3万円以下のSpark対抗ドローンXiaomi FIMI A3

3万円以下のSpark対抗ドローンXiaomi FIMI A3

Xiaomi FIMI(中国)は、海外で$269(約3万円)のXiaomi FIMI A3ドローンの販売を開始した。GPSを搭載し、8MPカメラでフルHD動画の撮影が可能で、メカニカル2軸ジンバルとエレクトリカル ジンバルによる仮想3軸ジンバルを実現している。


低価格が魅力のXiaomi FIMI A3

最大25分の飛行と液晶モニタ付きコントローラーが付属

仮想的な3軸ジンバルを実現したカメラ

 Xiaomi FIMI A3は、285x229x69mmのコンパクトなドローンで、重さは560gと軽量。最大25分の飛行が可能。1 / 3.2 インチのCMOSセンサーカメラは、f2.0の絞りで8M 3264×2448の静止画と 1920×1080 30fps / 1920×1080 25fpsの動画が撮影できる。カメラは、メカニカルな2軸ジンバルに支えられ、エレクトリカル ジンバルの組み合わせで、実質的に3軸ジンバルの安定性を実現している。最高上昇速度は6m/s、最大下降速度は5m/s、最大巡航速度は18 m/s、最大伝送距離は約1kmになる。バッテリーは脱着式で、標準セットに充電器も含まれている。
 飛行モードは、Follow meにOrbitと、Fixed-wing mode、Dronie、Headless、そしてOne key returnも装備している。また、DIY PORTという独自の電源供給コネクタがあり、LEDライトやサーボモーターなどを独自に取り付けられる。
 専用のコントローラーには、480×272ドットの液晶モニタがあり、スマートフォンがなくても、カメラの映像をモニタしたり、各種の飛行モードを設定できる。
 障害物用のセンサー類は装備されていないが、Lowバッテリー保護と、GPS喪失時の自動帰還に、飛行禁止ゾーンでの自動ホバリングは装備されている。
 最大の魅力は価格だが、電波法などの関係で並行輸入での利用は難しい。国内での展開については、問い合わせ中。

液晶モニタ付きの専用コントローラー

この記事のライター

関連する投稿


5万円台のMavic Air対抗ドローンFIMI X8 SE

5万円台のMavic Air対抗ドローンFIMI X8 SE

Xiaomi FIMI(中国)は、海外で$499(約57,000円)のXiaomi FIMI X8ドローンの予約を開始した。3軸ジンバルを採用し、4K動画の撮影と33分の飛行を実現している。


最新の投稿


台湾の代理店がDJIの新しい農業用ドローンの動画を公開

台湾の代理店がDJIの新しい農業用ドローンの動画を公開

2018年12月4日。先創國際股份有限公司(台湾)は、YouTubeにDJIのT16という新型の農業用ドローンの動画を公開した。16リットルのタンクで1分間に4.8リットルの噴霧が可能。


LIFT AIRCRAFTが世界初のパーソナルフライングマシンを発表

LIFT AIRCRAFTが世界初のパーソナルフライングマシンを発表

2018年12月12日。LIFT AIRCRAFT(アメリカ)は、世界初のパーソナルフライングマシンを発表し、2019年から飛行予約をスタートすると自社サイトで案内している。


【慶大×田村市】船引高校で特別講座開催 課題は「〇」と「8」を描くこと…やすやすと

【慶大×田村市】船引高校で特別講座開催 課題は「〇」と「8」を描くこと…やすやすと

 ドローン研究に取り組んでいる慶大が指導する福島県立船引高校(福島県田村市)で、ドローン特別講座が開かれ、特設ドローン部の高校生たちが、ドローン初心者の当面の目標である、「〇」や「8」の操作課題を与えられた。やすやすとこなす腕前を披露する徒もいて、操縦の上達が目覚ましい。


DRONE MEDIAが12月27日に「ドローン忘年会」開催 各メディア編集長の座談会や表彰式も

DRONE MEDIAが12月27日に「ドローン忘年会」開催 各メディア編集長の座談会や表彰式も

 ドローン専門サイトとして国内の草分け的存在、DRONE MEDIAが12月27日、「ドローン忘年会」を開きます。今年1年をふりかえり、来年を展望しようという企画です。目玉企画は「各編集長と振り返る2018年のドローン業界」。DroneTimesからも副編集長の村山繁がお邪魔します。楽しみっ!


【慶大×田村市】ドロコンたむらが定例会開催 慶大・南氏、豊富な動画で紹介

【慶大×田村市】ドロコンたむらが定例会開催 慶大・南氏、豊富な動画で紹介

 福島県田村市でドローンの利活用に関心を寄せる有志が創設した異業種コミュニティー、「ドローンコンソーシアムたむら」が12月13日、定例会を開いた。慶大ドローン社会共創コンソーシアムの南政樹副代表が、「ドローンの可能性と具体例について」と題し、映像をふんだんに使い、利活用の事例を紹介した。