【慶大ドローン】ドローンレースチームDMM RAIDEN RACINGが登壇 資金も客も集まるリアルな欧州事情など紹介

【慶大ドローン】ドローンレースチームDMM RAIDEN RACINGが登壇 資金も客も集まるリアルな欧州事情など紹介

 ドローン研究に力を入れている慶應義塾大学で、プロドローンレースチーム「DMM RAIDEN RACING」の選手らが教壇に立った。大学院生向けのKPMGコンサルティングによる寄附講座「eSports論」の一環で、最年少の中学生、鈴木匠選手ら3人が、世界を転戦した感想や、世界と日本のレース環境の差について説明した。


小寺代表、高校生・阿佐美選手、中学生・鈴木選手が登壇 「海外の選手、子供が多い」に「へえ~」

 講義は11月15日、神奈川県藤沢市の慶應義塾大学湘南藤沢キャンパスで行われた。登壇したのは「DMM RAIDEN RACING」を運営するドローンスポーツ株式会社の小寺悠代表と、高校生プロレーサー、阿左美和馬選手、中学生のプロレーサー、鈴木匠選手の3人。チームは世界の主要都市を会場に転戦する「Drone Champions League」に日本の唯一のプロチームとして参戦しており、小寺代表は、日本では一般になじみの薄い「Drone Champions League」について、「世界最高峰のレースで、クルマでいうF1にあたる。ヨーロッパではF1のように市民に広く受け入れられているし、プロスポーツということで資金も集まり、お客さんも集まるし、見せ方もカッコいい」と、日本と欧州など海外でのドローンレースに対する認識の違いを説明した。

 ドローンレースは各チーム4人で対戦する。RIDENが中学生の鈴木選手とプロ契約した理由について、小寺代表は「速いから」と実力本位で選んだことを強調。「中学生だから、また高校生だから、という理由で選んだわけではない。スポーツなので勝つことが重要。中学生の匠(鈴木選手)も高校生の和馬(阿佐美選手)も国内のレースでは数々の実績を積んできた」と念を押した。

 国内のレースと海外のレースとの違いについて、阿佐美選手は「規模が違う。海外ではコースの作り方や、その見せ方にまで力を入れている」と説明。鈴木選手が「海外の選手は全体的にレベルが高い、また選手に子供が多い」と話すと、出席した学生から「へえ」と声があがった。

 講義の中ではレースで使う機体も披露。阿佐美選手は「これは、パーツや部品を買ってきて、自分で組み合わせて作りました」と話すと、小寺代表が「だから彼らはハンダ付けがめっちゃうまい」と補足した。

 ドローンの操縦技術について、阿佐美選手は「プロの上手な選手はバッテリーの消費も考えて飛ばしている。ただスピードを出すだけだと、それだけバッテリーを早く消費してしまいレースに影響する。バッテリーのことを考えるのは重要」と解説した。

 講義は「サイバーフィジカルとeスポーツ〜リアル空間をサイバーに捉えるスポーツ〜」がテーマ。講義を担当している政策メディア研究科特任助教(ドローン社会共創コンソーシアム副代表)の南政樹氏は、「サイバーフィジカルなスポーツ、ということでドローンレースを取り上げた。物理的なものをゴーグルをのぞきながら動かすたぐいのスポーツかと思いきや、シミュレーター(模擬体感装置)がよくできていて、ゲームの世界のようでもあり、現実の世界でもあるという両方の特性をもっている。すでにドローンレースをeSortsと位置付けるとらえ方もあり、eSportsを考えるうえで重要な視点」と解説した。

 なお、講義の冒頭、南氏は中学生である鈴木選手が登壇することに関連し、「中学生が大学院の講義に登壇することが話題になっているが、ここは慶應義塾。先に学んだ者は、後から学ぶ者に教え、自分自身はさらに前を行く者から学ぶという学びの環境つくっていく」と述べ、年齢の上下にとらわれずに学ぶことの重要性を説明した。

慶大大学院の寄付講座に登壇したドローンレーシングチーム「DMM RAIDEN RACING」の小寺悠代表(右)、阿佐美和馬選手(左)、鈴木匠選手(中央)。右端は南政樹ドローン社会共創コンソーシアム副代表

講義の中で披露されたレース用の機体

この記事のライター

関連する投稿


【慶大ドローン】単位つかないのに参加多数! 好奇心高めな“ドロゼミ”の新年度が始動

【慶大ドローン】単位つかないのに参加多数! 好奇心高めな“ドロゼミ”の新年度が始動

 ドローン研究と社会実装に取り組む慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス(SFC)で、単位がつかないドローン活動「ドロゼミ」で2019年度のシーズンがスタートした。4月10日に行われた新年度初会合にはSFC生、外部生をあわせて30人が参加した。初参加組の多くが、前日の千葉功太郎氏による“規格外授業”に刺激を受けていた。


【慶大ドローン】教室でレース、キャンパスの空撮も生配信! 千葉功太郎氏がSFCで規格外授業!

