楽天AirMap、ドローン操縦者向けアプリ「AirMap」のユーザーを対象に、「AirMap無償付帯賠償責任保険」を提供開始

楽天AirMap、ドローン操縦者向けアプリ「AirMap」のユーザーを対象に、「AirMap無償付帯賠償責任保険」を提供開始

楽天AirMap株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役CEO 向井 秀明、以下「楽天AirMap」)は本日、提供するドローン操縦者向けアプリ「AirMap」を利用する個人のユーザーを対象に、「AirMap無償付帯賠償責任保険(以下「保険」)(注1)」の提供を開始した。


保険期間はドローン操縦者向けアプリ『AirMap』に申請したフライト開始日時から24時間

 AirMap無償付帯賠償責任保険は、ドローンの安全な飛行に必要な気象情報や飛行可能エリアの確認、飛行計画の作成、飛行申請(注2)などを行うことができるドローン操縦者向けアプリ「AirMap」を利用する個人のユーザーに、無償で提供される(注3)。ユーザーが不安に感じることが多いドローンの落下や衝突による他人の死傷、または他人の財物への損害に対する賠償責任保険に加え、ユーザー自身の負傷による死亡や後遺障害に対する傷害保険が含まれ、事故1件につき賠償責任保険は500万円、傷害保険は10万円まで補償の対象となる(注4)。
なお、同保険は楽天グループの楽天損害保険株式会社が引受保険会社となる。
 各ユーザーは、ドローンを飛行させる際に必要な公的機関などへの届出を行った上、「AirMap」にて飛行申請を行う際に本保険への加入に対する意思選択、生年月日などの情報を入力することで本保険の適用対象となる。飛行申請に基づくフライト開始日時から24時間以内にドローンの飛行に起因する事故が発生した場合、「楽天損保あんしんダイヤル」まで連絡すると、サポート対応が開始される。

 楽天AirMapは昨年12月より、本アプリおよびクラウドシステム「空域管理ダッシュボード」で構成されるUTM(無人航空機管制)システム(注5)を提供している。「空域管理ダッシュボード」は自治体や広大な敷地を持つ大学などの空域管理者に提供されており、各空域における飛行ルールや飛行可能エリアの公開、ドローン操縦者からのアプリを通じた飛行申請の承認やプロフィールの確認を行うことが可能。すでに千葉県千葉市が運営する「ドローンフィールド」や、岐阜県飛騨市が運営する「飛騨流葉ドローンパーク」では、「空域管理ダッシュボード」が導入されている。

楽天AirMapはこれからも、ドローン操縦者が安全・安心にドローンを飛行させられるよう、空域環境の整備およびサービスの利便性向上に努めていく。

(注1)「AirMap無償付帯賠償責任保険」は、保険契約者を楽天AirMap、被保険者を「AirMap」を利用する個人のユーザー(保険付帯希望者)とする「傷害総合保険」のペットネーム。保険料は保険契約者である 楽天AirMapが負担。
(注2)「空域管理ダッシュボード」が導入されている空域では、飛行申請が各空域管理者に送付される。それ以外の地域では、他の利用者に対してドローンの飛行を通知することができる。
(注3)申し込みが想定を上回る場合、本保険サービスの提供を中止させていただく場合がある。
(注4)補償条件、補償対象期間等の詳細は、以下のサイト。
URL: https://hoken.rakuten.co.jp/airmap/liability/
(注5)UTMシステムの詳細は、以下のサイト。
URL: https://www.rakuten-airmap.co.jp/

フライトに対する保険適用の例

この記事のライター

関連する投稿


楽天AirMapが無人航空機管制(UTM)システム「AirMap」の提供を開始

楽天AirMapが無人航空機管制(UTM)システム「AirMap」の提供を開始

楽天AirMap株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役CEO 向井 秀明、以下「楽天AirMap」)は、空域管理者およびドローン操縦者向けのUTM(無人航空機管制)システム「AirMap」の提供を12月7日から開始すると発表した。


 楽天AirMap、ドローンメーカーおよびアプリ開発者に向けたUTMシステムのプラットフォームを提供開始

楽天AirMap、ドローンメーカーおよびアプリ開発者に向けたUTMシステムのプラットフォームを提供開始

楽天AirMap株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役CEO:向井 秀明、以下「楽天AirMap」)は、ドローンメーカーおよびアプリ開発者を対象としUTM(無人航空機管制)システムのプラットフォームの提供を開始したと8月23日、発表した。


楽天が米国AirMap社と協業しドローン向けの管制システム(UTM)を提供する「楽天AirMap」を設立

楽天が米国AirMap社と協業しドローン向けの管制システム(UTM)を提供する「楽天AirMap」を設立

楽天株式会社(本社:東京都、代表取締役会長兼社長:三木谷浩史)と、AirMap(本社:米国カリフォルニア州、共同創業者兼CEO:ベン・マーカス)は、日本国内における商用ドローンの運用者および空域管理者に向けて、日本でUTM(無人航空機管制)ソリューションを提供すると発表した。


最新の投稿


都築電気、空飛ぶクルマの開発プロジェクト「CARTIVATOR」への協賛を決定

都築電気、空飛ぶクルマの開発プロジェクト「CARTIVATOR」への協賛を決定

都築電気株式会社(東京都港区)は、 空飛ぶクルマの開発を進める有志団体CARTIVATORへの協賛を決定。


テラドローン、テラドローンインド、インド工科大学(IIT)ハイデラバード校がインドにおけるドローン業界強化を目的とした三者間協定

テラドローン、テラドローンインド、インド工科大学(IIT)ハイデラバード校がインドにおけるドローン業界強化を目的とした三者間協定

テラドローン(東京都)は、テラドローンインドとインド工科大学(IIT)ハイデラバード校がインドにおけるドローン業界強化を目的とした三者間協定を締結し、インド工科大学ハイデラバード校に、世界初のドローンソリューション専門機関「センター・オブ・エクセレンス」を共同で設立した。


【国際ドローン展】カスタマイズ開発ドローンでビジネスを広げる日本サーキット

【国際ドローン展】カスタマイズ開発ドローンでビジネスを広げる日本サーキット

都内でDJI ARENAなどのトレーニング施設を運営している日本サーキット(神奈川県)は、DJI SDKを使ったカスタマイズ開発やオリジナルドローンを展示していた。


【国際ドローン展】パワフルな国産オリジナルドローンを開発する石川エナジーリサーチ

【国際ドローン展】パワフルな国産オリジナルドローンを開発する石川エナジーリサーチ

ドローンの開発・製造・操作技術などの最新テクノロジーを一堂に紹介する専門展示会の「第5回国際ドローン展」が4月17日から19日の3日間、千葉県の幕張メッセで開幕した。点検・メンテナンス、物流・輸送、警備・監視、災害対応、測量、撮影、農業など多岐にわたる産業分野のドローン関連企業が約40社が出展した。


迫力ある空撮映像を実現するFlying-Cam社(米国)のヘリコプター型ドローン

迫力ある空撮映像を実現するFlying-Cam社(米国)のヘリコプター型ドローン

Game of ThronesやMission Impossible 6で迫力ある空撮映像を実現している制作現場では、30年以上のキャリアがあるFlying-Cam社(米国)のヘリコプター型ドローンが活躍している。