DJI、産業用高性能ドローン「MAVIC 2 ENTERPRISE」を発表

DJI、産業用高性能ドローン「MAVIC 2 ENTERPRISE」を発表

DJI は、ドローンを産業用途に活用するユ ーザーや政府、教育機関を対象とした高性能な産業用ドローン「MAVIC 2 ENTERPRISE」を発表した。


折りたたみ式のコンパクトな機体ながら高性能な産業用ドローン「MAVIC 2 ENTERPRISE」

 DJI は、ドローンを産業用途に活用するユ ーザーや政府、教育機関を対象とした高性能な産業用ドローン「MAVIC 2 ENTERPRISE」を発表した。
 Mavic 2 Enterprise は、折 りたたみ式でコンパクトなデザインに、高度制御技術と専用のアクセサリーを搭載したことで、インフラ設備の調査、点検や災害や消火活動など緊急事態への対応など、広範囲な活用の可能性を広げると思われる。

光学 2 倍ズームとデジタル 3 倍ズーム搭載の強力な撮影性能

 Mavic 2 Enterprise は、解像度12MP の撮影性能と3軸ジンバルを搭載し、滑らかな映像を撮影できる。光学 2 倍ズームとデジタル 3 倍ズームにより、操 縦者のビジョンを強力にサポートする。このズーム機能がドローンの性能を飛躍的に向上させ、危険な場所の特定や作業が困難な場所での点検を可能にした。

ドローン技術の潜在能力を拡張するツール

 Mavic 2 Enterprise の機体に装着できる DJI アクセサリーは、「DJI PILOT」アプリを介して 操作できる。これらのアクセサリーにより、ユーザーは空中からの通信や新しい作業方法が可能となり、ドローンは映像ツールとしての役割を越えて、カスタマイズできるプラットフォームとなる。

Mavic 2 Enterprise のアクセサリー:

<M2E スポットライト >
  輝度 2,400 ルーメンのデュアルスポットライトで、暗闇や低照度環境下の作業をサポートする。スポットライトは、人命救助や点検業務においても最適なツールとなる。

<M2E スピーカー>
最大出力音量100デシベル(距離1m)で、最大10種類の録音したカスタム音声を再生できるので、人命救助などの緊急時に周辺付近の重要なコミュニケーション手段になる。

<M2E ビーコン>
 米国連邦航空局(FAA)の夜間適用免除基準を満たす M2E ビーコン(白色閃 光等)は、最大で 3 マイル先(約5km)からでも目視可能な明るいストロボライトを搭載してい る。操縦者は、低照度環境下や夜間であっても、より安全に業務を遂行でき、また近くを飛行 するドローンや航空機に対しても注意喚起することができる。

強化したデータセキュリティ機能

 Mavic 2 Enterprise は、重要な業務における写真や動画、フライトログ、その他のデータを保護する 新機能を備えた。産業向けということで、24GB の内蔵データストレージとパスワー ド保護機能を搭載したことで、ドローンの機能性と保存されたデータへのすべてのアクセスへの強化 を実現。パスワード保護を有効にしている場合、ドローンの起動時、送信機とドローンの接続 時やドローンの内蔵ストレージにアクセスした際に、パスワードの入力が求められ、ドローンに物理的な障害があった場合でも、データを保護しながらドローンと内蔵データストレ ージへの安全なアクセスを提供する。

 新しく搭載した GPS タイムスタンプ機能は、録画映像ごとに時間と位置情報を記録するので、 操縦者の報告義務をサポートするとともに、ドローンで撮影したデータの信頼性を向上させ、インフラ点検業務や警備に活用することができる。

 加えて、データセキュリティにさらなる安全性を求めるユーザーは、ローカルデータモード機能を 利用することで、ユーザーが接続しているモバイル端末からのインターネットへのデータ送受信を停 止できる。本機能は、重要なインフラ設備や行政機関などのプロジェクト、その他慎重な対応が求 められる業務に関連した飛行において、オペレーターにさらなる安全性を提供する。

空域の安全性を高める最新技術

 Mavic 2 Enterprise は、操縦者の状況認識を強化し、空域の安全性を高める DJI の AirSense 技術を 搭載している。
 AirSense は、機体と一体型の ADS-B 信号の受信機を使用して、近くにいる航空機 やヘリコプターの情報を操縦者に自動で警告し、「DJI PILOT」アプリから位置警告をリアルタイムで 表示する。これにより、過密した空域や複雑なオペレーション(山火事の鎮圧や災害復旧、インフ ラ設備監視など)で飛行しているオペレーターに更なる安全性を提供する。

飛行性能/信頼性/安全性を兼ね備えた設計

 Mavic 2 Enterprise には、静かで効率的な飛行を実現するプロペラと、DJI の FOC 正弦波 ドライバーが採用され、約 31 分の最大飛行時間と 72km/h の最大速度を実現する。さらに、新し く開発された Mavic 2 Enterprise 専用の自己発熱型バッテリーで、-10 度の厳しい低温環境であって も、ドローンは確実に性能を発揮できる。

 Mavic 2 Enterprise は、DJI の最新の動画およびデータ伝送システムである OcuSync 2.0 動画伝送シ ステムを搭載し、ドローンと送信機間の接続性がさらに安定した。耐干渉性に優れたこのシステムは、2.4GHz および 5.8GHz の両周波数帯に対応している。自動切替にも対応し、アップリンクと ダウンリンクのデータストリームに異なる周波数を利用することも可能。(日本国内は 2.4GHz の み利用可能) また、最大伝送距離は約 8km(日本国内では 5km)で、極めて高解像度な動画伝送を パイロットに供給する。(操縦者はドローンを目視可能な位置に維持し、適用される関連法を必ず 順守する必要がある。)

