エアロネクストまた受賞! ドローンの本場、中国・深圳の大会で3位! 「知的財産賞」も同時に

エアロネクストまた受賞! ドローンの本場、中国・深圳の大会で3位! 「知的財産賞」も同時に

  機体の姿勢制御技術で知られるエアロネクスト (東京都渋谷区)がまた受賞した。中国・深圳で11月15、16日に開催された国際ピッチ大会、「創業之星2018」に日本企業として初めて出場し、スタートアップ部門で第3位に入賞。今回創設された「知的財産賞」も同時受賞した。同社は儒層を足掛かりに、国際展開を加速する方針だ。


CEATEC AWARDの経済産業大臣賞に続き快挙 「今後、海外展開を」

 エアロネクストが参加した「創業之星2018」(正式名称:創新南山2018“創業之星”大賽(英語名:Nanshan “Entrepreneurship Star” Contest 2018、主催:深圳市南山区人民政府)は、今年が11年目の中国の起業家イベントの一つ。4,000(うち海外勢540)を超えるプロジェクトの中から各予選で優勝した24チームが出場した。エアロネクストは8月30日に東京・渋谷で開催された国内予選「Nanshan “Entrepreneurship Star” Contest 2018 Shibuya」で優勝し、日本企業として初出場を果たした。

 エアロネクストはスタートアップ部門に出場し、エントリーした14チームの最後に田路圭輔CEOが登壇し、独自技術である「4D Gravity」と、それを搭載した機体について5分間プレゼンテーションし、質疑応答に応じた。質疑応答では日本からの参加を称賛する声が上がり、技術、戦略に関わる質問が投げかけられた。

 結果は、今回創設された「知的財産賞」から発表され、エアロネクストはほかの2社とともに受賞。

 また大会の最後に発表された優秀プロジェクトの表彰で、スタートアップ部門の「三等賞」(3位)に入賞し、賞金10万元(約164万円)を獲得した。優勝は医療用の画像診断装置を開発する中国のスタートアップ、準優勝は、データ解析を強みとするイスラエルのAIベンチャーと、中国の化学系スタートアップだった。エアロネクストの評価は、ドローン関連で出場した3チームの中ではトップだった。

 エアロネクストは10月に「CEATEC AWARD 2018 経済産業大臣賞」を受賞しており、今回の受賞は同社の評価をさらに裏付ける結果となっている。

 同社は「深圳で行われる本大会への出場は、今後の海外展開に向けた重要な試金石でした。結果として、ドローンの聖地である深圳においてエアロネクストの独自技術4D Gravity®を搭載した機体に対して大きな反響があったことは大きな自信になりました。また、エアロネクストは今回の深センでのデビューでグローバル展開における確固たる足がかりを掴みました。皆様の高い期待に応えるべく、人類の進歩と社会課題の解決のためにUAV(無人航空機)の研究開発、実証実験および社会実装を推進していきます」とコメントしている。

 ■株式会社エアロネクストについて
 UAV(無人航空機)やマルチコプターの機体フレームのあるべき姿を実現する、ドローン・アーキテクチャ研究所です。エアロネクストが実現を目指すドローン・アーキテクチャの中心テーマを「姿勢制御」とし、重心制御技術(4D Gravity®)に強みを持つ機体開発を行っています。


https://aeronext.blue/2018/11/19/418/

エアロネクストは中国・深圳で開催された「創業之星2018」のスタートアップ部門に日本企業として初出場し3位に入賞し、「知的財産賞」も同時受賞した

「創業之星2018」に登壇した田路圭輔CEO

「Aeronext Inc」の企業名が入った「知的財産賞」の賞状と、「三等賞」のたて

この記事のライター

関連する投稿


エアロネクスト、Japan Drone 2019で物流用ドローンの量産試作機を初公開

エアロネクスト、Japan Drone 2019で物流用ドローンの量産試作機を初公開

エアロネクストは、 3月13日から15日に幕張メッセで開催される国際展示会「Japan Drone 2019」に出展、 業務提携した開発した小橋工業製造の物流用ドローンの量産試作機、 ならびに新型VTOLや新型VRドローンの試作機を初公開する。


