中国ヘリコプター研究開発機構(CHRDI)が5,000mまで上昇できるUAVを開発

中国ヘリコプター研究開発機構(CHRDI)が5,000mまで上昇できるUAVを開発

2018年11月20日。中国新華社通信は、中国ヘリコプター研究開発機構(CHRDI)が、5,000mまで上昇できるX-M20(クレーン)というドローンを開発したと報じた。


ペイロード5kgで約1時間の飛行を実現!?

 報道されたX-M20(クレーン)というドローンは、重量20kgで最大ペイロードは5kg。ピッチローター制御により高い耐風性能を備える。飛行時間は約1時間。高性能なブレードにより消費電力と騒音を低減し、長時間の飛行が可能になったという。China Xinhua NewsというTwitterに投稿された画像によれば、X-M20(クレーン)はアームの長いクアッドコプターで、画像を拡大するとブレードの付け根の部分が、可変ピッチになっているようにも見える。ただ、新華社通信の報道を転載した欧米のドローン関連メディアの中には、約1時間という飛行時間には疑問を呈する意見もある。

China Xinhua NewsというTwitterに投稿されたX-M20の画像

この記事のライター

関連するキーワード


CHRDI 5000m X-M20

最新の投稿


屋内空間点検用ドローンのLiberaware、第三者割当増資を実施

屋内空間点検用ドローンのLiberaware、第三者割当増資を実施

屋内空間点検用ドローンのレンタル事業を展開する株式会社Liberaware(千葉県千葉市)は、 プレシリーズAラウンドで、総額1.3億円の第三者割当増資を実施した。


テラドローン、⿂群探索・海上保安を実現する ドローンソリューションを提供開始

テラドローン、⿂群探索・海上保安を実現する ドローンソリューションを提供開始

テラドローン株式会社(東京都渋谷区)は、 低コストで効率的な⿂群探索・海上保安を実現するドローンソリューションの提供を開始した。


ご愛読に感謝して

ご愛読に感謝して

本コラムも、4月26日で読めなくなる。その前に、この3年間を振り返って、日本のドローン業界について展望しておく。(田中亘)


NTTグループが関連企業15社と共同でドローンとAIを活用したスマート営農に取り組む

NTTグループが関連企業15社と共同でドローンとAIを活用したスマート営農に取り組む

NTT グループ、ふくしま未来農業協同組合、株式会社エンルート、日本農薬株式会社は、準天頂衛星みちびきに対応したドローンやNTT グループのAI 技術を活用しスマート営農ソリューションの実証実験を行う。


【国際ドローン展】産業用ドローンと周辺機器の新たな潮流が続々と

【国際ドローン展】産業用ドローンと周辺機器の新たな潮流が続々と

幕張メッセで開催された2019年の国際ドローン展では、産業用ドローンの新たな潮流を示す数多くの機体や周辺機器が展示された。