インテルが新型RealSense Depth Camera D435iを発表

インテルが新型RealSense Depth Camera D435iを発表

2018年11月13日。半導体大手のインテル(米国)は、深度センサーとトラッキング機能を備えた新型RealSense Depth Camera D435iを発表した。


慣性計測ユニット(IMU)を搭載した最新モデル

 新モデルのRealSense Depth Camera D435iには、リニア加速度計とジャイロスコープを組み合わせた慣性計測ユニット(IMU)が搭載され、3軸の回転と平行移動を検出し、ピッチ、ヨー、ロールを計測できる。
 Intel RealSense グループの副社長兼ゼネラルマネージャーのサジ・ベン・モシェ(Sagi Ben Moshe)氏は「「Intel RealSenseテクノロジは、世界を3Dで認識するデバイスやマシンを通じて人々の生活を豊かにする製品を構築するために使用されています。RealSense D435iは、IMUを追加することで、開発者が動きや深さを追跡するための新たな課題に取り組むことができます」と話す。
 インテルRealSense D435iは、オープンソースのRealSense SDK 2.0上で動作し、IMUのサポートを含み、いくつかのプログラミング言語にわたる迅速で簡単な開発が可能。開発者は、実環境または仮想環境と対話するためのプロトタイプを素早く作成できる。
 また、インテル RealSense D435iは、オリジナルのインテル RealSense D435デプス・カメラと同じ90 mm x 25 mm x 25 mmサイズで、より高度な深度センシングとトラッキングを備えたアプリケーションを開発するための追加データセットを提供する。新たに追加されたIMUは、高密度3Dモデル再構成のための追加のデータポイントを提供し、ゲーム、ポインティングデバイス、画像安定化などのアプリケーションで使用できる。
 主な用途としては、ドローンや無人システムとロボットのナビゲーションと安定化に活用できる。また、フィットネスやロボットでの追跡のオリエンテーションに、ゲームとロボットのためのモーション検知とジェスチャ認識、さらに拡張現実と仮想現実のヘッドマウントデバイスのための回転追跡などにも応用が可能。

Intel RealSense D435iカメラは、現在予約注文が可能。出荷は、11月26日予定している。

この記事のライター

関連するキーワード


Intel D435i RealSense Depth Camera

関連する投稿


韓国や中国の文化遺産を記録するインテルのFalcon 8+

韓国や中国の文化遺産を記録するインテルのFalcon 8+

米国の半導体大手メーカーのインテルは、韓国や中国の文化遺産を守るために、Intel Falcon 8+ドローンを使い、3Dモデルの作成に取り組んでいる。


米国インテルはNASAやFAAと協力してOpen Drone IDの開発を推進

米国インテルはNASAやFAAと協力してOpen Drone IDの開発を推進

2018年8月15日、オクラホマ州デュラント。Intelのドローンチームのメンバーは、オクラホマ州でIntel Falcon 8+ドローンやモバイルアプリのOpen Drone IDを使い、NASAやFAA(連邦航空局)と協力して、UAS統合パイロットプログラムのイベントに参加した。


オーストラリアのAirscope社がドローンの画像からリソース資産の3次元モデリングを開発

オーストラリアのAirscope社がドローンの画像からリソース資産の3次元モデリングを開発

オーストラリアのパースで、リソース資産の検査や視覚化を事業にしているAirscope社は、インテルのFalcon 8+ドローンを活用して、石油ガス施設の撮影画像から3-Dモデリングによる仮想キャンバスの開発に成功した。


INTELとCYBERHAWKがドローンによるガスターミナルの検査で1日100万〜500万ドルを削減

INTELとCYBERHAWKがドローンによるガスターミナルの検査で1日100万〜500万ドルを削減

半導体最大手の米国INTELと英国に本社のあるCYBERHAWKは、スコットランドのSt Fergusにあるガスターミナルで、インテルのFalcon 8+システムを使用した検査に成功した。その削減効果は、1日100万〜500万ドル(約1.1億〜5.5億円)に匹敵するという。


インテルのドローン300機がLAの夜空にワンダーウーマンを描き出す

インテルのドローン300機がLAの夜空にワンダーウーマンを描き出す

米国時間9月14日。インテルは、300機のIntel Shooting Starドローンで、ワーナーブラザーズの映画ワンダーウーマンのプロモーションに協力し、ロサンゼルスの夜空に剣を構えたティアラの姿を描き出した。


最新の投稿


テラドローン、豪のC4D Intelを買収、新会社Terra Drone Australia設立 海外拠点10社に

テラドローン、豪のC4D Intelを買収、新会社Terra Drone Australia設立 海外拠点10社に

テラドローン株式会社(東京都渋谷区)は、 欧州・アフリカ支社に続き、 C4D Intel(豪) に大型出資契約の締結を完了、 鉱業分野、 オイル&ガス等エネルギー分野のドローン活用拡大を目指す新会社Terra Drone Australiaを設立したと発表した。


バヌアツ、83の島々の子どもたちにワクチンをドローン輸送 試験運用実施

バヌアツ、83の島々の子どもたちにワクチンをドローン輸送 試験運用実施

バヌアツの保健大臣のノリス・ ジャック・カルメは、 同国の島々に住む子どもたちにワクチンを届ける、 ドローンによる輸送試験が公式に開始されたと12月5日、発表した。


サン電子とドコモ、5GとARスマートグラスを活用したドローンの遠隔支援で実証実験開始

サン電子とドコモ、5GとARスマートグラスを活用したドローンの遠隔支援で実証実験開始

 サン電子株式会社と株式会社NTTドコモ東海支社は、第5世代移動通信方式(5G)と、サン電子のARスマートグラス「AceReal One」を活用したドローンの遠隔支援などの実証実験を12月4日から開始した。


米国の橋梁点検で効果を発揮するインテルのドローンソリューション

米国の橋梁点検で効果を発揮するインテルのドローンソリューション

米半導体大手のインテルは、米国の2つの輸送部門と協力して、オハイオ州とケンタッキー州を結ぶダニエル・カーター・ビアード・ブリッジとミネソタ州のストーン・アーチ・ブリッジの手動検査をドローンで補完して、橋の検査を改善したと12月5日、発表した。


国際航業ドローンスクール・ドローンタイムズのスタッフが三次元計測まで挑戦

国際航業ドローンスクール・ドローンタイムズのスタッフが三次元計測まで挑戦

ドローンの操縦技術から3次元計測の実践スキルを一貫して習得できる国際航業のドローンスクールに、ドローンタイムズのスタッフが挑戦した。果たして、JUIDA認定カリキュラムをクリアして、彼らは晴れてドローンパイロットになれるのだろうか。