エアロネクスト、“Mizuho Innovation Award” (2019年1-3月期) を受賞

エアロネクスト、“Mizuho Innovation Award” (2019年1-3月期) を受賞

エアロネクスト(東京都渋谷区)は,、みずほ銀行が、 イノベーティブな事業に挑戦するスタートアップ企業(ノベーション企業)の成長をサポートしていく観点から、 有望なイノベーション企業を表彰する“Mizuho Innovation Award”(2019年1-3月期) を受賞した。


エアロネクスト、“EY Innovative Startup 2019”を受賞 重心制御技術の産業用途可能性を高く評価

エアロネクスト、“EY Innovative Startup 2019”を受賞 重心制御技術の産業用途可能性を高く評価

次世代ドローンの株式会社エアロネクスト(東京都渋谷区)はEY新日本有限責任監査法人(以下、EY)が企画し、日本全国のスタートアップの中から今後著しい成長が期待される企業を表彰する“EY Innovative Startup 2019”に選ばれと発表した。


エアロネクストとトルビズオンが業務提携、上空権市場の創造と新しい空域の経済化推進 また日本初の都市部での配送実証実験実施へ

エアロネクストとトルビズオンが業務提携、上空権市場の創造と新しい空域の経済化推進 また日本初の都市部での配送実証実験実施へ

エアロネクスト(東京都渋谷区)は上空シェアリングサービスsora:share(TM)を提供する株式会社トルビズオンと業務提携した。また水平輸送用ドローン「Next DELIVERY(R)」を使った日本初の都市部での配送実証実験を実施すると発表した。


【SLUSH TOKYO 2019】ピッチコンテスト優勝はClarity! エアロネクストも超善戦! 2日間の大興奮,閉幕

【SLUSH TOKYO 2019】ピッチコンテスト優勝はClarity! エアロネクストも超善戦! 2日間の大興奮,閉幕

 スタートアップの祭典、SLUSH TOKYO 2019は2月23日、ピッチングコンテストのファイナルで、働き方のデータベースで職場検索ができるサービスを提供するClarityが優勝した。エアロネクストは惜しくも優勝を逃したが、ピッチでは4D Gravityの映像がオーディエンスの目をくぎ付けにした。


最新の投稿


屋内空間点検用ドローンのLiberaware、第三者割当増資を実施

屋内空間点検用ドローンのLiberaware、第三者割当増資を実施

屋内空間点検用ドローンのレンタル事業を展開する株式会社Liberaware(千葉県千葉市)は、 プレシリーズAラウンドで、総額1.3億円の第三者割当増資を実施した。


テラドローン、⿂群探索・海上保安を実現する ドローンソリューションを提供開始

テラドローン、⿂群探索・海上保安を実現する ドローンソリューションを提供開始

テラドローン株式会社(東京都渋谷区)は、 低コストで効率的な⿂群探索・海上保安を実現するドローンソリューションの提供を開始した。


ご愛読に感謝して

ご愛読に感謝して

本コラムも、4月26日で読めなくなる。その前に、この3年間を振り返って、日本のドローン業界について展望しておく。(田中亘)


NTTグループが関連企業15社と共同でドローンとAIを活用したスマート営農に取り組む

NTTグループが関連企業15社と共同でドローンとAIを活用したスマート営農に取り組む

NTT グループ、ふくしま未来農業協同組合、株式会社エンルート、日本農薬株式会社は、準天頂衛星みちびきに対応したドローンやNTT グループのAI 技術を活用しスマート営農ソリューションの実証実験を行う。


【国際ドローン展】産業用ドローンと周辺機器の新たな潮流が続々と

【国際ドローン展】産業用ドローンと周辺機器の新たな潮流が続々と

幕張メッセで開催された2019年の国際ドローン展では、産業用ドローンの新たな潮流を示す数多くの機体や周辺機器が展示された。