エアロネクストまた受賞! ドローンの本場、中国・深圳の大会で3位! 「知的財産賞」も同時に

エアロネクストまた受賞! ドローンの本場、中国・深圳の大会で3位! 「知的財産賞」も同時に

  機体の姿勢制御技術で知られるエアロネクスト (東京都渋谷区)がまた受賞した。中国・深圳で11月15、16日に開催された国際ピッチ大会、「創業之星2018」に日本企業として初めて出場し、スタートアップ部門で第3位に入賞。今回創設された「知的財産賞」も同時受賞した。同社は儒層を足掛かりに、国際展開を加速する方針だ。


CEATEC AWARDの経済産業大臣賞に続き快挙 「今後、海外展開を」

 エアロネクストが参加した「創業之星2018」(正式名称:創新南山2018“創業之星”大賽(英語名:Nanshan “Entrepreneurship Star” Contest 2018、主催:深圳市南山区人民政府)は、今年が11年目の中国の起業家イベントの一つ。4,000(うち海外勢540)を超えるプロジェクトの中から各予選で優勝した24チームが出場した。エアロネクストは8月30日に東京・渋谷で開催された国内予選「Nanshan “Entrepreneurship Star” Contest 2018 Shibuya」で優勝し、日本企業として初出場を果たした。

 エアロネクストはスタートアップ部門に出場し、エントリーした14チームの最後に田路圭輔CEOが登壇し、独自技術である「4D Gravity」と、それを搭載した機体について5分間プレゼンテーションし、質疑応答に応じた。質疑応答では日本からの参加を称賛する声が上がり、技術、戦略に関わる質問が投げかけられた。

 結果は、今回創設された「知的財産賞」から発表され、エアロネクストはほかの2社とともに受賞。

 また大会の最後に発表された優秀プロジェクトの表彰で、スタートアップ部門の「三等賞」(3位)に入賞し、賞金10万元(約164万円)を獲得した。優勝は医療用の画像診断装置を開発する中国のスタートアップ、準優勝は、データ解析を強みとするイスラエルのAIベンチャーと、中国の化学系スタートアップだった。エアロネクストの評価は、ドローン関連で出場した3チームの中ではトップだった。

 エアロネクストは10月に「CEATEC AWARD 2018 経済産業大臣賞」を受賞しており、今回の受賞は同社の評価をさらに裏付ける結果となっている。

 同社は「深圳で行われる本大会への出場は、今後の海外展開に向けた重要な試金石でした。結果として、ドローンの聖地である深圳においてエアロネクストの独自技術4D Gravity®を搭載した機体に対して大きな反響があったことは大きな自信になりました。また、エアロネクストは今回の深センでのデビューでグローバル展開における確固たる足がかりを掴みました。皆様の高い期待に応えるべく、人類の進歩と社会課題の解決のためにUAV(無人航空機)の研究開発、実証実験および社会実装を推進していきます」とコメントしている。

 ■株式会社エアロネクストについて
 UAV(無人航空機)やマルチコプターの機体フレームのあるべき姿を実現する、ドローン・アーキテクチャ研究所です。エアロネクストが実現を目指すドローン・アーキテクチャの中心テーマを「姿勢制御」とし、重心制御技術(4D Gravity®)に強みを持つ機体開発を行っています。


https://aeronext.blue/2018/11/19/418/

エアロネクストは中国・深圳で開催された「創業之星2018」のスタートアップ部門に日本企業として初出場し3位に入賞し、「知的財産賞」も同時受賞した

「創業之星2018」に登壇した田路圭輔CEO

「Aeronext Inc」の企業名が入った「知的財産賞」の賞状と、「三等賞」のたて

この記事のライター

関連する投稿


次世代ドローンのエアロネクストがベンチャー企業として初めて『CEATEC AWARD 2018 経済産業大臣賞』を受賞

次世代ドローンのエアロネクストがベンチャー企業として初めて『CEATEC AWARD 2018 経済産業大臣賞』を受賞

株式会社エアロネクスト (東京都渋谷区、 代表取締役CEO:田路 圭輔)は、 CEATEC JAPAN 2018(主催:CEATEC JAPAN )に展示される優れた技術・製品・サービス等の中から表彰するCEATEC AWARD 2018 において「経済産業大臣賞」を受賞した。ベンチャー企業が受賞するのは初めて。


