SLUSH TOKYOがリクルーティングイベント開催 スタートアップと学生が英語で質疑

SLUSH TOKYOがリクルーティングイベント開催 スタートアップと学生が英語で質疑

世界最大規模のスタートアップの祭典、SLUSH TOKYOは10月26日、スートアップでインターンシップなどとして働きたい求職者と、求職者を受け入れたいスタートアップとを橋渡しするリクルーティングイベントを開催した。約80人が参加し、スタートアップのプレゼンテーションを堪能した。


ボランティアスタッフ募集! 地方の大学などで関連イベント開催も検討

多くの学生がスタートアップのピッチに耳を傾けた

 スタートアップムーブメントを仕掛けるSLUSH TOKYOが、当日以外のマッチングイベントを企画したのは今回が初めて。コワーキングスペースにそろいのSLUSHのシャツを着たスタッフが出迎える中、60人の学生たちが集まった。

 この日は少額短期保険などを手掛ける保険テック業、株式会社 justInCase(東京都千代田区)、「いいね!」を割り引きポイントにするサービスを展開する株式会社LikePay(東京都港区)、人工知能を使った位置情報分析プラットフォームの開発、運営を手掛けるレイ・フロンティア株式会社(東京都台東区)の3祖のスタートアップが、SLUSHの当日のように、英語でピッチ(発表)をし、参加した学生とも英語で質疑応答をするなど交流した。

 あわせて、SLUSH TOKYOの告知も実施。来場者にボランティアとしての参加を呼び掛けた。

 イベントを企画したSLUSH TOKYOの野口紗貴美さんは、「SLUSHが取り組んできたスタートアップムーブメントを生かした企画として実施しました。今後もわれわれができることは積極的に進めていきたい」と意欲的だ。

 来年のSLUSH TOKYO 2019(2月22~23日、東京ビッグサイト)に向けたボランティアスタッフの募集活動も本格化させる。野口さんは「ボランティアは700人を想定している」と話しており、地方の大学で募集に関わるイベントも開催していく方針だ。

 SLUSH TOKYOは志高く目標に向けて邁進しているスタートアップの姿に光を当てるため、フィンランドのヘルシンキで2008年に始まったスタートアップの祭典。日本ではSLUSH ASIAとして2015年に初開催され、以降、毎春に開催している。事業構想を披露するステージをロックフェスのノリで、ビートのきいた音楽とレーザーで盛り上げるほか、運営主体が学生であること、会場の公用語が英語であること、世界中のスタートアップや彼らを目当てのベンチャー・キャピタルが集結することなど、それまでの経済関連のセミナーとは一線を画す特徴があり、国内のスタートアップムーブメントの先駆け的な存在だ。

 披露される内容はテクノロジーに関連しているものが多く、2018年はブロックチェーン、クリプトカレンシー、VR/AR/MR、自動運転、ドローン、ロボティクスなどの関連発表が目立った。

 ・株式会社 justInCase
   https://justincase.jp/

 ・株式会社LikePay
   https://likepay.co/

 ・レイ・フロンティア株式会社
   https://www.rei-frontier.jp/

 ・SLUSH TOKYO 2019
   http://tokyo.slush.org/

リクルーティングイベントを企画したSLUSH TOKYOの野口紗貴美さんは仕切り、司会と大活躍だった

すべて英語で行われたピッチに、学生が真剣に耳を傾けた

ネットワーキングタイムには来場者同士の会話もはずんだ

この記事のライター

関連する投稿


【SLUSH TOKYO 2019】エアロネクスト、ファイナル進出

【SLUSH TOKYO 2019】エアロネクスト、ファイナル進出

 SLUSH TOKYO 2019のピッチングコンテストに出場している株式会社エアロネクストがファイナルに進む4社に選ばれた。


【SLUSH TOKYO 2019】エアロネクスト、セミファイナル進出!

【SLUSH TOKYO 2019】エアロネクスト、セミファイナル進出!

 次世代ドローンのエアロネクストは2月22日、東京国際展示場(東京ビッグサイト)で開催されている世界最大級のスタートアップフェス、SLUSH TOKYO 2019のピッチコンテストに出場し、セミファイナルに駒を進めた。23日に頂点を目指す。


【SLUSH TOKYO 2019】ビッグサイトで開幕! ライトと音のきらびやかな競演! 小池知事もスピーチ

【SLUSH TOKYO 2019】ビッグサイトで開幕! ライトと音のきらびやかな競演! 小池知事もスピーチ

世界最大級のスタートアップフェスSLUSH TOKYO 2019が22日、東京ビッグサイトで開幕した。メインステージでは東京都の小池百合子知事が登壇し、起業家に発展と成功に向けて突き進むようエールを送った。


【SLUSH TOKYO 2019】開幕直前のオフィスを直撃! “CALL FOR ACTION!”をメンバーが実践中

【SLUSH TOKYO 2019】開幕直前のオフィスを直撃! “CALL FOR ACTION!”をメンバーが実践中

スタートアップの祭典、SLUSH TOKYO 2019の開催が2月22日に迫る中、見どころを探るため、準備に追われる事務所を訪ねた。出迎えてくれたメディア担当のコユキ(塩田小優希)さん、インベスター担当のオットー(日笠オットー裕貴)さんによると、すごい仕掛け、新しい取り組みが満載だ!


SLUSH TOKYO2019のピッチにエアロネクスト選抜! 初開催の“SHOW TECH TIME”にも

SLUSH TOKYO2019のピッチにエアロネクスト選抜! 初開催の“SHOW TECH TIME”にも

 スタートアップの祭典SLUSH TOKYOは、2月22、23日に都内で開催するSLUSH TOKYO2019のピッチ登壇企業リストを公表し、運営機体の重心制御技術4D Gravityを開発した次世代ドローンの株式会社エアロネクスト(東京)が出場の1社に選ばれた。3分間のピッチ、2分間の質疑応答で最高賞を競う。


最新の投稿


屋内空間点検用ドローンのLiberaware、第三者割当増資を実施

屋内空間点検用ドローンのLiberaware、第三者割当増資を実施

屋内空間点検用ドローンのレンタル事業を展開する株式会社Liberaware(千葉県千葉市)は、 プレシリーズAラウンドで、総額1.3億円の第三者割当増資を実施した。


テラドローン、⿂群探索・海上保安を実現する ドローンソリューションを提供開始

テラドローン、⿂群探索・海上保安を実現する ドローンソリューションを提供開始

テラドローン株式会社(東京都渋谷区)は、 低コストで効率的な⿂群探索・海上保安を実現するドローンソリューションの提供を開始した。


ご愛読に感謝して

ご愛読に感謝して

本コラムも、4月26日で読めなくなる。その前に、この3年間を振り返って、日本のドローン業界について展望しておく。(田中亘)


NTTグループが関連企業15社と共同でドローンとAIを活用したスマート営農に取り組む

NTTグループが関連企業15社と共同でドローンとAIを活用したスマート営農に取り組む

NTT グループ、ふくしま未来農業協同組合、株式会社エンルート、日本農薬株式会社は、準天頂衛星みちびきに対応したドローンやNTT グループのAI 技術を活用しスマート営農ソリューションの実証実験を行う。


【国際ドローン展】産業用ドローンと周辺機器の新たな潮流が続々と

【国際ドローン展】産業用ドローンと周辺機器の新たな潮流が続々と

幕張メッセで開催された2019年の国際ドローン展では、産業用ドローンの新たな潮流を示す数多くの機体や周辺機器が展示された。