茂原市とブルーイノベーション、最新ドローン技術の展示会開催、地元企業にビジネスマッチングの機会提供

茂原市とブルーイノベーション、最新ドローン技術の展示会開催、地元企業にビジネスマッチングの機会提供

千葉県茂原市(市長:田中 豊彦)とブルーイノベーション株式会社(東京都文京区、社長:熊田貴之)は、県内外の先端企業9社が最新ドローン技術を展示する「もばらドローン EXPO 2018」を、11月16日、茂原市市民体育館で開催し、茂原市内および近隣の企業と のビジネスマッチングの場を提供した。


 千葉県茂原市(市長:田中 豊彦)とブルーイノベーション株式会社(東京都文京区、社長:熊田貴之)は、県内外の先端企業9社が最新ドローン技術を展示する「もばらドローン EXPO 2018」を、11月16日、茂原市市民体育館で開催し、茂原市内および近隣の企業と のビジネスマッチングの場を提供した。

 茂原市役所企画財政部企画政策課政策推進室の渡部智之室長によると「市内および近隣の多くの企業、中でも建設・土木事業者、施設管理事業者や農業従事者を中心に生産性向 上や新規事業イノベーションの面でドローンを活用してみたいとの関心は高い。しかし実際にドローンに触れ、飛行する場面を見たり、またドローン事業を推進している企業スタッフから直接説明を受けたりする機会が少ないことから、今回の展示会を企画した」と展示会の話す。ブルーイノベーションは、同市の地方創生、新事業創出の促進を図る目的に協力し、ドローンを活用した事業を行う先端企業9社を集めた。

長時間ドローンを開発する加賀電子

 エレクトロニクスの総合商社・加賀電子株式会社 (東京都千代田区)は有線給電方式のDJI PhantomやMatrice 600をベースにした混合燃料で発電しながら飛行するため長時間飛行を可能としたハイブリッドドローンを展示した。ハイブリッドドローンは低振動、軽量、高出力の中国のRichen Power社製のハイブリッド発電機「H2」を搭載することで、1時間以上フライトできるようになった。屋外で行われたデモ飛行では、多くのギャラリーが見守る中、エンジン音が大きいことを除けば安定した飛行を披露した。

デモフライトを行う長時間飛行を可能とした加賀電子のハイブリッドドローン=11月16日、千葉県茂原市の茂原市市民体育館

オープンソースプログラムで様々なドローンの可能性を追求するTeam ArduPilot Japan

 全世界で100万ユーザーを有すると言われるオープンソースプログラムArduPilotで空域、陸上、海上、海中の全てのレンジで運用できるドローン開発を行うTeam ArduPilot Japan(チーム・アルデュパイロット・ジャパン) は、屋内などの非GPS環境下で自動飛行させるSLAMを用いた自動室内巡回監視ドローンや物流に適した長時間、長距離飛行が可能な固定翼タイプのVTOL(無人垂直離着陸機)を展示した。SLAMを用いた自動室内巡回監視ドローンのデモ飛行では、自動で飛行、指定された地点への着陸までを来場者に見せた。Team ArduPilot Japanでは、ドローンだけでなく陸上のローバーから水中までArduPilotで開発を行っている。

非GPS環境下で自動飛行させるSLAMを用いた自動室内巡回監視ドローン。小宮光裕氏はプロポを掲げ、操作を行っていないことを示した。

会場でひときわ目を引くVTOL機。

BlueEarthPlatformでオートメーション化社会を実現を目指すブルーイノベーション

 ブルーイノベーション(東京都文京区)ブースでは、スイスのFlyability(フライアビリティ) 社製の屋内狭小空間での点検などに適した球体のフレームに包まれた「ELIOS」と操縦者とGPSに頼らない自動航行システムなど新技術を搭載した「T-FREND」を展示した。ELIOSは日本国内での実証実験を繰り返し、最近は実際の現場への導入事例も増え、今月中に導入実績の詳細が発表される予定だ。T-FRENDもすでにオフィス内で運用が開始され、こちらも近く公開される。
 ブルーイノベーションは、ひとつの指示で自動的に業務を 達成できるオートメーション化社会を実現するため、複数のドローン・ロボットを協調・連 携させて複雑なミッションを達成させる BlueEarthPlatform(BEP)を開発 した。

