー測量用ドローン発売

イーエムアイ・ラボが開発、レーザー測量用ドローン発売

株式会社イーエムアイ・ラボ(長野県/ EMI-LAB)は、 UAVレーザー機の販売を3月から開始。