国内初 ドローンで補助者なし「目視外」荷物輸送 福島 郵便局間9キロを16分【動画】

国内初 ドローンで補助者なし「目視外」荷物輸送 福島 郵便局間9キロを16分【動画】

日本郵便は7日、小型無人機「ドローン」を使った荷物輸送を福島県内の郵便局間で行った。操縦者が機体を視認できない範囲で運行する「目視外飛行」で、補助者をつけず航行したのは国内では初めて。南相馬市と浪江町の郵便局間の約9キロを、16分で飛行した。


補助者なし、目視外飛行で郵便局間9キロを16分で荷物輸送

目視外飛行で荷物を浪江郵便局まで輸送、着陸する日本郵便のドローン=11月7日、福島県浪江町

 日本郵便は7日、小型無人機「ドローン」を使った荷物輸送を福島県内の郵便局間で行った。操縦者が機体を視認できない範囲で運行する「目視外飛行」で、補助者をつけず航行したのは国内では初めて。南相馬市と浪江町の郵便局間の約9キロを、16分で飛行した。

 記念すべき初飛行は7日午前9時。南相馬市の小高郵便局屋上から浪江町の浪江郵便局の屋上まで、郵便局で使うチラシや書類など約2キロの荷物を運んだ。
 離陸を見守った同市の門馬和夫市長は、荷物の中に地元の小学生の描いた絵6枚と高校生が作ったお菓子を入れ、着陸地点で待つ浪江町の吉田数博町長に送ったことを明かし、「新たな復興の一歩。生活面での活動でいろいろな可能性を探っていきたい」と語った。

 機体は高さ48センチ、幅117センチ、重さ6・9キロ(バッテリー含む)。これまで両郵便局間の荷物は、軽自動車が約25分かけて運んできた。水平での最高時速72キロのドローンだと時間短縮のほか、人手不足が深刻な山間部や離島などでの業務効率化にも期待がかかる。浪江側で着陸を見届けた吉田町長は「物流の転換点になる。(地元に戻る)帰還者がまだ少ない中、ありがたい事業だ」と話した。

 航空法の規定で、ドローンは操縦者や補助者が常に目視で機体を確認する必要があったが、9月に規制が緩和され、高度150メートル未満で第三者の立ち入る可能性が低い場所での飛行などを条件に、目視外飛行が認められた。今回は緩和後、初の荷物輸送で、来年3月まで毎月第2、3週の火、水、木曜日に両郵便局間で実施。書類のほか、ゆうパック配送など実サービスでの活用の枠を広げ、全国での実用化を目指す。

 東日本大震災、東京電力福島第1原発事故からの復興を目指す福島県は、被災した浜通り地区を先端技術研究開発拠点とし、南相馬市に実験施設「福島ロボットテストフィールド」などを設置している。同市は国交省が進める国内5カ所のドローン配送実用化推進調査検証実験地の1つとなっている。

この記事のライター

関連する投稿


BVLOS(目視外飛行)の経済効果をSkylogic Researchがレポート

BVLOS(目視外飛行)の経済効果をSkylogic Researchがレポート

ドローン業界の大手調査会社のSkylogic Researchは、商用ドローンのBVLOS(目視外飛行)における経済効果を発表した。公開されたホワイトペーパーは、PrecisionHawkがスポンサーとなり同社のサイトから無料でダウンロードできる。


秩父市ドローン配送協議会が国内2例目となる目視外飛行を実施

秩父市ドローン配送協議会が国内2例目となる目視外飛行を実施

2019年1月25日。楽天、ゼンリン、東京電力ベンチャーズ、秩父市で構成する「秩父市ドローン配送協議会」が、国内で2例目となる補助者を配置しない目視外飛行で、約3kmのドローン配送を実施した。民間企業としては、国内初の成功例となる。


PwCセミナー、様々なレイヤーで活躍する企業が登場 「ドローンを利用した次世代のビジネス変革のすすめ」

PwCセミナー、様々なレイヤーで活躍する企業が登場 「ドローンを利用した次世代のビジネス変革のすすめ」

PwCが「ドローンを利用した次世代のビジネス変革のすすめ」というテーマで、ドローンビジネスの展望、目視外飛行等の法規制緩和や留意点について行政と民間の専門家によって解説するセミナーを11月22日、開催した。


日本郵便、11月7日にドローン輸送開始 「レベル3」を福島から実装へ

日本郵便、11月7日にドローン輸送開始 「レベル3」を福島から実装へ

 日本郵便株式会社は10月30日、ドローンによる輸送を11月7日に始めると発表した。輸送するのは福島県の小高郵便局(南相馬市)と浪江郵便局(浪江町)の約9キロの区間。日本郵便は10月26日に、国交省から補助者なしでの目視外飛行の承認を得ておりさっそく運用する。事実上、ロードマップの「レベル3」を実装することになる。


川俣高校の生徒11名が参加、「川俣町ドローンスクール」を開催 福島県・川俣町の新産業を高校生が創造

川俣高校の生徒11名が参加、「川俣町ドローンスクール」を開催 福島県・川俣町の新産業を高校生が創造

川俣高等学校(福島県伊達郡川俣町)で、 9月26日に第1回目となる「川俣町ドローンスクール」を開催。


最新の投稿


米国初、CAPE社が米国連邦航空局(FAA)から目視外飛行(BVLOS)認証証明書を授与

米国初、CAPE社が米国連邦航空局(FAA)から目視外飛行(BVLOS)認証証明書を授与

2019年3月19日 – 米国カリフォルニア州。ドローンのテレプレゼンスとデータ管理のクラウドプラットフォームを提供するCAPE(米国)社は、FAAから史上初となるBVLOS 認証証明書(COA)を付与された。


VTOLを革新するPteroDynaimcs社のTranswing Parus5c

VTOLを革新するPteroDynaimcs社のTranswing Parus5c

PteroDynamics(米国カリフォルニア州)のVTOLドローンは、翼を回転させるというユニークな構造で、革新的な飛行性能を実現した。


シナジーテック、夜間捜索ドローン専用 照明キットを新発売

シナジーテック、夜間捜索ドローン専用 照明キットを新発売

株式会社シナジーテック(徳島県阿南市宝田町)は、 ドローンに搭載可能な、 超軽量、 全光束25,000ルーメンのLED照明ユニット「DL250」を開発、 販売を開始した。


ドローン大学校が修了生と共同事業、「ドローン送信機用モニター取付ネジ”DRONE TX SCREW”」の販売開始

ドローン大学校が修了生と共同事業、「ドローン送信機用モニター取付ネジ”DRONE TX SCREW”」の販売開始

ドローンビジネスの創造をビジョンとするドローン大学校は、修了生の丹羽雅裕氏が代表取締役を務める株式会社丹羽電機とのアライアンスによる「ドローン送信機(プロポ)用モニター取付ネジ”DRONE TX SCREW”」の製造・販売を開始する。


イーエムアイ・ラボが開発、レーザー測量用ドローン発売

イーエムアイ・ラボが開発、レーザー測量用ドローン発売

株式会社イーエムアイ・ラボ(長野県/ EMI-LAB)は、 UAVレーザー機の販売を3月から開始。