DJIが日本でも公式にTB50およびTB55バッテリーを使用した飛行の注意を喚起

DJIが日本でも公式にTB50およびTB55バッテリーを使用した飛行の注意を喚起

2018年11月2日。DJIは、英国などで報告されている電力レベルの誤表示について調査中で、TB50およびTB55バッテリーを使用した飛行の注意喚起を公式に発表した。


Matrice 200シリーズおよびInspire 2への注意喚起

 DJIでは、少数のTB50およびTB55バッテリーの電力レベル誤表示により、飛行中に電力が失われたという報告を調査している。飛行の安全性と製品の信頼性は最優先事項であり、これらのバッテリーを搭載したドローンを操作する際は、適切な事前対応および注意して飛行するようユーザーに注意喚起している。さらに、DJIはドローンの飛行安全性を向上させるファームウェアのアップデートに取り組んでいる。
 DJIは、米国連邦航空局による人や車両上空での飛行禁止や、英国民間航空局のオフセット要件などの規則に厳密に従うことを強く推奨している。ドローンの電力が切れた場合に被害が発生する可能性のある人や財産の上空または近くで飛行しないように警告している。今後も情報を提供していくと表明しているが、クリティカルな場所での運用は控えることが、問題への対応策のひとつになると指摘する。
 DJIは、ユーザーができるだけ早く該当バッテリーの運用を再開できるように、バッテリーのファームウェアのアップデート公開に緊急で対応し、近日中に公開する予定。ユーザーには、いち早く知らされるという。
 また、最新のファームウェアが公開されるまでは、飛行前および飛行中にTB50またはTB55バッテリーの電圧を確認することを強く推奨し、その手順は以下になる。


【飛行前および飛行中の電圧確認方法】

1. バッテリー自体のインジケーターではなく、充電器のインジケーターに従ってバッテリーを完全に充電する。

2. ドローンにバッテリーを挿入し、電源を入れ、電圧が4.25V(満充電)を超えていることをアプリで確認する。

3. 飛行中は、常にアプリのバッテリーサブメニューでバッテリーの電圧を確認し、3.7V以上であることを確認する。

4. 少なくとも3.7Vの表示(フル充電の約30%)で飛行を終了し着陸するようにフライトを計画する。

5. 注意:安全飛行のため、飛行は目視内で運用する。

6. 被害が発生する可能性のある人や財産の上空での飛行をしない。




 TB55バッテリーはMatrice 200シリーズに使用され、TB50バッテリーはMatrice 200シリーズおよびInspire 2に使用されている。TB50と同様の電力管理ファームウェアを共有するTB55バッテリーの飛行中に電力障害が少数報告されている。DJIは、バッテリーの電力管理アルゴリズムを開発したバッテリーサプライヤーと協力し、障害の根本原因を調査し、ソリューションを開発中。
 DJIは、この問題に関連する可能性がある電力問題の最近の報告をすべて調査している。TB50またはTB55バッテリーに関連する電力関連の問題が発生していると思われるユーザーは、DJIカスタマーサービスに連絡するようにと、DJIでは喚起している。

https://www.dji.com/jp/support


この記事のライター

関連する投稿


11月28日にDJIがニューヨークでイベントを開催。新型Phantomの発表か?

11月28日にDJIがニューヨークでイベントを開催。新型Phantomの発表か?

海外の複数メディアが、米国DJIから電子メールでイベントの招待状が届いたと報じている。いくつかのメディアは、噂になっている新型Phantom 5(?)の発表会ではないかと推測している。


DJIとPEUGEOTがドローン映画フェスティバル2018-19を開催

DJIとPEUGEOTがドローン映画フェスティバル2018-19を開催

ドローンメーカーのDJI(中国)と、欧州第2位の自動車メーカーのPEUGEOT(仏)に、フランクフルトの豪華ホテルDiaoyutai Mansion Frankfurtは、2019年の春に「PEUGEOTドローン映画フェスティバル2018-19」のグランドファイナルを開催すると発表した。


マイクロソフトがDJI Windows SDKの公開プレビューを発表

マイクロソフトがDJI Windows SDKの公開プレビューを発表

2018年10月30日。ソフトウェア大手のマイクロソフト(米国)は、DJIが米国で開催したAirWorksと自社のブログで、アプリケーション開発用のDJI Windows SDKの公開プレビューを発表した。


DJI、産業用高性能ドローン「MAVIC 2 ENTERPRISE」を発表

DJI、産業用高性能ドローン「MAVIC 2 ENTERPRISE」を発表

DJI は、ドローンを産業用途に活用するユ ーザーや政府、教育機関を対象とした高性能な産業用ドローン「MAVIC 2 ENTERPRISE」を発表した。


DJIが北米における新しい空域データ提供者としてPrecisionHawkを選定

DJIが北米における新しい空域データ提供者としてPrecisionHawkを選定

2018年10月24日、PrecisionHawk,Inc(米国)は、ジオフェンシング技術を向上させるために、民間用のドローンおよび空中映像技術の世界的リーダーであるDJIとの提携を発表した


最新の投稿


センシンロボティクス、東京都主催「X-HUB TOKYO」の中国 香港・深セン進出支援コースに採択

センシンロボティクス、東京都主催「X-HUB TOKYO」の中国 香港・深セン進出支援コースに採択

ドローン分野として技術発展・情報発信を担う


インテルが新型RealSense Depth Camera D435iを発表

インテルが新型RealSense Depth Camera D435iを発表

2018年11月13日。半導体大手のインテル(米国)は、深度センサーとトラッキング機能を備えた新型RealSense Depth Camera D435iを発表した。


センシンロボティクス新社長に間下氏 11月9日付 出村氏は退任

センシンロボティクス新社長に間下氏 11月9日付 出村氏は退任

 ドローンを活用した太陽光発電設備向け点検自動化パッケージ「SOLAR CHECK」、ドローンの完全自動運用システム「DORONE BOX」など企業、自治体向けロボティクスソリューションを提供するセンシンロボティクスは、代表取締役社長の出村太晋氏が11月9日付で退任し、間下直晃取締役が代表取締役に就任したと発表した。


【慶大ドローン】レースチームRAIDENの中学生選手らが慶大院で講義 KPMG寄附講座「eSports論」で

【慶大ドローン】レースチームRAIDENの中学生選手らが慶大院で講義 KPMG寄附講座「eSports論」で

 ドローン研究、教育、社会実装に力を入れている慶應義塾大学が、大学院の講義に、ドローンチーム「DMM RAIDEN RACING」を招いた講義を行う。KPMGコンサルテフィングの寄付講座「eSports」の一環で、チームに所属する中学生プロレーサー、鈴木匠選手も大学院生を前に話をする予定だ。


Drone Fund 2号が37億円調達 下町ロケットのモデル、小橋工業が最大規模の出資

Drone Fund 2号が37億円調達 下町ロケットのモデル、小橋工業が最大規模の出資

 千葉功太郎氏が率いるドローンスタートアップ特化型のファンド、Drone Fund2号(正式名称:千葉道場ドローン部2号投資事業有限責任組合)は、ファンド規模がこれまでに37億円に達したと発表した。新たに加わった農業機械メーカー、小橋工業(岡山県)が最大の投資家になったことを公表。今後も最大50億円規模を目指す。