日本郵便、11月7日にドローン輸送開始 「レベル3」を福島から実装へ

日本郵便、11月7日にドローン輸送開始 「レベル3」を福島から実装へ

 日本郵便株式会社は10月30日、ドローンによる輸送を11月7日に始めると発表した。輸送するのは福島県の小高郵便局(南相馬市)と浪江郵便局(浪江町)の約9キロの区間。日本郵便は10月26日に、国交省から補助者なしでの目視外飛行の承認を得ておりさっそく運用する。事実上、ロードマップの「レベル3」を実装することになる。


2㎏までの荷物を時速54㎞で1日最大2往復

 日本郵便は11 月 7 日以降、毎月第 2、第 3火、水、木曜日の9:00~16:00 の間に、 1 日最大 2 往復、ドローンで荷物を輸送する。ドローンが運ぶのは重さ2kg 以内の荷物等で、社内の書類や、小型商品を郵便受けに配送する「ゆうパケット」、郵便局内に置くチラシなどの局間輸送などに活用を見込む。

 輸送のドローンは地面から 60m以下の高さを、秒速15m(時速約 54km)以下で飛行する。天候や輸送荷物量、空域調整などにより、飛行日、時間、回数が変更されたり、休止されたりする場合がある。

 日本郵便は今回の運用にあたり、福島県、南相馬市、浪江町の協力を受けた。南相馬市、浪江町は、「福島ロボットテストフィールド」、「福島浜通りロボット実証区域」を整備するなど、ドローンの受け入れが進んでいることで知られる地域のひとつ。1年前の昨年(2017年)10月31日には、楽天とローソンが、ドローンを使った商品配送の試験運用を、南相馬市小高地区にある「ローソン南相馬小高店」と、「小谷集落センター」の間の2・7キロの区間で運用を始めて話題になった地域でもある。

 ドローンを使った荷物配送は、ドローンの操縦者か、別に監視する補助者を配置するかしないと認められてこなかった。国交省は今年9月に運用ルールを改正、日本郵便が10月26日付で承認を受けていた。

 政府は小ドローンによる「空の産業革命」に向けて、ロードマップを策定しており、その中で、2018年頃から無人地帯での目視外飛行(レベル3)、2020年代前半から有人地帯(第三者上空)での目視外飛行(レベル4)によるドローンの利活用を本格化させると位置付けている。今回、日本郵政が目視外飛行輸送を実施することで、事実上レベル3が実施されることになる。

日本郵便が11月7日以降にドローンで輸送する区間

日本郵便は2017年3月、10月に福島ロボットテストフィールドで行われた運航管理システムの実証実験にも参加していた(2017年10月)

この記事のライター

関連する投稿


BVLOS(目視外飛行)の経済効果をSkylogic Researchがレポート

BVLOS(目視外飛行)の経済効果をSkylogic Researchがレポート

ドローン業界の大手調査会社のSkylogic Researchは、商用ドローンのBVLOS(目視外飛行)における経済効果を発表した。公開されたホワイトペーパーは、PrecisionHawkがスポンサーとなり同社のサイトから無料でダウンロードできる。


秩父市ドローン配送協議会が国内2例目となる目視外飛行を実施

秩父市ドローン配送協議会が国内2例目となる目視外飛行を実施

2019年1月25日。楽天、ゼンリン、東京電力ベンチャーズ、秩父市で構成する「秩父市ドローン配送協議会」が、国内で2例目となる補助者を配置しない目視外飛行で、約3kmのドローン配送を実施した。民間企業としては、国内初の成功例となる。


PwCセミナー、様々なレイヤーで活躍する企業が登場 「ドローンを利用した次世代のビジネス変革のすすめ」

PwCセミナー、様々なレイヤーで活躍する企業が登場 「ドローンを利用した次世代のビジネス変革のすすめ」

PwCが「ドローンを利用した次世代のビジネス変革のすすめ」というテーマで、ドローンビジネスの展望、目視外飛行等の法規制緩和や留意点について行政と民間の専門家によって解説するセミナーを11月22日、開催した。


国内初 ドローンで補助者なし「目視外」荷物輸送 福島 郵便局間9キロを16分【動画】

国内初 ドローンで補助者なし「目視外」荷物輸送 福島 郵便局間9キロを16分【動画】

日本郵便は7日、小型無人機「ドローン」を使った荷物輸送を福島県内の郵便局間で行った。操縦者が機体を視認できない範囲で運行する「目視外飛行」で、補助者をつけず航行したのは国内では初めて。南相馬市と浪江町の郵便局間の約9キロを、16分で飛行した。


NASAがUASの目視外飛行を一般の空域で成功させる

NASAがUASの目視外飛行を一般の空域で成功させる

2018年6月13日-米国カリフォルニア州。NASAは遠隔操作で飛行する大型のikhana(イカナ)無人飛行システムを使い、米国の一般の空域で、自律制御と遠隔操作による完全な目視外飛行を成功させた。


最新の投稿


米国初、CAPE社が米国連邦航空局(FAA)から目視外飛行(BVLOS)認証証明書を授与

米国初、CAPE社が米国連邦航空局(FAA)から目視外飛行(BVLOS)認証証明書を授与

2019年3月19日 – 米国カリフォルニア州。ドローンのテレプレゼンスとデータ管理のクラウドプラットフォームを提供するCAPE(米国)社は、FAAから史上初となるBVLOS 認証証明書(COA)を付与された。


VTOLを革新するPteroDynaimcs社のTranswing Parus5c

VTOLを革新するPteroDynaimcs社のTranswing Parus5c

PteroDynamics(米国カリフォルニア州)のVTOLドローンは、翼を回転させるというユニークな構造で、革新的な飛行性能を実現した。


シナジーテック、夜間捜索ドローン専用 照明キットを新発売

シナジーテック、夜間捜索ドローン専用 照明キットを新発売

株式会社シナジーテック(徳島県阿南市宝田町)は、 ドローンに搭載可能な、 超軽量、 全光束25,000ルーメンのLED照明ユニット「DL250」を開発、 販売を開始した。


ドローン大学校が修了生と共同事業、「ドローン送信機用モニター取付ネジ”DRONE TX SCREW”」の販売開始

ドローン大学校が修了生と共同事業、「ドローン送信機用モニター取付ネジ”DRONE TX SCREW”」の販売開始

ドローンビジネスの創造をビジョンとするドローン大学校は、修了生の丹羽雅裕氏が代表取締役を務める株式会社丹羽電機とのアライアンスによる「ドローン送信機(プロポ)用モニター取付ネジ”DRONE TX SCREW”」の製造・販売を開始する。


イーエムアイ・ラボが開発、レーザー測量用ドローン発売

イーエムアイ・ラボが開発、レーザー測量用ドローン発売

株式会社イーエムアイ・ラボ(長野県/ EMI-LAB)は、 UAVレーザー機の販売を3月から開始。