エアロネクスト、中国深センの国際ピッチコンテスト世界大会に日本代表として出場決定

エアロネクスト、中国深センの国際ピッチコンテスト世界大会に日本代表として出場決定

国内予選で優勝。ICCリアルテックカタパルト優勝、ディープテックグランプリでも受賞。


エアロネクストの新型ドローン「Next」シリーズ、新しい橋梁点検手法による実証実験を実施

エアロネクストの新型ドローン「Next」シリーズ、新しい橋梁点検手法による実証実験を実施

国際航業株式会社(東京都千代田区)と、 株式会社エアロネクスト (東京都渋谷区)は、 エアロネクストの新型ドローン「Next INDUSTRY(TM)」を活用した次世代の橋梁点検手法の実証実験を実施した。


エアロネクストが7,800万円の資金調達を実施

エアロネクストが7,800万円の資金調達を実施

株式会社エアロネクスト(東京都渋谷区、代表取締役社長:田路圭輔)は、プレシリーズAラウンドで事業会社、ベンチャーキャピタルなどから総額7,800万円の第三者割当増資を実施したと発表した。


超安定! 「4D Gravity」のエアロネクストが新型機「Next INDUSTRY」を開発 国際ドローン展で公開へ

超安定! 「4D Gravity」のエアロネクストが新型機「Next INDUSTRY」を開発 国際ドローン展で公開へ

 機体の姿勢を安定させる高度な重心制御技術で業界を驚かせた株式会社エアロネクスト(東京)が、インフラ点検や検査測量、警備、農業等に対応する産業用の新型ドローン「Next INDUSTRY」を開発したと発表した。4月18~20日に千葉・幕張で行われる「国際ドローン展」でお披露目する。


最新の投稿


台湾の代理店がDJIの新しい農業用ドローンの動画を公開

台湾の代理店がDJIの新しい農業用ドローンの動画を公開

2018年12月4日。先創國際股份有限公司(台湾)は、YouTubeにDJIのT16という新型の農業用ドローンの動画を公開した。16リットルのタンクで1分間に4.8リットルの噴霧が可能。


LIFT AIRCRAFTが世界初のパーソナルフライングマシンを発表

LIFT AIRCRAFTが世界初のパーソナルフライングマシンを発表

2018年12月12日。LIFT AIRCRAFT(アメリカ)は、世界初のパーソナルフライングマシンを発表し、2019年から飛行予約をスタートすると自社サイトで案内している。


【慶大×田村市】船引高校で特別講座開催 課題は「〇」と「8」を描くこと…やすやすと

【慶大×田村市】船引高校で特別講座開催 課題は「〇」と「8」を描くこと…やすやすと

 ドローン研究に取り組んでいる慶大が指導する福島県立船引高校(福島県田村市)で、ドローン特別講座が開かれ、特設ドローン部の高校生たちが、ドローン初心者の当面の目標である、「〇」や「8」の操作課題を与えられた。やすやすとこなす腕前を披露する徒もいて、操縦の上達が目覚ましい。


DRONE MEDIAが12月27日に「ドローン忘年会」開催 各メディア編集長の座談会や表彰式も

DRONE MEDIAが12月27日に「ドローン忘年会」開催 各メディア編集長の座談会や表彰式も

 ドローン専門サイトとして国内の草分け的存在、DRONE MEDIAが12月27日、「ドローン忘年会」を開きます。今年1年をふりかえり、来年を展望しようという企画です。目玉企画は「各編集長と振り返る2018年のドローン業界」。DroneTimesからも副編集長の村山繁がお邪魔します。楽しみっ!


【慶大×田村市】ドロコンたむらが定例会開催 慶大・南氏、豊富な動画で紹介

【慶大×田村市】ドロコンたむらが定例会開催 慶大・南氏、豊富な動画で紹介

 福島県田村市でドローンの利活用に関心を寄せる有志が創設した異業種コミュニティー、「ドローンコンソーシアムたむら」が12月13日、定例会を開いた。慶大ドローン社会共創コンソーシアムの南政樹副代表が、「ドローンの可能性と具体例について」と題し、映像をふんだんに使い、利活用の事例を紹介した。