トライポッドワークス、AI映像解析を拡充 暗闇でも個体識別や色の認識が可能に

トライポッドワークス、AI映像解析を拡充 暗闇でも個体識別や色の認識が可能に

 映像情報を軸にIoTサービスを展開するトライポッドワークスは、映像認識AIを使った映像解析サービスに、ドローン映像、夜間映像も対応させると発表した。牧場での放牧牛の頭数管理や、明かりのない夜間など肉眼では認識不可能な暗闇の下での個体識別などが可能になる。夜間を含む設備点検、災害対策、セキュリティなどでの需要を見込む。


NTTコム「Deeptector」、キヤノン「ME20F-SH」など採用

 サービス拡充にあたり、トライポッドワークスはNTTコムウェアの画像認識プラットフォーム「Deeptector」を採用。ドローンはイームズロボティクス(福島市)と連携することにした。

 また夜間撮影にはキヤノンの超高感度カメラ「ME20F-SH」を使い、肉眼では暗闇と感じる星明り程度(最低被写体照度0.0005lux以下、ISO感度400万相当)の環境下でも昼間のように可視光撮影が可能になる。

 今回の拡充で、暗闇の中での人物検知、災害時の避難場所での人数確認、夜間の高速道路の危険物点検など、業務の用途は多岐にわたるという。たとえば牧場で牛を放牧するさいに、最も負担の大きい作業のひとつと言われている頭数管理は、従来は、人手による目視管理頼みで、管理頭数と実際のカウントが1頭でも異なれば、認証番号確認が求められてきたが、このシステムを使うと頭数カウント、個体識別がシステムでできるようになる。

 トライポッドワークスはこれまで、映像解析技術を建設、農業、保育などの分野で役立ててきた実績を持つ。建設現場ではタイムラプス映像による施工管理サービス「ViewCamStation」を提供してきた。保育所向けに乳児午睡見守り支援システム「べびさぽ」は、特定非営利活動法人キッズデザイン協議会主催、経済産業省、内閣府などが後援した「第12回キッズデザイン賞」にも選ばれた。福島ロボットテストフィールドでは農業向けサービスにも取り組んでいる。

 同社の佐々木賢一社長は「実際に困りごとを解決することにこれからも取り組んでいく」と話している。

トライポッドワークスの夜間映像:
https://www.youtube.com/watch?v=bc61UhA5wGo

トライポッドワークス:
https://www.tripodworks.co.jp/

NTTコムウェア「Deeptechtor」:
https://www.nttcom.co.jp/smartcloud/ai/deeptector/

イームズロボティクス
https://eams-robo.co.jp/

キヤノン「ME20F-SH」:
https://cweb.canon.jp/bctv/lineup/multipurpose/index.html

真夜中の牧場で、トライポッドワークスがドローンと超高感度カメラ「ME20F-SH」などを用いた映像解析技術を使うと、頭数管理、個体識別が可能だ。暗闇だが芝の色が緑色にみえる

クルマの識別も可能だ

この記事のライター

関連する投稿


KDDI、「5G」ドローンを用いた4K映像のリアルタイム伝送に成功

KDDI、「5G」ドローンを用いた4K映像のリアルタイム伝送に成功

KDDIは、東京大学、トライポッドワークス、プロドローンと共同で、6月8日、災害救助や撮影サービスなどに活用できる次世代移動通信システム5Gからのリアルタイム4K映像伝送実験に成功したと発表した。


【橋梁・トンネル技術展】トライポッドワークス、1日の録画映像を短時間で確認できるシステム「ViewCamStation」を提供

【橋梁・トンネル技術展】トライポッドワークス、1日の録画映像を短時間で確認できるシステム「ViewCamStation」を提供

トライポッドワークス株式会社では、様々な現場の1日の状況が30秒で分かる映像解析サーバーの「ViewCamStation」をメーンにPRしていた。


ドローンとプロジェクションマッピングで立体映像&音響 湯河原「頼朝の窟」が8~12日に開催!

ドローンとプロジェクションマッピングで立体映像&音響 湯河原「頼朝の窟」が8~12日に開催!

 神奈川県湯河原町は8日から12日にかけて、町内の梅の名所、湯河原梅林内の幕山公園で、光と音で歴史を表現した映像演出「頼朝の窟~2017~」を開催する。地元に伝わる頼朝の逸話を題材に、LED、フラッシュライトを積んだドローンを飛ばし、プロジェクションマッピングを投影、立体音響で演出する。入場無料。


アイネットとトライポッドワークス、ドローンIoTプラットフォーム事業に参入で提携へ

アイネットとトライポッドワークス、ドローンIoTプラットフォーム事業に参入で提携へ

株式会社アイネットとトライポッドワークス株式会社は事業提携を行い、新たなデジタルトランスフォーメーションを実現するためドローン(小型無人航空機)を活用したIoTプラットフォーム事業を展開すると発表した。


最新の投稿


台湾の代理店がDJIの新しい農業用ドローンの動画を公開

台湾の代理店がDJIの新しい農業用ドローンの動画を公開

2018年12月4日。先創國際股份有限公司(台湾)は、YouTubeにDJIのT16という新型の農業用ドローンの動画を公開した。16リットルのタンクで1分間に4.8リットルの噴霧が可能。


LIFT AIRCRAFTが世界初のパーソナルフライングマシンを発表

LIFT AIRCRAFTが世界初のパーソナルフライングマシンを発表

2018年12月12日。LIFT AIRCRAFT(アメリカ)は、世界初のパーソナルフライングマシンを発表し、2019年から飛行予約をスタートすると自社サイトで案内している。


【慶大×田村市】船引高校で特別講座開催 課題は「〇」と「8」を描くこと…やすやすと

【慶大×田村市】船引高校で特別講座開催 課題は「〇」と「8」を描くこと…やすやすと

 ドローン研究に取り組んでいる慶大が指導する福島県立船引高校(福島県田村市)で、ドローン特別講座が開かれ、特設ドローン部の高校生たちが、ドローン初心者の当面の目標である、「〇」や「8」の操作課題を与えられた。やすやすとこなす腕前を披露する徒もいて、操縦の上達が目覚ましい。


DRONE MEDIAが12月27日に「ドローン忘年会」開催 各メディア編集長の座談会や表彰式も

DRONE MEDIAが12月27日に「ドローン忘年会」開催 各メディア編集長の座談会や表彰式も

 ドローン専門サイトとして国内の草分け的存在、DRONE MEDIAが12月27日、「ドローン忘年会」を開きます。今年1年をふりかえり、来年を展望しようという企画です。目玉企画は「各編集長と振り返る2018年のドローン業界」。DroneTimesからも副編集長の村山繁がお邪魔します。楽しみっ!


【慶大×田村市】ドロコンたむらが定例会開催 慶大・南氏、豊富な動画で紹介

【慶大×田村市】ドロコンたむらが定例会開催 慶大・南氏、豊富な動画で紹介

 福島県田村市でドローンの利活用に関心を寄せる有志が創設した異業種コミュニティー、「ドローンコンソーシアムたむら」が12月13日、定例会を開いた。慶大ドローン社会共創コンソーシアムの南政樹副代表が、「ドローンの可能性と具体例について」と題し、映像をふんだんに使い、利活用の事例を紹介した。