JUIDA、来春にジュニアライセンス導入 「認定スクールフェスタ」で発表 ドローン市場拡大へ

JUIDA、来春にジュニアライセンス導入 「認定スクールフェスタ」で発表 ドローン市場拡大へ

 日本UAS産業振興協議会(JUIDA)は31日、「認定スクールフェスタ2018」を開催し、2019年にドローン操縦の技能に応じて級が授与される「技能テスト」を導入すると発表した。7歳から16歳未満の若年層向けには「UASジュニアパイロット」も設定し、今後、ドローン人口拡大に取り組みを本格化させる。


表彰されたJUIDA認定スクール=10月31月日、東京・日本橋のコングレスクエア日本橋

「UASジュニアパイロット(1~5級)」は7歳~16歳が対象

 発表によると、JUIDAは2019年春にも、16歳以上が対象のJUIDA公認技能テスト「JUIDA UASパイロット1~3級」と、7歳から16歳未満までが対象のJUIDA公認ジュニア技能テスト「JUIDA UASジュニアパイロット1~5級」を導入する。ドローンユーザーをライセンスの有無だけでなく、技能のランクを要望する声に答えた。また、ライセンスの若年層への適用を求める要望も多かったため、ジュニア技能テストの導入に踏み切ることにした。詳細は今後、公表する。

このほか、活躍した認定スクールを表彰する「スクールアワード」を新設。スクール活躍に応じた地位向上需要などに答えるためで、「最多パイロット養成賞」「理事長賞」「ルーキー賞」などの創設を検討している。

 2019年度中に取り組む事業としては、このほかJUIDA会員向けに、登録した住所変更などの事務手続きをオンラインですませることのできるログインサイトを2019年2月1日に開設するほか、目視外飛行の導入を踏まえ新カリキュラムや、新テキストも導入する。講師養成講座にも新カリキュラムを導入。これまでに改定を重ねていることから、取得時期ごとに学んだ内容に差が生じてきていることから、受験期ごとに再受講の案内を通知する。

 事業方針を発表したJUIDAの熊田知之理事・事務局長は「今後の取り組みは、市場創造、教育事業、安全対策が中心。なによりも市場創造が重要で、それに取り組んでいく」と抱負を述べた。

事業方針を発表するJUIDAの熊田知之理事・事務局長。

ライセンス取得は累計6089人、スクールは185校

ドローンフェスタの冒頭挨拶する鈴木真二理事長。

 フェスタでは設立3年でライセンス取得者が6000人を超えたことが報告され、会員拡大に貢献した設立1年以上の認定スクールと、目覚ましい活躍をしたドローンスクール静岡(静岡県静岡市)、ドローンスクールNDMC(静岡県静岡市)、岩手ドローンスクール(岩手県奥州市)が表彰を受けた。

 あいさつに立った鈴木真二理事長は「ライセンス取得者数は10月1日時点で、技能者6089人、安全運航管理者5673人、講師963人に拡大。スクール数も10月15日の時点で185校、会員数も10月15日で6976人になった。現在、委員会に参加するなどして、あゆむべき道を日々検討している」とあいさつした。

 来賓として登壇した総務省総合通信基盤局電波部機関・衛星移動通信課の伊東英知課長補佐は「目視外飛行が重要になり通信の信頼性確保が課題になる。総務省は課題をふまえ、来年度以降、干渉回避の技術、インフラ高度化の研究開発を進めようとしている。JUIDAにはドローンの操縦士、管理士の技能向上に尽力をいただいている。ただ、無線で飛ばすので利用環境次第で混信がある。飛行場所の電波環境に配慮しながら安全確保につとめていただけるようお願いしたい」と述べた。

 また、経済産業省製造産業局産業機械課ロボット制作室の小林寛課長補佐(ドローン・技術担当)は、「産業用として必要な基盤技術の開発を進めている。その柱は4点で、第一に、性能評価基準の作成。第二に運航管理システム、第三に衝突回避技術、そして第四に、性能評価が可能なテストフィールドの整備だ。技術が進んでも人の介在がゼロになることはない。適切な対応がとれる人材の育成はそれぞれの産業でこれからも重要だ」などと指摘した。

国交省航空局安全部安全企画課の徳永博樹・無人航空機企画調整官は「申請件数は1か月あたり、平成28年度で1100件だったが、29年度で1600件、30年度では今時点で3000件あまりに増加している。円滑な申請ができるようドローン情報基盤システムの運用を今年4月からはじめた。また日本郵便に対して承認を行い、福島県南相馬市では補助者なし目視外飛行が実現することになった。今後、市部上空での目視外飛行実現をめざし、議論を深めていく」などと話した。