【慶大ドローン】教室でレース、キャンパスの空撮も生配信! 千葉功太郎氏がSFCで規格外授業!

 慶應義塾大学SFCのOBである千葉功太郎・DroneFund創業代表パートナーが4月9日、慶大で特別招聘教授として登壇した。授業では、教室で模擬ドローンレースをしたり、大学の敷地内でフライトしているドローンからの中継映像を映し出したりと規格外な取り組みが盛り込まれ、教室を大いに沸かせた。


【慶大ドローン】慶大・南氏、郡山の経営者集会で講演 ドローン前提社会を郡山でも!

【慶大ドローン】慶大・南氏、郡山の経営者集会で講演 ドローン前提社会を郡山でも!

 ドローン研究と社会実装に精力的に取り組んでいる慶大ドローン社会共創コンソーシアムの南政樹副代表が2月18日、福島県商工信用組合(けんしん、本部:福島県郡山市)の取引先組織「十店会」の新年会で企画された新春講演会に登壇し、「ドローン前提社会」の演題で講演した。南氏が「空の使い方を変えて課題解決を」と呼び掛けた。


AIアナ「荒木ゆい」の声の技術で避難呼びかけ 神戸でスピーカー付きドローンの実験

AIアナ「荒木ゆい」の声の技術で避難呼びかけ 神戸でスピーカー付きドローンの実験

 DPCA、RUSEAは2月17日、ヴィッセル神戸のホームグラウンド、ノエビアスタジアム神戸(神戸市)で、近所で不審物が見つかったことを想定し、ドローンによる多言語の避難呼びかける実験を実施した。多言語情報発信を手掛ける株式会社Spectee、圧電スピーカー開発の有限会社ZenTecと連携した。


【慶大×田村市】高校生が農薬散布機運用へ一歩 2人が訓練、4人がすでにライセンス取得

【慶大×田村市】高校生が農薬散布機運用へ一歩 2人が訓練、4人がすでにライセンス取得

 慶應義塾大学と包括連携協定を締結し、ドローンによる地域活性化に積極的な福島県田村市で、地元の福島県立船引高校の生徒2人が2月13日に、市内で農薬散布機の訓練に取り組んだ。船引高校ではこの2人を含め、すでに4人がライセンスを取得おり、今後もドローンを使って地元への貢献に意欲をみせている。


最新の投稿


NTTグループが関連企業15社と共同でドローンとAIを活用したスマート営農に取り組む

NTTグループが関連企業15社と共同でドローンとAIを活用したスマート営農に取り組む

NTT グループ、ふくしま未来農業協同組合、株式会社エンルート、日本農薬株式会社は、準天頂衛星みちびきに対応したドローンやNTT グループのAI 技術を活用しスマート営農ソリューションの実証実験を行う。


【国際ドローン展】産業用ドローンと周辺機器の新たな潮流が続々と

【国際ドローン展】産業用ドローンと周辺機器の新たな潮流が続々と

幕張メッセで開催された2019年の国際ドローン展では、産業用ドローンの新たな潮流を示す数多くの機体や周辺機器が展示された。


都築電気、空飛ぶクルマの開発プロジェクト「CARTIVATOR」への協賛を決定

都築電気、空飛ぶクルマの開発プロジェクト「CARTIVATOR」への協賛を決定

都築電気株式会社(東京都港区)は、 空飛ぶクルマの開発を進める有志団体CARTIVATORへの協賛を決定。


テラドローン、テラドローンインド、インド工科大学(IIT)ハイデラバード校がインドにおけるドローン業界強化を目的とした三者間協定

テラドローン、テラドローンインド、インド工科大学(IIT)ハイデラバード校がインドにおけるドローン業界強化を目的とした三者間協定

テラドローン(東京都)は、テラドローンインドとインド工科大学(IIT)ハイデラバード校がインドにおけるドローン業界強化を目的とした三者間協定を締結し、インド工科大学ハイデラバード校に、世界初のドローンソリューション専門機関「センター・オブ・エクセレンス」を共同で設立した。


【国際ドローン展】カスタマイズ開発ドローンでビジネスを広げる日本サーキット

【国際ドローン展】カスタマイズ開発ドローンでビジネスを広げる日本サーキット

都内でDJI ARENAなどのトレーニング施設を運営している日本サーキット(神奈川県)は、DJI SDKを使ったカスタマイズ開発やオリジナルドローンを展示していた。