ドバイのショッピングモールでマイクロドローンがパフォーマンス

ドバイのショッピングモールでマイクロドローンがパフォーマンス

2018年11月15日-スイス、チューリッヒ。屋内ドローンのVerity Studios(スイス)は、ドバイ・モールの10周年を祝う式典で、マイクロドローンによるパフォーマンスを披露した。


44台の自律飛行マイクロドローンがライトショーを披露

 ドバイのショッピングモールで飛行したLucieマイクロドローンは、Verity Studiosが独自に開発した機体。重さは50gで、約1時間の充電で3分間の飛行が可能。本体には、高輝度なプログラム可能なRGBWライトを搭載しライトショーを披露する。
 会場では、44機のLucieマイクロドローンがドバイ・モールの10周年を祝うために、吹き抜けの会場に設置された大型のLEDスクリーンの周りを飛行した。
 Verity Studiosの創設者兼CEOであるラファエロ・アンドレア(Raffaello D'Andrea)氏は「ドバイ・モールのショーは、10周年に相応しい芸術的なパフォーマンスを披露しました。シルク・ドゥ・ソレイユ(Cirque du Soleil)の創始者、ガイ・ラリベルテ(GuyLaliberte)が創設した新会社のルーン・ルージュ・エンターテインメントと一緒に働くのは素晴らしいことで、今回が中東での初めてのショーになりました。我々は、ドローンによるクリエイティブを常に追い求めています」と話す。
 ライトショーでは、あらかじめプログラムされた演出に従って、Lucieマイクロドローンが自律飛行を行う。屋内での安定した飛行を実現するために、Verity Studiosは独自の屋内測位システムを開発している。Kedgeと呼ばれる屋内測位システムは、飛行空間の境界を正確に定義し、屋内におけるGPSのように機能する。また、ステージアーキテクチャとの統合が可能で、柔軟な演出を提供する。
 ドバイ・モールでのドローンライトショーは、11月28日まで毎日披露される。
 ちなみに、創設者のラファエロ・アンドレア氏は、飛行機と自律ロボットの制作で20年以上のキャリアがある。アンドレア氏がボストンで設立したKiva Systemsは、2012年にAmazonに買収され、現在はAmazon Roboticsとして運営されている。

屋内で自律飛行してライトショーを披露するLucieマイクロドローン

この記事のライター

最新の投稿


台湾の代理店がDJIの新しい農業用ドローンの動画を公開

台湾の代理店がDJIの新しい農業用ドローンの動画を公開

2018年12月4日。先創國際股份有限公司(台湾)は、YouTubeにDJIのT16という新型の農業用ドローンの動画を公開した。16リットルのタンクで1分間に4.8リットルの噴霧が可能。


LIFT AIRCRAFTが世界初のパーソナルフライングマシンを発表

LIFT AIRCRAFTが世界初のパーソナルフライングマシンを発表

2018年12月12日。LIFT AIRCRAFT(アメリカ)は、世界初のパーソナルフライングマシンを発表し、2019年から飛行予約をスタートすると自社サイトで案内している。


【慶大×田村市】船引高校で特別講座開催 課題は「〇」と「8」を描くこと…やすやすと

【慶大×田村市】船引高校で特別講座開催 課題は「〇」と「8」を描くこと…やすやすと

 ドローン研究に取り組んでいる慶大が指導する福島県立船引高校(福島県田村市)で、ドローン特別講座が開かれ、特設ドローン部の高校生たちが、ドローン初心者の当面の目標である、「〇」や「8」の操作課題を与えられた。やすやすとこなす腕前を披露する徒もいて、操縦の上達が目覚ましい。


DRONE MEDIAが12月27日に「ドローン忘年会」開催 各メディア編集長の座談会や表彰式も

DRONE MEDIAが12月27日に「ドローン忘年会」開催 各メディア編集長の座談会や表彰式も

 ドローン専門サイトとして国内の草分け的存在、DRONE MEDIAが12月27日、「ドローン忘年会」を開きます。今年1年をふりかえり、来年を展望しようという企画です。目玉企画は「各編集長と振り返る2018年のドローン業界」。DroneTimesからも副編集長の村山繁がお邪魔します。楽しみっ!


【慶大×田村市】ドロコンたむらが定例会開催 慶大・南氏、豊富な動画で紹介

【慶大×田村市】ドロコンたむらが定例会開催 慶大・南氏、豊富な動画で紹介

 福島県田村市でドローンの利活用に関心を寄せる有志が創設した異業種コミュニティー、「ドローンコンソーシアムたむら」が12月13日、定例会を開いた。慶大ドローン社会共創コンソーシアムの南政樹副代表が、「ドローンの可能性と具体例について」と題し、映像をふんだんに使い、利活用の事例を紹介した。