鹿児島県大崎町、マイクロドローンカメラを使った自治体PRムービー完成

鹿児島県大崎町、マイクロドローンカメラを使った自治体PRムービー完成

鹿児島県大崎町(鹿児島県曽於郡大崎町、町長:東 靖弘)は、 東京で最も予約が取りにくいと言われる恵比寿の日本料理店「賛否両論」とのコラボレーションで、フルHD画質のカメラを搭載した縦横11cm程度のマイクロドローンを使った大崎町のPRムービー『僕は、 カブトムシ』を10月31日から公開した。


フルHD画質のカメラを搭載した縦横11cm程度のマイクロドローンを使い、 自治体PRムービー製作

 鹿児島県大崎町(鹿児島県曽於郡大崎町、 町長:東靖弘)は、 東京で最も予約が取りにくいと言われる恵比寿の日本料理店「賛否両論」とのコラボレーションによるPRムービー『僕は、 カブトムシ』を10月31日から 公開した。
 このムービーは話題となっているフルHD画質のカメラを搭載した縦横11cm程度のマイクロドローンを使い、 まるで大崎町のシンボル「カブトムシ」になって空中を飛んでいるかのような目線で見ることができる新感覚映像の自治体PRムービーとなっている。

 鹿児島県大崎町は国内有数の食資源の宝庫で、 ふるさと納税額日本一(2015年町村の部)となる寄附金が集まっている。 映像では、 ふるさと納税を機に、 大崎町の生産者や児童たちと一流の料理人が出会い、 豊かな食材と全国の食卓が結びつく、 『「美味しい」が人をつなぐ町』を表現し、 視聴者に大崎町を応援してもらいたいというメッセージになっている。
 今回製作されたムービーは、 企画・構成を「ぷっすま」「秘密のケンミンSHOW」「ヒルナンデス」等に携わる放送作家「すずきB」氏が、 監督を「料理の鉄人」「クイズ$ミリオネア」「おかずのクッキング」等に携わる大谷卓氏が手掛けるなど、 人気テレビ番組を支えるスタッフ陣により制作された。
 マイクロドローンを使った新感覚の映像表現に加えて、 笠原氏による食育授業が行われた小学校や農園など大崎町内と、 東京の「賛否両論」店舗を舞台に、 カブトムシ主観で描かれるストーリーも見どころの一つとなている。

URL: http://www.furusato-kagoshima-osaki.jp/lp/  (大崎町PR特設サイト)

この記事のライター

関連する投稿


【慶大×田村市】RCラボの熊谷さん登壇 マイクロドローンとプログラミング体験で目がキラキラ!

【慶大×田村市】RCラボの熊谷さん登壇 マイクロドローンとプログラミング体験で目がキラキラ!

 福島県田村市にある県立船引高等学校で開催されているドローン特別講座は7月14日、国内ドローンレースの普及に力を入れている合同会社RCラボ、熊谷昭一さんを講師に迎え、マイクロドローンとプログラミングの面白さを伝える講義を展開した。


「マイクロドローン組立会」12月9日(土)秋田県仙北市

「マイクロドローン組立会」12月9日(土)秋田県仙北市

重量わずか30g!航空法の規制を受けない小型ドローンの組立会を開催します。


最新の投稿


センシンロボティクス、東京都主催「X-HUB TOKYO」の中国 香港・深セン進出支援コースに採択

センシンロボティクス、東京都主催「X-HUB TOKYO」の中国 香港・深セン進出支援コースに採択

ドローン分野として技術発展・情報発信を担う


インテルが新型RealSense Depth Camera D435iを発表

インテルが新型RealSense Depth Camera D435iを発表

2018年11月13日。半導体大手のインテル(米国)は、深度センサーとトラッキング機能を備えた新型RealSense Depth Camera D435iを発表した。


センシンロボティクス新社長に間下氏 11月9日付 出村氏は退任

センシンロボティクス新社長に間下氏 11月9日付 出村氏は退任

 ドローンを活用した太陽光発電設備向け点検自動化パッケージ「SOLAR CHECK」、ドローンの完全自動運用システム「DORONE BOX」など企業、自治体向けロボティクスソリューションを提供するセンシンロボティクスは、代表取締役社長の出村太晋氏が11月9日付で退任し、間下直晃取締役が代表取締役に就任したと発表した。


【慶大ドローン】レースチームRAIDENの中学生選手らが慶大院で講義 KPMG寄附講座「eSports論」で

【慶大ドローン】レースチームRAIDENの中学生選手らが慶大院で講義 KPMG寄附講座「eSports論」で

 ドローン研究、教育、社会実装に力を入れている慶應義塾大学が、大学院の講義に、ドローンチーム「DMM RAIDEN RACING」を招いた講義を行う。KPMGコンサルテフィングの寄付講座「eSports」の一環で、チームに所属する中学生プロレーサー、鈴木匠選手も大学院生を前に話をする予定だ。


Drone Fund 2号が37億円調達 下町ロケットのモデル、小橋工業が最大規模の出資

Drone Fund 2号が37億円調達 下町ロケットのモデル、小橋工業が最大規模の出資

 千葉功太郎氏が率いるドローンスタートアップ特化型のファンド、Drone Fund2号(正式名称:千葉道場ドローン部2号投資事業有限責任組合)は、ファンド規模がこれまでに37億円に達したと発表した。新たに加わった農業機械メーカー、小橋工業(岡山県)が最大の投資家になったことを公表。今後も最大50億円規模を目指す。