DJIが日本でも公式にTB50およびTB55バッテリーを使用した飛行の注意を喚起

DJIが日本でも公式にTB50およびTB55バッテリーを使用した飛行の注意を喚起

2018年11月2日。DJIは、英国などで報告されている電力レベルの誤表示について調査中で、TB50およびTB55バッテリーを使用した飛行の注意喚起を公式に発表した。


Matrice 200シリーズおよびInspire 2への注意喚起

 DJIでは、少数のTB50およびTB55バッテリーの電力レベル誤表示により、飛行中に電力が失われたという報告を調査している。飛行の安全性と製品の信頼性は最優先事項であり、これらのバッテリーを搭載したドローンを操作する際は、適切な事前対応および注意して飛行するようユーザーに注意喚起している。さらに、DJIはドローンの飛行安全性を向上させるファームウェアのアップデートに取り組んでいる。
 DJIは、米国連邦航空局による人や車両上空での飛行禁止や、英国民間航空局のオフセット要件などの規則に厳密に従うことを強く推奨している。ドローンの電力が切れた場合に被害が発生する可能性のある人や財産の上空または近くで飛行しないように警告している。今後も情報を提供していくと表明しているが、クリティカルな場所での運用は控えることが、問題への対応策のひとつになると指摘する。
 DJIは、ユーザーができるだけ早く該当バッテリーの運用を再開できるように、バッテリーのファームウェアのアップデート公開に緊急で対応し、近日中に公開する予定。ユーザーには、いち早く知らされるという。
 また、最新のファームウェアが公開されるまでは、飛行前および飛行中にTB50またはTB55バッテリーの電圧を確認することを強く推奨し、その手順は以下になる。


【飛行前および飛行中の電圧確認方法】

1. バッテリー自体のインジケーターではなく、充電器のインジケーターに従ってバッテリーを完全に充電する。

2. ドローンにバッテリーを挿入し、電源を入れ、電圧が4.25V(満充電)を超えていることをアプリで確認する。

3. 飛行中は、常にアプリのバッテリーサブメニューでバッテリーの電圧を確認し、3.7V以上であることを確認する。

4. 少なくとも3.7Vの表示(フル充電の約30%)で飛行を終了し着陸するようにフライトを計画する。

5. 注意:安全飛行のため、飛行は目視内で運用する。

6. 被害が発生する可能性のある人や財産の上空での飛行をしない。




 TB55バッテリーはMatrice 200シリーズに使用され、TB50バッテリーはMatrice 200シリーズおよびInspire 2に使用されている。TB50と同様の電力管理ファームウェアを共有するTB55バッテリーの飛行中に電力障害が少数報告されている。DJIは、バッテリーの電力管理アルゴリズムを開発したバッテリーサプライヤーと協力し、障害の根本原因を調査し、ソリューションを開発中。
 DJIは、この問題に関連する可能性がある電力問題の最近の報告をすべて調査している。TB50またはTB55バッテリーに関連する電力関連の問題が発生していると思われるユーザーは、DJIカスタマーサービスに連絡するようにと、DJIでは喚起している。

https://www.dji.com/jp/support


この記事のライター

関連する投稿


DJIと農薬業界最大手のシンジェンタジャパンが「農業ドローンと農薬の安心・安全」の実現に向けて業務提携へ覚書締結

DJIと農薬業界最大手のシンジェンタジャパンが「農業ドローンと農薬の安心・安全」の実現に向けて業務提携へ覚書締結

DJI JAPAN 株式会社(東京都港区)と、 シンジェンタジャパン株式会社(東京都中央区)は、日本の農業の持続的な発展に両社で貢献していくことを念頭に、業務提携に向けて覚書を 締結したと発表した。


DJI 、ドローン空撮データを収集、可視化、分析する「DJI TERRA」を発表

DJI 、ドローン空撮データを収集、可視化、分析する「DJI TERRA」を発表

3Dモデリングとマッピングソフトウェアが、ドローン空撮データをデジタル資産に変換し、分析と意思決定をサポート。


SkyPixel、2018 年 空撮コンテスト「Aerial Storytelling Contest」受賞者発表

SkyPixel、2018 年 空撮コンテスト「Aerial Storytelling Contest」受賞者発表

空撮写真コミュニティのSkyPixel は、2018 年の「Aerial Storytelling Contest」の受賞者を発表した。


【Japan Drone 2019】パートナーとの協業を前面に押し出すDJI Japan

【Japan Drone 2019】パートナーとの協業を前面に押し出すDJI Japan

DJI Japanの展示コーナーでは、メインのプレゼンテーション用ステージの他に、ソリューションや販売パートナーごとに小さな展示スペースを設けて、協力各社の説明員が来客の対応にあたっていた。


DJI JAPANが国際航業が提携、高精度 UAV 測量のための「Phantom 4 RTK写真測量講習プロ グラム」提供開始

DJI JAPANが国際航業が提携、高精度 UAV 測量のための「Phantom 4 RTK写真測量講習プロ グラム」提供開始

DJI JAPAN (東京都港区)と do (東京都千代田区)は、国際航業と業務提携し、高精度 UAV 測量を実 現するための講習プログラムを開発し、全国の提携講習団体が3 月から受講者の募集 を開始 する。


最新の投稿


都築電気、空飛ぶクルマの開発プロジェクト「CARTIVATOR」への協賛を決定

都築電気、空飛ぶクルマの開発プロジェクト「CARTIVATOR」への協賛を決定

都築電気株式会社(東京都港区)は、 空飛ぶクルマの開発を進める有志団体CARTIVATORへの協賛を決定。


テラドローン、テラドローンインド、インド工科大学(IIT)ハイデラバード校がインドにおけるドローン業界強化を目的とした三者間協定

テラドローン、テラドローンインド、インド工科大学(IIT)ハイデラバード校がインドにおけるドローン業界強化を目的とした三者間協定

テラドローン(東京都)は、テラドローンインドとインド工科大学(IIT)ハイデラバード校がインドにおけるドローン業界強化を目的とした三者間協定を締結し、インド工科大学ハイデラバード校に、世界初のドローンソリューション専門機関「センター・オブ・エクセレンス」を共同で設立した。


【国際ドローン展】カスタマイズ開発ドローンでビジネスを広げる日本サーキット

【国際ドローン展】カスタマイズ開発ドローンでビジネスを広げる日本サーキット

都内でDJI ARENAなどのトレーニング施設を運営している日本サーキット(神奈川県)は、DJI SDKを使ったカスタマイズ開発やオリジナルドローンを展示していた。


【国際ドローン展】パワフルな国産オリジナルドローンを開発する石川エナジーリサーチ

【国際ドローン展】パワフルな国産オリジナルドローンを開発する石川エナジーリサーチ

ドローンの開発・製造・操作技術などの最新テクノロジーを一堂に紹介する専門展示会の「第5回国際ドローン展」が4月17日から19日の3日間、千葉県の幕張メッセで開幕した。点検・メンテナンス、物流・輸送、警備・監視、災害対応、測量、撮影、農業など多岐にわたる産業分野のドローン関連企業が約40社が出展した。


迫力ある空撮映像を実現するFlying-Cam社(米国)のヘリコプター型ドローン

迫力ある空撮映像を実現するFlying-Cam社(米国)のヘリコプター型ドローン

Game of ThronesやMission Impossible 6で迫力ある空撮映像を実現している制作現場では、30年以上のキャリアがあるFlying-Cam社(米国)のヘリコプター型ドローンが活躍している。