DJIがInspire 2のファームウェアアップデートを公開しTB50およびTB55バッテリー問題に対応

DJIがInspire 2のファームウェアアップデートを公開しTB50およびTB55バッテリー問題に対応

DJI は、TB50およびTB55バッテリーの管理システムを強化し、飛行中の電力供給を最適化するため、Inspire 2用の新しいファームウェアのアップデートを11月16日、公開した。


最新のファームウェアアップデート(v01.02.0300)でバグも修正

最新のファームウェアはドローン本体とコントローラーに適応させる

 少数のTB50 および TB55 バッテリーの電力レベル誤表示により、飛行中に電力が失われたという報告を受け、DJIはInspire 2用に最新のファームウェアアップデート(v01.02.0300)を公開した。新しいDJI Inspireファームウェアの概要は、次のようになる。

日付:2018.11.16
ファームウェアバージョン:v01.02.0300
リモートコントローラファームウェア:v01.01.0050

 今回のファームウェアアップデートは、バッテリー充電状態(SOC)計算アルゴリズムに関連する稀少な問題に対処し、フライトコントローラー(飛行制御装置)に以下の措置を追加して、飛行の安全性と製品の信頼性を向上させる。

・離陸前のバッテリー温度検出
 ドローン離陸前に、バッテリー温度は15℃以上になる必要がある。これは、温度の低いバッテリーでは内部抵抗が大きくなり、通常よりも低い電圧になるため。低電圧バッテリーは、SOC(充電状態)値が低くなる。

・離陸前のSOC(充電状態)の検出
 新しいファームウェアのDJIアルゴリズムにより、バッテリー電圧はSOC値を確認するために使用される。このSOC値は、バッテリーSOC計算アルゴリズムによって計算された値と比較され、誤った高いSOC読み取り値があるかどうかを判断する。誤った高いSOCの読み取り値がある場合は、ドローンを離陸できない。

・リターン・トゥ・ホーム(RTH)または着陸
 DJIアルゴリズムが、アルゴリズムと実レベルとの間のSOCレベルの差異が5%を超えると、電池レベルが30%時、RTHが発動され、電池レベル10%時には自動着陸が発動される。(DJIアルゴリズムに基づく)
 また、SOCレベルの差異が5%未満の場合は、RTHや自動着陸は発動されない。

 DJIはこれらの新しい措置を検証するために広範なテストを実施した。すべてのDJIユーザーは、飛行制御アプリまたはDJI Assistant 2プログラムのいずれかを問わず、安全機能の向上を含む最新ファームウェアを直ちに更新することが強く求められる。このアップデートを実行するため、次のフライトの前に十分な時間を確保する必要がある。DJI Pilotアプリ上でユーザーにファームウェア更新を促し、DJI GO 4アプリでは更新が行われるまで飛行を許可しない。

 また、今回のファームウェアアップデートでは、以下の問題も修正されている。

・コンパスの干渉が航空機の方向を変える問題を修正。
・航空機が誤ってIMUを切り替えた際に、誤った着陸装置ステータスのプロンプトが表示されるという、まれな問題を修正。
・ジンバルピッチが自動的に中央に戻らないという問題を修正し、着陸中にジンバルが地面に接触するようにした。
・DJI GO 4アプリの「追従モードでのジンバルヨー平滑度」が機能しない問題を修正。
・Zenmuse X5Sを使用するとジンバルがジンバルパンの限界を超えてわずかに漂う問題を修正。
・Inspire 2ライセンスキー(CinemaDNG、Apple ProRes)なしでZenmuse X7を使用して、SDカードに保存されたビデオファイルの色がぼやけていた問題を修正。
・クイックスピンを使用したときに航空機が完全に360度回転しなかった問題を修正。
・正しいバッテリースロットのインテリジェントフライトバッテリーの電力レベルが満杯であったときに、航空機の電源を入れることができなかった問題を修正。

この記事のライター

関連する投稿


DJIが日本でも公式にTB50およびTB55バッテリーを使用した飛行の注意を喚起

DJIが日本でも公式にTB50およびTB55バッテリーを使用した飛行の注意を喚起

2018年11月2日。DJIは、英国などで報告されている電力レベルの誤表示について調査中で、TB50およびTB55バッテリーを使用した飛行の注意喚起を公式に発表した。


