テラドローンが南アフリカ支社設立、アフリカ市場に進出

テラドローンが南アフリカ支社設立、アフリカ市場に進出

鉱業ソリューションに特化した南アフリカ支社設立。


 日本発のグローバルベンチャー企業のテラドローン株式会社(東京都渋谷区)は、アフリカ大陸に初めて進出し、鉱業向けソリューションを中心とした南アフリカ支社を設立すると発表した。
 今回、同社が南アフリカ共和国に支社を設立する狙いは、金やダイヤモンドの世界有数の産出国である同国の採掘量の増加と人的安全性を確保する必要性から、同社の持っている最先端マイニングソリューションを提供し、アフリカ産業のさらなる発展につなげることであるという。
 かつては世界一の金の採掘量を有した南アフリカ共和国だが、近年、採掘量の減少と他国の台頭により金採掘量が世界8位にまで低迷、鉱山の崩落や死亡事故などの頻発により人的安全性の確保が急務となっている。
 これらの問題を解決すべく同社の南アフリカ支社では、ドローンを用いたトータル鉱業向けソリューションを提供するこ。鉱業分野で活躍するドローンの地下マイニングの活用については、地下では衛星からのGPSが通じない状況や、暗くて狭い環境に適応するのが難しいため、使えるドローンや技術は限られている。これに対し、テラドローンでは、テラグループのInkonovaABの有する独自の地下マイニング技術を用いた坑内掘り向けのソリューションのサービス提供も既に開始した。
 同社の新支社設立で、南アフリカでの新規の雇用の創出、また安全性の向上による人的被害の削減、さらには、点検精度の上昇などによるコストカットを通じて課題解決に大きく寄与することが期待されている。また今後は、既に保有している技術を南アフリカ共和国にとどまらず、人口12億人にも上るアフリカ全土へ、さらに安全で質の高い鉱業ソリューションをアフリカから、世界へ発信していく予定としている。

■本件に関する問い合わせ
テラドローン株式会社
電話 : 03-6419-7193
メール: info.jp@terra-drone.co.jp
HP : http://www.terra-drone.net

この記事のライター

関連する投稿


テラドローン、早稲田大学共同で独自技術によるUAVレーザシステム「Terra Lidar」を開発

テラドローン、早稲田大学共同で独自技術によるUAVレーザシステム「Terra Lidar」を開発

テラドローンは早稲田大学スマート社会技術融合研究機構の鈴木太郎主任研究員と共同で、 独自技術によるUAVレーザシステム「Terra Lidar」の共同開発を完了した。 このシステムは鈴木研究員が内閣府総合科学技術・イノベーション会議が主導する革新的研究開発推進プログラム(ImPACT)において研究開発した技術を応用。


テラドローン、宇宙航空研究開発機構(JAXA)から有人機・無人機連携の実証実験の支援業務を受注

テラドローン、宇宙航空研究開発機構(JAXA)から有人機・無人機連携の実証実験の支援業務を受注

TerraDrone株式会社は、 10月12日、愛媛県原子力防災訓練で、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の下で参加し、 災害発生時に情報収集を行う有人ヘリコプターとドローンの衝突回避を目的とした実証実験の技術支援を行った。


テラドローンが西日本豪雨の災害復旧にドローンによるレーザー計測で貢献 北海道胆振東部地震など災害対応にドローン活用推進

テラドローンが西日本豪雨の災害復旧にドローンによるレーザー計測で貢献 北海道胆振東部地震など災害対応にドローン活用推進

2018年7月に発生した西日本豪雨は、西日本を中心に、河川の氾濫や洪水に土砂災害など多くの被害をもたらした。復興に向けて国土交通省は、テラドローン(東京)にドローンによるレーザー計測を依頼し、被災地の正確な状況を収集している。


テラドローン、屋根点検ソリューション「TERRA ROOFER」を提供開始

テラドローン、屋根点検ソリューション「TERRA ROOFER」を提供開始

テラドローン株式会社(東京都渋谷区)は、屋根点検ソリューションとして“TERRA ROOFER”の提供を9月13日から開始


テラドローン、ドローン専用自律航行管理ソフト「TERRA UTM」の提供開始

テラドローン、ドローン専用自律航行管理ソフト「TERRA UTM」の提供開始

テラドローン株式会社(東京都渋谷区)は、ドローン自律航行管理ソフト“TERRA UTM” の一般向けアプリの販売を、 8月20日、 開始した。


最新の投稿


センシンロボティクス、東京都主催「X-HUB TOKYO」の中国 香港・深セン進出支援コースに採択

センシンロボティクス、東京都主催「X-HUB TOKYO」の中国 香港・深セン進出支援コースに採択

ドローン分野として技術発展・情報発信を担う


インテルが新型RealSense Depth Camera D435iを発表

インテルが新型RealSense Depth Camera D435iを発表

2018年11月13日。半導体大手のインテル(米国)は、深度センサーとトラッキング機能を備えた新型RealSense Depth Camera D435iを発表した。


センシンロボティクス新社長に間下氏 11月9日付 出村氏は退任

センシンロボティクス新社長に間下氏 11月9日付 出村氏は退任

 ドローンを活用した太陽光発電設備向け点検自動化パッケージ「SOLAR CHECK」、ドローンの完全自動運用システム「DORONE BOX」など企業、自治体向けロボティクスソリューションを提供するセンシンロボティクスは、代表取締役社長の出村太晋氏が11月9日付で退任し、間下直晃取締役が代表取締役に就任したと発表した。


【慶大ドローン】レースチームRAIDENの中学生選手らが慶大院で講義 KPMG寄附講座「eSports論」で

【慶大ドローン】レースチームRAIDENの中学生選手らが慶大院で講義 KPMG寄附講座「eSports論」で

 ドローン研究、教育、社会実装に力を入れている慶應義塾大学が、大学院の講義に、ドローンチーム「DMM RAIDEN RACING」を招いた講義を行う。KPMGコンサルテフィングの寄付講座「eSports」の一環で、チームに所属する中学生プロレーサー、鈴木匠選手も大学院生を前に話をする予定だ。


Drone Fund 2号が37億円調達 下町ロケットのモデル、小橋工業が最大規模の出資

Drone Fund 2号が37億円調達 下町ロケットのモデル、小橋工業が最大規模の出資

 千葉功太郎氏が率いるドローンスタートアップ特化型のファンド、Drone Fund2号(正式名称:千葉道場ドローン部2号投資事業有限責任組合)は、ファンド規模がこれまでに37億円に達したと発表した。新たに加わった農業機械メーカー、小橋工業(岡山県)が最大の投資家になったことを公表。今後も最大50億円規模を目指す。