中国ヘリコプター研究開発機構(CHRDI)が5,000mまで上昇できるUAVを開発

中国ヘリコプター研究開発機構(CHRDI)が5,000mまで上昇できるUAVを開発

2018年11月20日。中国新華社通信は、中国ヘリコプター研究開発機構(CHRDI)が、5,000mまで上昇できるX-M20(クレーン)というドローンを開発したと報じた。


ペイロード5kgで約1時間の飛行を実現!?

 報道されたX-M20(クレーン)というドローンは、重量20kgで最大ペイロードは5kg。ピッチローター制御により高い耐風性能を備える。飛行時間は約1時間。高性能なブレードにより消費電力と騒音を低減し、長時間の飛行が可能になったという。China Xinhua NewsというTwitterに投稿された画像によれば、X-M20(クレーン)はアームの長いクアッドコプターで、画像を拡大するとブレードの付け根の部分が、可変ピッチになっているようにも見える。ただ、新華社通信の報道を転載した欧米のドローン関連メディアの中には、約1時間という飛行時間には疑問を呈する意見もある。

China Xinhua NewsというTwitterに投稿されたX-M20の画像

この記事のライター

関連するキーワード


CHRDI 5000m X-M20

最新の投稿


SLUSH TOKYO 2019開幕! ライトと音のきらびやかな競演! 小池知事もスピーチ

SLUSH TOKYO 2019開幕! ライトと音のきらびやかな競演! 小池知事もスピーチ

世界最大級のスタートアップフェスSLUSH TOKYO 2019が22日、東京ビッグサイトで開幕した。メインステージでは東京都の小池百合子知事が登壇し、起業家に発展と成功に向けて突き進むようエールを送った。


2019年度内にドローン配送の実用化を目指す楽天が選んだ京東製ドローン

2019年度内にドローン配送の実用化を目指す楽天が選んだ京東製ドローン

楽天株式会社(東京都世田谷区)は、中国のECサイト大手の京東集団(中華人民共和国北京市)のドローンを導入すると発表した。これまで、国産ドローンに投資してきた同社の戦略変更には、どういう背景があるのだろうか。


楽天が京東集団と連携し無人配送サービスに京東のドローンとUGVを導入

楽天が京東集団と連携し無人配送サービスに京東のドローンとUGVを導入

楽天株式会社(東京都世田谷区)は、日本国内で構築する無人配送ソリューションに、中国でECサイト「京東商城(JD.com)」を運営する京東集団(中華人民共和国 北京市)のドローンと地上配送ロボット(UGV)の導入を発表した。


テラドローン、インド支社設立 独自のソリューションを武器にインド市場進出

テラドローン、インド支社設立 独自のソリューションを武器にインド市場進出

テラドローンのインド支社であるTerra Drone Indiaは、インドの政府、政府関連機関、及び民間企業に対して、産業向けのドローン関連のサービスを提供しております


ドローンデリバリーカナダが物流用ドローンを発表

ドローンデリバリーカナダが物流用ドローンを発表

2019年2月19日 - カナダ。ドローンデリバリーカナダは、最大かつ最も遠い範囲まで飛行できる貨物配達用ドローン「コンドル」を発表した