Amazonプライムオリジナルシリーズ「You Are Wanted」でDJI機器を利用

Amazonプライムオリジナルシリーズ「You Are Wanted」でDJI機器を利用

2018年5月18日-民間用ドローンとカメラジンバルで有名なDJI(中国)は、Amazonプライムのオリジナルシリーズ「You Are Wanted」の第2シーズンをDJI Inspire 2とZenmuse X7カメラなどでサポートした。


DJI社製ドローンを有線給電式にするシステムを提案(日本海洋)「テロ対策特殊装備展(SEECAT)」

DJI社製ドローンを有線給電式にするシステムを提案(日本海洋)「テロ対策特殊装備展(SEECAT)」

世界各地でテロのリスクが増し、テロ対策が重大な課題となっているなか「テロ対策特殊装備展(SEECAT)」が10月11日から13日の3日間、東京ビッグサイトで開催された。11回目となる今年は、100社を超える企業、団体が出展するほど盛況でドローン関連の出展も目立った。


特集・ドローンの『ド』〜これからはじめるドローン(3)  DJIの製品ラインナップで空撮を学ぶ

特集・ドローンの『ド』〜これからはじめるドローン(3)  DJIの製品ラインナップで空撮を学ぶ

ドローンによる空撮を楽しむには、カメラの性能から機種を選ぶ方法がある。今回はDJIの製品ラインナップを比較して、自分の目的に合ったドローンを選ぶヒントを提供しよう。


DJI 、CP+ 2017に最新ドローンとハンディスタビライザーを出展

DJI 、CP+ 2017に最新ドローンとハンディスタビライザーを出展

DJI JAPAN 株式会社(東京都港区)は、 パシフィコ横浜で開催される「CP+ 2017」(2/24-26) に出展し、 今年1月にCESで発表したハンディスタビライザーの新シリーズ「OSMO MOBILE SILVER」をはじめとするDJIの各製品を出品する。


最新の投稿


台湾の代理店がDJIの新しい農業用ドローンの動画を公開

台湾の代理店がDJIの新しい農業用ドローンの動画を公開

2018年12月4日。先創國際股份有限公司(台湾)は、YouTubeにDJIのT16という新型の農業用ドローンの動画を公開した。16リットルのタンクで1分間に4.8リットルの噴霧が可能。


LIFT AIRCRAFTが世界初のパーソナルフライングマシンを発表

LIFT AIRCRAFTが世界初のパーソナルフライングマシンを発表

2018年12月12日。LIFT AIRCRAFT(アメリカ)は、世界初のパーソナルフライングマシンを発表し、2019年から飛行予約をスタートすると自社サイトで案内している。


【慶大×田村市】船引高校で特別講座開催 課題は「〇」と「8」を描くこと…やすやすと

【慶大×田村市】船引高校で特別講座開催 課題は「〇」と「8」を描くこと…やすやすと

 ドローン研究に取り組んでいる慶大が指導する福島県立船引高校(福島県田村市)で、ドローン特別講座が開かれ、特設ドローン部の高校生たちが、ドローン初心者の当面の目標である、「〇」や「8」の操作課題を与えられた。やすやすとこなす腕前を披露する徒もいて、操縦の上達が目覚ましい。


DRONE MEDIAが12月27日に「ドローン忘年会」開催 各メディア編集長の座談会や表彰式も

DRONE MEDIAが12月27日に「ドローン忘年会」開催 各メディア編集長の座談会や表彰式も

 ドローン専門サイトとして国内の草分け的存在、DRONE MEDIAが12月27日、「ドローン忘年会」を開きます。今年1年をふりかえり、来年を展望しようという企画です。目玉企画は「各編集長と振り返る2018年のドローン業界」。DroneTimesからも副編集長の村山繁がお邪魔します。楽しみっ!


【慶大×田村市】ドロコンたむらが定例会開催 慶大・南氏、豊富な動画で紹介

【慶大×田村市】ドロコンたむらが定例会開催 慶大・南氏、豊富な動画で紹介

 福島県田村市でドローンの利活用に関心を寄せる有志が創設した異業種コミュニティー、「ドローンコンソーシアムたむら」が12月13日、定例会を開いた。慶大ドローン社会共創コンソーシアムの南政樹副代表が、「ドローンの可能性と具体例について」と題し、映像をふんだんに使い、利活用の事例を紹介した。