Parrotが精密農業用ドローンParrot Bluegrass Fieldsを発表

Parrotが精密農業用ドローンParrot Bluegrass Fieldsを発表

2018年11月8日 - フランス。Parrot(仏)は、マルチスペクトルカメラを標準搭載した精密農業向けのドローンParrot Bluegrass Fieldsを発表し、アメリカなどで販売を開始した。価格は、$4,490(約50万円)


モバイルアプリと解析ソフトの1年間ライセンスも含むParrot Bluegrass Fields

製品には専用のバックパックと3つのバッテリーが含まれる

 Parrot Bluegrass Fieldsは、カーボンファイバー製の機体で、最大25分の飛行が可能。製品パックには、3つのバッテリーが含まれる。機体の前方には14MPの広角カメラが装備され、フルHDの動画や360p/720pのビデオストリーングを送信できる。最大の特長は、マルチスペクトルカメラのSequoiaを標準で装備していること。64GBの内蔵ストレージを備えたSequoiaは、1.2メガピクセルの解像度で1280×960ドットの画像を記録できる。4つのバンドは、グリーンが550nm±40nm、レッドが660nm±40nm、レッドエッジが735nm±10nm、近赤外線が790nm±40nmになる。そして、RGBカメラは16メガピクセルの解像度で4608×3456ドットの画像を撮影できる。
 カバーできる農地の範囲は、高度122mで65ヘクタール。また、10mで0.9m/px以下の高解像度で画像を取得できる。

マルチスペクトルカメラのSequoiaを同梱

 Parrot Bluegrass Fieldsは、農業用のPix4DFieldsマッピングソフトウェアが利用できる。Pix4DFieldsは、新しい即時処理エンジン(処理時間50分/ 1分で123分)でフィールド内の変動をより迅速に特定し、詳細な作物パフォーマンス分析のための定義済み、またはカスタムのインデックスマップを生成する。また、さまざまなデータレイヤーを並べて比較して作物の傾向を視覚化できる。そして、より正確な肥料配布に向けた包括的なゾーニングと処方箋マップも作成する。さらに、より詳細な検査のために、フィールド境界をインポートまたは描画し、トリミングした「フォーカスエリア」に注釈も付けられる。データは、既存の農業ワークフローへのシームレスな統合のため、処方箋をトラクターまたは農場経営情報システムにエクスポートできる。
 モバイルアプリとPix4DFieldsは、初年度の利用ライセンスは価格に含まれるが、翌年からは別途に料金がかかる。

飛行中にリアルタイムでNDVIマップを生成

この記事のライター

関連する投稿


Parrotが本国で100名のレイオフを計画

Parrotが本国で100名のレイオフを計画

2018年11月23日、パリ。ドローン大手のParrot(フランス)は、2018年第三四半期の収支報告書で、縮小するコンシューマ向けドローン市場に対応するために、100名のレイオフを計画していると発表した。


Delair(仏)が農業・林業の大規模測量に最適化された新しいUAV UX11 Agを発表

Delair(仏)が農業・林業の大規模測量に最適化された新しいUAV UX11 Agを発表

2018年11月6日-フランス、トゥルーズ。商業用UASソリューションのサプライヤであるDelair(仏)は、農業向けに最適化された新しいUASプラットフォームのDelair UX11 Agを発表した。


精密農業に最適化されたPix4Dfieldsが発表される

精密農業に最適化されたPix4Dfieldsが発表される

ドローン用画像解析ソフトを開発するPix4D(スイス)は、精密農業に最適化されたPix4Dfieldsを発表した。


Parrot、ズーム付き4K HDRカメラを搭載した「ANAFI」が登場

Parrot、ズーム付き4K HDRカメラを搭載した「ANAFI」が登場

Parrot(フランス)は、新型ドローンANAFIを発表した。4K HDRカメラを搭載し、180度のチルト機構と2.8倍のズーム機能を備えている。コンパクトに折りたたんで運べる設計で、AIによる自動飛行モードも備え25分の飛行を可能にする。(田中亘)


精密農業の世界市場は2023年に95.3億ドル(約1兆円)と予測

精密農業の世界市場は2023年に95.3億ドル(約1兆円)と予測

市場調査会社のRESEARCH&MARKETS社(米国)は、2018年の精密農業市場が50.9億ドル(約5,650億円)に達すると予測し、CAGRが13.38%で2023年には95.3億ドル(約1兆円)になるとの予測を発表した。(田中亘)


最新の投稿


台湾の代理店がDJIの新しい農業用ドローンの動画を公開

台湾の代理店がDJIの新しい農業用ドローンの動画を公開

2018年12月4日。先創國際股份有限公司(台湾)は、YouTubeにDJIのT16という新型の農業用ドローンの動画を公開した。16リットルのタンクで1分間に4.8リットルの噴霧が可能。


LIFT AIRCRAFTが世界初のパーソナルフライングマシンを発表

LIFT AIRCRAFTが世界初のパーソナルフライングマシンを発表

2018年12月12日。LIFT AIRCRAFT(アメリカ)は、世界初のパーソナルフライングマシンを発表し、2019年から飛行予約をスタートすると自社サイトで案内している。


【慶大×田村市】船引高校で特別講座開催 課題は「〇」と「8」を描くこと…やすやすと

【慶大×田村市】船引高校で特別講座開催 課題は「〇」と「8」を描くこと…やすやすと

 ドローン研究に取り組んでいる慶大が指導する福島県立船引高校(福島県田村市)で、ドローン特別講座が開かれ、特設ドローン部の高校生たちが、ドローン初心者の当面の目標である、「〇」や「8」の操作課題を与えられた。やすやすとこなす腕前を披露する徒もいて、操縦の上達が目覚ましい。


DRONE MEDIAが12月27日に「ドローン忘年会」開催 各メディア編集長の座談会や表彰式も

DRONE MEDIAが12月27日に「ドローン忘年会」開催 各メディア編集長の座談会や表彰式も

 ドローン専門サイトとして国内の草分け的存在、DRONE MEDIAが12月27日、「ドローン忘年会」を開きます。今年1年をふりかえり、来年を展望しようという企画です。目玉企画は「各編集長と振り返る2018年のドローン業界」。DroneTimesからも副編集長の村山繁がお邪魔します。楽しみっ!


【慶大×田村市】ドロコンたむらが定例会開催 慶大・南氏、豊富な動画で紹介

【慶大×田村市】ドロコンたむらが定例会開催 慶大・南氏、豊富な動画で紹介

 福島県田村市でドローンの利活用に関心を寄せる有志が創設した異業種コミュニティー、「ドローンコンソーシアムたむら」が12月13日、定例会を開いた。慶大ドローン社会共創コンソーシアムの南政樹副代表が、「ドローンの可能性と具体例について」と題し、映像をふんだんに使い、利活用の事例を紹介した。