スイスのFlyability社製の球体ドローン「ELIOS」。

ドローンスクールで人材育成を行う茂原市から唯一の出展企業の双葉電子工業

 ドローン、ラジコン用送受信器(プロポ)の開発、販売を手がけている双葉電子工業株式会社は、茂原市から唯一の出展企業となった。今回は同社がが運営しているFutabaドローンスクールを紹介した。月に1〜2回のペースで開講、経験豊富な 社内講師が、実技や運用に必要な航空 法等の講義を展開している。

スクールで使う練習用ドローンはプロペラが下向きに、バッテリーは上に付けられわざとバランスを崩し、飛行の難度を難しくしている。

超高画素カメラや一度のフライトで多くの情報が得られるセンサーカメラを提案するジェピコ

 株式会社ジェピコ(東京都新宿区)は1億5千万画素、1億画素という超高画素カメラによって点検作業が効率化できることを紹介。また計測用小型Lidarシステム(GLQ_Plus miniLidar System)、精密農業などのリモートセンシングで最近活用事例の増えたMicasense ALTUMセンサーなどを展示した。Micasense ALTUMセンサーは熱画像、マルチスペクトラム画像、高解像度画像を1回のフライトで得られることで人気があるという。

精密農業の現場で活用事例の多いMicasense社のセンサーカメラ(左)とPhase ONE社の超高画素カメラ。

 他にもドローン運用統合管理サービスを提供する株式会社日立システムズ(東京都品川区)、ドローンやローバーなどを顧客の要望に合わせ開発を行う株式会社イームズラボ(埼玉県ふじみ野市)、ドローン事業部を立ち上げ設備点検、測量、農業などのドローン活用が期待される分野でドローン運航支援・代 行を行う株式会社ミライト・テクノロジーズ (大阪府大阪市)が先進的に取り組むドローン事業を来場者にアピールした。
 来場したドローンに興味がある企業の担当者にとって、出展者による詳しい事業説明や展示飛行など、直接話ができ、ビジネスマッチングの場も提供された今年で2回目となるこの展示会は有意義だったに違いない。地方自治体が推進するこのようなドローン展示会は、地方の企業振興、地方創生という側面からも重要と考える。

出展者の説明を熱心に聞く来場者。

この記事のライター

関連する投稿


JUIDA、ブルーイノベーション、損保ジャパンが「SORAPASS care」リリース 飛行支援地図と保険がスマホで簡単に 

JUIDA、ブルーイノベーション、損保ジャパンが「SORAPASS care」リリース 飛行支援地図と保険がスマホで簡単に 

 一般社団法人日本 UAS 産業振興協議会(JUIDA)、ブルーイノベーション株式会社、損害保険ジャパン日本興亜株式会社は、ドローンユーザーの安全な飛行を支援するため、ドローン飛行支援地図サービスと保険をセットにした「SORAPASS care」を12月5日に発売した。保険は業務用、ホビー用のいずれにも対応する。


ブルーイノベーション、球体点検ドローンELIOSの運用事例発表

ブルーイノベーション、球体点検ドローンELIOSの運用事例発表

 ブルーイノベーション株式会社は、今年3月に業務提携したスイスのFlyability社製の点検用球体ドローン「ELIOS」の活用事例を11月29日、表した。下水道やボイラー室内といったGPSの届かない屋内の狭小で暗所での点検作業が期待され、機体の販売、同社に依頼される運用件数も増加している。


