全部欲しい!「スター・ウォーズ」公式ドローン今秋発売

全部欲しい!「スター・ウォーズ」公式ドローン今秋発売

「スター・ウォーズ」ファンなら嬉しくて思わず小躍りしてしまいそうな一大ニュースが入ってきた。なんと「スター・ウォーズ」公式ドローンが今秋発売される。


玩具メーカーの「Propel」から、『STAR WARS BATTLE QUADS』シリーズとして、映画でもおなじみの『ミレニアム・ファルコン』や『74-Zスピーダー・バイク』などの全4種類のドローンがお目見え!

映画の中を飛び出し、現実世界の飛行が実現するなんて!
自由自在に飛び回るこのドローンを使って、ファン同士の空中戦ごっこだって可能なんです。
どうでしょうか、興奮してきましたよね?どんな代物なのでしょうか?
…この記事の続きを読む

情報提供元:MAG2NEWS
http://www.mag2.com/p/news/221758

この記事のライター

関連するキーワード


スター・ウォーズ

関連する投稿


【CES 2017】「スター・ウォーズ」公式ドローン 米国では$199.99で発売中

【CES 2017】「スター・ウォーズ」公式ドローン 米国では$199.99で発売中

すでに「CES 2017」が終わって数日経つが、ここでは会場で見かけた日本未登場のおもしろアイテムを紹介しよう。それが『スター・ウォーズ』の公式ドローンだ。


ついにヴァイパー・プローブ・ドロイド型ドローンが登場!『スター・ウォーズ』ドローン最新情報

ついにヴァイパー・プローブ・ドロイド型ドローンが登場!『スター・ウォーズ』ドローン最新情報

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』(Rogue One: A Star Wars Story)』に続き、後に控える新作のアナザーストーリー情報にも徐々に拍車がかかってきている今日この頃、皆さん、毎日朝夕に欠かさず、『スター・ウォーズ』(Star Wars)観返してますか?


「スター・ウォーズ」公式ドローンがついに登場!! 最高時速80キロ! 高級感溢れるコレクターBOX入り

「スター・ウォーズ」公式ドローンがついに登場!! 最高時速80キロ! 高級感溢れるコレクターBOX入り

1977年に映画「スター・ウォーズ」が公開されて約39年の歳月が経った今。テレビはブラウン管から液晶に代わり、大きな携帯電話はスマホへと進化、そして空飛ぶラジコン「ドローン」も珍しいものではなくなった。そしてなんとこの秋、満を持してスター・ウォーズの公式ドローンが発売されるという。


最新の投稿


DJI、空撮写真と地上動画コンテスト「DJIで桜を撮ろう」を開催

DJI、空撮写真と地上動画コンテスト「DJIで桜を撮ろう」を開催

DJI JAPAN株式会社(東京都港区)は、 空撮写真と地上動画コンテスト「DJIで桜を撮ろう」を4月1日(土)から4月30日(日)までの1か月間開催します。 春を彩る桜をテーマに、 空からの視点で捉える「空撮写真部門」と地上から動画で捉える「地上動画部門」の2部門で作品を募集する。


飛行するドローンを目視しながらカメラ映像を同時に見られる、ウェアラブルディスプレイ「VUFINE+」

飛行するドローンを目視しながらカメラ映像を同時に見られる、ウェアラブルディスプレイ「VUFINE+」

セキドは、メガネ装着型の片眼用ウェアラブルディスプレイ「VUFINE+」(ビューファインプラス)を直販サイトで発売した。直販価格は21,111円で、先行予約を受け付けており、3月下旬の発送を予定。


 ドローンと映像コミュニケーション技術で新たなソリューションを生み出す(2)

ドローンと映像コミュニケーション技術で新たなソリューションを生み出す(2)

株式会社ブイキューブロボティクス・ジャパン(本社:東京都、代表取締役社長:出村太晋)は、ドローンの離発着から充電にデータリンクまでを完全自動で実現するDRONEBOXというドローン基地を提供する。そのソリューションの概要と将来性を同社の出村氏に聞いた。


Japan Drone 2017 アイ・ロボティクス社が「遠隔操作式無人探査車」!

Japan Drone 2017 アイ・ロボティクス社が「遠隔操作式無人探査車」!

 幕張メッセ(千葉市)で3月23~25日に開催されたJapan Drone 2017には、ドローン技術のインテグレーター、株式会社アイ・ロボティクス(iROBOTICS、本社・東京)が、ドローンの最新技術を搭載した「VRモニタリングによる遠隔操作式無人探査車(特許出願中)を参考出品し、来場者に注目された。


Japan Drone 2017「日中韓シンポジウム」 市場は拡大加速 課題は教員養成

Japan Drone 2017「日中韓シンポジウム」 市場は拡大加速 課題は教員養成

 幕張メッセ(千葉市)で開催されたドローンの展示会Japan Drone 2017で、中国、韓国のドローン業界の代表者を招いた意見交換会「日中韓ドローンシンポジウム~ドローン東京宣言」が催された。日本の一般社団法人日本UAS産業振興協議会(JUIDA)の鈴木真二理事長が司会を務め、業界動向や教員養成について語り合った。