フェスタには全国の認定スクール関係者を中心に約120人が出席した。

この記事のライター

関連する投稿


【Japan Drone 2019】ドローン専用テストフィールド福島RTF始動! 目視外飛行実現に向けた大規模実証実験報告

【Japan Drone 2019】ドローン専用テストフィールド福島RTF始動! 目視外飛行実現に向けた大規模実証実験報告

JUIDA、JUAV、JUTM、NICTは、福島ロボットテストフィールド(福島RTF)の機能評価と目視外飛行実現に向けた大規模実証実験を実施、3月15日、ジャパンドローン2019の最終日の特別講演でその成果を報告した。


日本最大級の国際展示会&国際コンファレンス「Japan Drone 2019」開幕 15日まで

日本最大級の国際展示会&国際コンファレンス「Japan Drone 2019」開幕 15日まで

発展を遂げる民間ドローン産業に関する日本最大級の国際展示会&国際コンファレンス「Japan Drone 2019」(主催:一般社団法人日本UAS産業振興協議会/JUIDA)が、 3 月13日、千葉県の幕張メッセで開催された。15日まで。


陸上自衛隊東部方面隊がJUIDAと災害協定締結 陸自が大規模災害での情報収集にドローン活用

陸上自衛隊東部方面隊がJUIDAと災害協定締結 陸自が大規模災害での情報収集にドローン活用

陸上自衛隊東部方面隊は、一般社団法人日本UAS産業振興協議会(JUIDA)と「大規模災害発生時における災害応援に関する協定」を2月15日、締結した。陸自のみならず自衛隊がドローン関連団体と災害時協定を締結するのは初めて。


目視外飛行に向け福島RTFを使った実証実験実施 JUIDA、JUTM、JUAV3団体連携

目視外飛行に向け福島RTFを使った実証実験実施 JUIDA、JUTM、JUAV3団体連携

JUIDA、JUTMおよびJUAVの3団体は、昨年開所した福島 RTF の通信塔の機能を用いて、将来的な無人航空機の発展のために、福島 RTF において目視外飛行に向けた実証実験を1月23日開催し、今回その内容を公表した。


JUIDAが新春パーティー開催 鈴木理事長「2019年は飛躍元年」

JUIDAが新春パーティー開催 鈴木理事長「2019年は飛躍元年」

 日本UAS産業振興協議会(JUIDA)は1月30日、東京・元赤坂の明治記念館で「新春パーティー」を開き、会員、政府関係者、関係議員らが新春のあいさつを交わした。JUIDAの鈴木真二理事長は2019年を「ドローン飛躍元年」と展望した。


最新の投稿


米国初、CAPE社が米国連邦航空局(FAA)から目視外飛行(BVLOS)認証証明書を授与

米国初、CAPE社が米国連邦航空局(FAA)から目視外飛行(BVLOS)認証証明書を授与

2019年3月19日 – 米国カリフォルニア州。ドローンのテレプレゼンスとデータ管理のクラウドプラットフォームを提供するCAPE(米国)社は、FAAから史上初となるBVLOS 認証証明書(COA)を付与された。


VTOLを革新するPteroDynaimcs社のTranswing Parus5c

VTOLを革新するPteroDynaimcs社のTranswing Parus5c

PteroDynamics(米国カリフォルニア州)のVTOLドローンは、翼を回転させるというユニークな構造で、革新的な飛行性能を実現した。


シナジーテック、夜間捜索ドローン専用 照明キットを新発売

シナジーテック、夜間捜索ドローン専用 照明キットを新発売

株式会社シナジーテック(徳島県阿南市宝田町)は、 ドローンに搭載可能な、 超軽量、 全光束25,000ルーメンのLED照明ユニット「DL250」を開発、 販売を開始した。


ドローン大学校が修了生と共同事業、「ドローン送信機用モニター取付ネジ”DRONE TX SCREW”」の販売開始

ドローン大学校が修了生と共同事業、「ドローン送信機用モニター取付ネジ”DRONE TX SCREW”」の販売開始

ドローンビジネスの創造をビジョンとするドローン大学校は、修了生の丹羽雅裕氏が代表取締役を務める株式会社丹羽電機とのアライアンスによる「ドローン送信機(プロポ)用モニター取付ネジ”DRONE TX SCREW”」の製造・販売を開始する。


イーエムアイ・ラボが開発、レーザー測量用ドローン発売

イーエムアイ・ラボが開発、レーザー測量用ドローン発売

株式会社イーエムアイ・ラボ(長野県/ EMI-LAB)は、 UAVレーザー機の販売を3月から開始。