茂原市とブルーイノベーション、もばらドローン EXPO2018 を11月16日開催

茂原市とブルーイノベーション、もばらドローン EXPO2018 を11月16日開催

千葉県茂原市(市長:田中 豊彦)とブルーイノベーション株式会社(東京都文京区)は、県内外から世界の最新ドローン技術を展示・披露し、茂原市内および近隣の企業と のビジネスマッチングの場を提供する「もばらドローン EXPO2018」を、11 月 16 日に開催する。


ブルーイノベーション、子供たちがで遊びながらできるプログラミングとドローンの体験型イベント開催 横浜・八景島シーパラダイス

ブルーイノベーション、子供たちがで遊びながらできるプログラミングとドローンの体験型イベント開催 横浜・八景島シーパラダイス

ブルーイノベーションは、株式会社横浜八景島(神奈川県横浜市)と共同で、遊びながらプログラミ ングを学べ、最先端のロボット技術であるドローンを操作する体験型イベントを横浜・八景島シーパラダイスで11月に開催。


AIを活用したドローンによるインフラ点検を拡充することで強化した、日立ドローンプラットフォームを提供開始

AIを活用したドローンによるインフラ点検を拡充することで強化した、日立ドローンプラットフォームを提供開始

株式会社日立製作所(執行役社長兼CEO:東原 敏昭/以下、日立)、株式会社日立システムズ(代表取締役 取締役社長:北野 昌宏/以下、日立システムズ)、株式会社日立ソリューションズ(取締役社長:星野 達朗/以下、日立ソリューションズ)は、AIを活用したインフラ点検を拡充した。


最新の投稿


テラドローン、豪のC4D Intelを買収、新会社Terra Drone Australia設立 海外拠点10社に

テラドローン、豪のC4D Intelを買収、新会社Terra Drone Australia設立 海外拠点10社に

テラドローン株式会社(東京都渋谷区)は、 欧州・アフリカ支社に続き、 C4D Intel(豪) に大型出資契約の締結を完了、 鉱業分野、 オイル&ガス等エネルギー分野のドローン活用拡大を目指す新会社Terra Drone Australiaを設立したと発表した。


バヌアツ、83の島々の子どもたちにワクチンをドローン輸送 試験運用実施

バヌアツ、83の島々の子どもたちにワクチンをドローン輸送 試験運用実施

バヌアツの保健大臣のノリス・ ジャック・カルメは、 同国の島々に住む子どもたちにワクチンを届ける、 ドローンによる輸送試験が公式に開始されたと12月5日、発表した。


サン電子とドコモ、5GとARスマートグラスを活用したドローンの遠隔支援で実証実験開始

サン電子とドコモ、5GとARスマートグラスを活用したドローンの遠隔支援で実証実験開始

 サン電子株式会社と株式会社NTTドコモ東海支社は、第5世代移動通信方式(5G)と、サン電子のARスマートグラス「AceReal One」を活用したドローンの遠隔支援などの実証実験を12月4日から開始した。


米国の橋梁点検で効果を発揮するインテルのドローンソリューション

米国の橋梁点検で効果を発揮するインテルのドローンソリューション

米半導体大手のインテルは、米国の2つの輸送部門と協力して、オハイオ州とケンタッキー州を結ぶダニエル・カーター・ビアード・ブリッジとミネソタ州のストーン・アーチ・ブリッジの手動検査をドローンで補完して、橋の検査を改善したと12月5日、発表した。


国際航業ドローンスクール・ドローンタイムズのスタッフが三次元計測まで挑戦

国際航業ドローンスクール・ドローンタイムズのスタッフが三次元計測まで挑戦

ドローンの操縦技術から3次元計測の実践スキルを一貫して習得できる国際航業のドローンスクールに、ドローンタイムズのスタッフが挑戦した。果たして、JUIDA認定カリキュラムをクリアして、彼らは晴れてドローンパイロットになれるのだろうか。