3万円以下のSpark対抗ドローンXiaomi FIMI A3

3万円以下のSpark対抗ドローンXiaomi FIMI A3

Xiaomi FIMI(中国)は、海外で$269(約3万円)のXiaomi FIMI A3ドローンの販売を開始した。GPSを搭載し、8MPカメラでフルHD動画の撮影が可能で、メカニカル2軸ジンバルとエレクトリカル ジンバルによる仮想3軸ジンバルを実現している。


低価格が魅力のXiaomi FIMI A3

最大25分の飛行と液晶モニタ付きコントローラーが付属

仮想的な3軸ジンバルを実現したカメラ

 Xiaomi FIMI A3は、285x229x69mmのコンパクトなドローンで、重さは560gと軽量。最大25分の飛行が可能。1 / 3.2 インチのCMOSセンサーカメラは、f2.0の絞りで8M 3264×2448の静止画と 1920×1080 30fps / 1920×1080 25fpsの動画が撮影できる。カメラは、メカニカルな2軸ジンバルに支えられ、エレクトリカル ジンバルの組み合わせで、実質的に3軸ジンバルの安定性を実現している。最高上昇速度は6m/s、最大下降速度は5m/s、最大巡航速度は18 m/s、最大伝送距離は約1kmになる。バッテリーは脱着式で、標準セットに充電器も含まれている。
 飛行モードは、Follow meにOrbitと、Fixed-wing mode、Dronie、Headless、そしてOne key returnも装備している。また、DIY PORTという独自の電源供給コネクタがあり、LEDライトやサーボモーターなどを独自に取り付けられる。
 専用のコントローラーには、480×272ドットの液晶モニタがあり、スマートフォンがなくても、カメラの映像をモニタしたり、各種の飛行モードを設定できる。
 障害物用のセンサー類は装備されていないが、Lowバッテリー保護と、GPS喪失時の自動帰還に、飛行禁止ゾーンでの自動ホバリングは装備されている。
 最大の魅力は価格だが、電波法などの関係で並行輸入での利用は難しい。国内での展開については、問い合わせ中。

液晶モニタ付きの専用コントローラー

この記事のライター

関連する投稿


5万円台のMavic Air対抗ドローンFIMI X8 SE

5万円台のMavic Air対抗ドローンFIMI X8 SE

Xiaomi FIMI(中国)は、海外で$499(約57,000円)のXiaomi FIMI X8ドローンの予約を開始した。3軸ジンバルを採用し、4K動画の撮影と33分の飛行を実現している。


最新の投稿


SLUSH TOKYO 2019開幕! ライトと音のきらびやかな競演! 小池知事もスピーチ

SLUSH TOKYO 2019開幕! ライトと音のきらびやかな競演! 小池知事もスピーチ

世界最大級のスタートアップフェスSLUSH TOKYO 2019が22日、東京ビッグサイトで開幕した。メインステージでは東京都の小池百合子知事が登壇し、起業家に発展と成功に向けて突き進むようエールを送った。


2019年度内にドローン配送の実用化を目指す楽天が選んだ京東製ドローン

2019年度内にドローン配送の実用化を目指す楽天が選んだ京東製ドローン

楽天株式会社(東京都世田谷区)は、中国のECサイト大手の京東集団(中華人民共和国北京市)のドローンを導入すると発表した。これまで、国産ドローンに投資してきた同社の戦略変更には、どういう背景があるのだろうか。


楽天が京東集団と連携し無人配送サービスに京東のドローンとUGVを導入

楽天が京東集団と連携し無人配送サービスに京東のドローンとUGVを導入

楽天株式会社(東京都世田谷区)は、日本国内で構築する無人配送ソリューションに、中国でECサイト「京東商城(JD.com)」を運営する京東集団(中華人民共和国 北京市)のドローンと地上配送ロボット(UGV)の導入を発表した。


テラドローン、インド支社設立 独自のソリューションを武器にインド市場進出

テラドローン、インド支社設立 独自のソリューションを武器にインド市場進出

テラドローンのインド支社であるTerra Drone Indiaは、インドの政府、政府関連機関、及び民間企業に対して、産業向けのドローン関連のサービスを提供しております


ドローンデリバリーカナダが物流用ドローンを発表

ドローンデリバリーカナダが物流用ドローンを発表

2019年2月19日 - カナダ。ドローンデリバリーカナダは、最大かつ最も遠い範囲まで飛行できる貨物配達用ドローン「コンドル」を発表した