 Mavic 2 Enterprise の FlightAutonomy システムは、8 個の高解像度ビジョンセンサーと、2 個の赤外 線センサーで、より安全な飛行を実現する全方向障害物検知を備えている。進化した Advanced Pilot Assistance System(APAS:高度操縦支援システム)により、ドローンは自動で前方および後方の障害物を検知、回避し、さらなる安全性を提供する。特に、経験の少ない操縦者や障害物の多い 厳しい地形で役立つ。

 焼津市防災部地域防災課の鳥澤佑介氏は「私たちは、地域社会に貢献するため、全国に先駆けて、消防・防災分野でドローンを活用してきました。Mavic 2 Enterprise は携帯性に優れ、高い機動力をもって現場の状況を確認することができます。また、光や音声を届ける追加デバイスによる被災者や捜索者への呼びかけや情報伝達といった活動を、より安心、安全に遂行することができます」と期待を込めたコメントを寄せている。

販売はDJI Enterprise の正規代理店で 11月上旬から

 Mavic 2 Enterprise は、全国の DJI Enterprise の正規代理店で 11月上旬からの販売を予定している。価格については正規代理店に問い合わせが必要。
 正規代理店は下記リンクを参照。
https://www.dji.com/jp/where-to-buy/enterprise-dealers

 Mavic 2 Enterprise についての詳細情報は、以下のリンク参照。
www.dji.com/mavic-2-enterprise

この記事のライター

関連する投稿


11月28日にDJIがニューヨークでイベントを開催。新型Phantomの発表か?

11月28日にDJIがニューヨークでイベントを開催。新型Phantomの発表か?

海外の複数メディアが、米国DJIから電子メールでイベントの招待状が届いたと報じている。いくつかのメディアは、噂になっている新型Phantom 5(?)の発表会ではないかと推測している。


DJIとPEUGEOTがドローン映画フェスティバル2018-19を開催

DJIとPEUGEOTがドローン映画フェスティバル2018-19を開催

ドローンメーカーのDJI(中国)と、欧州第2位の自動車メーカーのPEUGEOT(仏)に、フランクフルトの豪華ホテルDiaoyutai Mansion Frankfurtは、2019年の春に「PEUGEOTドローン映画フェスティバル2018-19」のグランドファイナルを開催すると発表した。


マイクロソフトがDJI Windows SDKの公開プレビューを発表

マイクロソフトがDJI Windows SDKの公開プレビューを発表

2018年10月30日。ソフトウェア大手のマイクロソフト(米国)は、DJIが米国で開催したAirWorksと自社のブログで、アプリケーション開発用のDJI Windows SDKの公開プレビューを発表した。


DJIが日本でも公式にTB50およびTB55バッテリーを使用した飛行の注意を喚起

DJIが日本でも公式にTB50およびTB55バッテリーを使用した飛行の注意を喚起

2018年11月2日。DJIは、英国などで報告されている電力レベルの誤表示について調査中で、TB50およびTB55バッテリーを使用した飛行の注意喚起を公式に発表した。


DJIが北米における新しい空域データ提供者としてPrecisionHawkを選定

DJIが北米における新しい空域データ提供者としてPrecisionHawkを選定

2018年10月24日、PrecisionHawk,Inc(米国)は、ジオフェンシング技術を向上させるために、民間用のドローンおよび空中映像技術の世界的リーダーであるDJIとの提携を発表した


最新の投稿


センシンロボティクス、東京都主催「X-HUB TOKYO」の中国 香港・深セン進出支援コースに採択

センシンロボティクス、東京都主催「X-HUB TOKYO」の中国 香港・深セン進出支援コースに採択

ドローン分野として技術発展・情報発信を担う


インテルが新型RealSense Depth Camera D435iを発表

インテルが新型RealSense Depth Camera D435iを発表

2018年11月13日。半導体大手のインテル(米国)は、深度センサーとトラッキング機能を備えた新型RealSense Depth Camera D435iを発表した。


センシンロボティクス新社長に間下氏 11月9日付 出村氏は退任

センシンロボティクス新社長に間下氏 11月9日付 出村氏は退任

 ドローンを活用した太陽光発電設備向け点検自動化パッケージ「SOLAR CHECK」、ドローンの完全自動運用システム「DORONE BOX」など企業、自治体向けロボティクスソリューションを提供するセンシンロボティクスは、代表取締役社長の出村太晋氏が11月9日付で退任し、間下直晃取締役が代表取締役に就任したと発表した。


【慶大ドローン】レースチームRAIDENの中学生選手らが慶大院で講義 KPMG寄附講座「eSports論」で

【慶大ドローン】レースチームRAIDENの中学生選手らが慶大院で講義 KPMG寄附講座「eSports論」で

 ドローン研究、教育、社会実装に力を入れている慶應義塾大学が、大学院の講義に、ドローンチーム「DMM RAIDEN RACING」を招いた講義を行う。KPMGコンサルテフィングの寄付講座「eSports」の一環で、チームに所属する中学生プロレーサー、鈴木匠選手も大学院生を前に話をする予定だ。


Drone Fund 2号が37億円調達 下町ロケットのモデル、小橋工業が最大規模の出資

Drone Fund 2号が37億円調達 下町ロケットのモデル、小橋工業が最大規模の出資

 千葉功太郎氏が率いるドローンスタートアップ特化型のファンド、Drone Fund2号(正式名称:千葉道場ドローン部2号投資事業有限責任組合)は、ファンド規模がこれまでに37億円に達したと発表した。新たに加わった農業機械メーカー、小橋工業(岡山県)が最大の投資家になったことを公表。今後も最大50億円規模を目指す。