ドイツのMicrodronesがドバイのNavmatica Middle Eastを買収

ドイツのMicrodronesがドバイのNavmatica Middle Eastを買収

2018年11月1日、アラブ首長国連邦ドバイ。Microdrones(ドイツ)は地理空間サービスプロバイダーNavmatica Middle East(ドバイ)の買収を発表した。


世界で初めて商用クアッドコプタを開発したMicrodrones

MicrodronesのLiDAR搭載ドローン

 2005年にドイツで設立されたMicrodronesは、世界で初めて商用クアッドコプタを開発し、専門的なUAVソリューションを提供してきた。同社は独自に開発したドローンと最先端のセンサーを組み合わせ、測量、マッピング、建設、検査、精密農業、鉱業、その他の商業用途向けの高度なターンキーソリューションを実現している。
 同社は、継続的なグローバル展開の一環として、地理空間サービスプロバイダーのNavmatica Middle East(ドバイ)を買収した。2012年以来、Navmatica Middle East は測地測位、空中マッピング、モバイルマッピング、屋内マッピングに焦点を当てたサービスとカスタムソフトウェア開発を提供してきた。
 Microdronesのヴィヴィアン・ヘリアード・ドゥブレイユ(Vivien Heriard-Dubreuil)社長は「この買収は、アラブ首長国連邦のドバイにオフィスとチームを構え、中東の有望な市場に足場を確立するのに役立ちます。 Navmatica Middle East は、地理空間エンジニアリングのスペシャリスト、ソフトウェア開発者、システムエンジニアの経験豊富なチームにより、高品質の空間情報サービスと技術を顧客に提供した実績があります」と話す。
 また、MicrodronesにmdSolutionsのディレクターとして入社する前に、Navmatica Middle East を設立したモハメド・モスタファ(Mohamed Mostafa)博士は、以下のような計測やマッピングで、数多くの著名な国際プロジェクトで評価を得てきた。

・サウジアラビアのモバイルマッピングを使用したプロジェクトの高精度3Dマッピング
・ドバイの高精度測地測位
・オマーン国の空中マッピング
・ケニアの空中マッピング

 モスタファ博士は「今回の買収は、私と私のチームにとっての帰郷です。私はNavmatica Middle East の知識と経験をMicrodronesの仕事に統合することに興奮しています。拡張されたチームには、主要なデータ収集から最終的なマップ制作までのワークフローのマッピングの設計に関する専門家が含まれています。我々は数年間の学術的理論を活用して、Microdronesのお客様に、研修、ワークショップ、およびジオメトリアプリケーション用のドローンの使用に関するセミナーを支援する実践的な知識を適用することができます」と話す。

Navmaticaはカナダで2003年に創業した地理空間サービスプロバイダ

この記事のライター

関連する投稿


ドローンで水難救助デモ ドイツ・エルベ川でフロート投下

ドローンで水難救助デモ ドイツ・エルベ川でフロート投下

商用ドローンを手がけるドイツ企業のmicrodronesは、ドイツのライフガード協会であるDLRG Horneburg/Altes Land e.V.と協力し、ドローンが水難救助に活用可能なことを示すデモンストレーションを実施した。


最新の投稿


センシンロボティクス、東京都主催「X-HUB TOKYO」の中国 香港・深セン進出支援コースに採択

センシンロボティクス、東京都主催「X-HUB TOKYO」の中国 香港・深セン進出支援コースに採択

ドローン分野として技術発展・情報発信を担う


インテルが新型RealSense Depth Camera D435iを発表

インテルが新型RealSense Depth Camera D435iを発表

2018年11月13日。半導体大手のインテル(米国)は、深度センサーとトラッキング機能を備えた新型RealSense Depth Camera D435iを発表した。


センシンロボティクス新社長に間下氏 11月9日付 出村氏は退任

センシンロボティクス新社長に間下氏 11月9日付 出村氏は退任

 ドローンを活用した太陽光発電設備向け点検自動化パッケージ「SOLAR CHECK」、ドローンの完全自動運用システム「DORONE BOX」など企業、自治体向けロボティクスソリューションを提供するセンシンロボティクスは、代表取締役社長の出村太晋氏が11月9日付で退任し、間下直晃取締役が代表取締役に就任したと発表した。


【慶大ドローン】レースチームRAIDENの中学生選手らが慶大院で講義 KPMG寄附講座「eSports論」で

【慶大ドローン】レースチームRAIDENの中学生選手らが慶大院で講義 KPMG寄附講座「eSports論」で

 ドローン研究、教育、社会実装に力を入れている慶應義塾大学が、大学院の講義に、ドローンチーム「DMM RAIDEN RACING」を招いた講義を行う。KPMGコンサルテフィングの寄付講座「eSports」の一環で、チームに所属する中学生プロレーサー、鈴木匠選手も大学院生を前に話をする予定だ。


Drone Fund 2号が37億円調達 下町ロケットのモデル、小橋工業が最大規模の出資

Drone Fund 2号が37億円調達 下町ロケットのモデル、小橋工業が最大規模の出資

 千葉功太郎氏が率いるドローンスタートアップ特化型のファンド、Drone Fund2号(正式名称:千葉道場ドローン部2号投資事業有限責任組合)は、ファンド規模がこれまでに37億円に達したと発表した。新たに加わった農業機械メーカー、小橋工業(岡山県)が最大の投資家になったことを公表。今後も最大50億円規模を目指す。