国際標準化機構(ISO)がドローンの標準化を開発中

国際標準化機構(ISO)がドローンの標準化を開発中

国際標準化機構(ISO)は、アメリカのANSI(米国規格協会)を事務局として、16カ国のメンバーと5カ国のオブザーバーによる無人航空機システム(UAS)の標準化に取り組んでいる。


日本からは日本工業規格委員会(JISC)がメンバーとして参加

 ISOによるUAS標準化案は、技術委員会のISO / TC 20 / SC 16で管理されている。事務局は、米国規格協会(ANSI)に設置されクリストファー・カルナハン氏が秘書を努め、ジョン・ウォーカー氏が2021年末まで議長を務める。ISOテクニカルプログラムマネージャーは、アンドリュー・ドライデン氏、ISO編集プログラムマネージャーは、フランチェスコ・ダダリオ氏。作業の範囲は、UASの分類、設計、製造、運用(保守を含む)および安全管理と、UASの分野における標準化になる。
 ISO / TC20 / SC16の直接の責任下で開発されるISO規格は5つ。

1.UAS:一般仕様
2.UAS:製品システム
3.UAS:運用手順
4.民間UASの分類
5.UTM(UASトラフィック管理)、パート1:UTMの一般要件-UTMに関する調査結果

 現在のステータスは「開発中」で、ワーキンググループによる規格の調査や策定が行われている。「開発中」は外部からドキュメントの参照はできない。
 ワーキンググループに参加しているメンバーは、16カ国の標準化機関。日本からは、日本工業規格委員会(JISC)が参加している。

【参加メンバー(16) 】
ベルギー (NBN)
中国 (SAC)
デンマーク (DS)
フランス (AFNOR)
ドイツ (DIN)
インド (BIS)
イラン、イスラム共和国 (ISIRI)
イタリア (UNI)
日本 (JISC)
韓国、韓国 (KATS)
ロシア連邦 (GOST R)
スペイン (UNE)
スイス (SNV)
ウクライナ (DSTU)
イギリス (BSI)
米国 (ANSI)

 オブザーバーは5カ国。

【観察メンバー(5) 】
チェコ共和国 (UNMZ)
ルクセンブルグ (ILNAS)
オランダ (NEN)
ニュージーランド (NZSO)
スロバキア (UNMS SR)

 2018年11月26日から30日まで、日本でミーティングが開催される予定もある。

ISO / TC 20 / SC 16 無人航空機システム(UAS)標準化の概要

この記事のライター

関連するキーワード


ISO ANSI JISC

関連する投稿


ISO総会「ISO/TC20/SC16」東京で開幕 ドローンの国際標準策定目指す

ISO総会「ISO/TC20/SC16」東京で開幕 ドローンの国際標準策定目指す

 ドローンの国際標準策定を目指す国際標準化機構(ISO)総会「ISO/TC20/SC16」が日本で開幕し、26日から議論が始まった。30日まで各国の委員が分野ごとに意見を交換する。26日には一般社団法人日本UAS産業振興協議会(JUIDA)がレセプションパーティーを開催し、シンガーSaashaが歌で会場を盛り上げた。


IDEセミナーでJUIDA鈴木真二理事長がドローンの技術開発と安全面への課題について講演

IDEセミナーでJUIDA鈴木真二理事長がドローンの技術開発と安全面への課題について講演

ドローンによるソリューションなどを提案する「IDE TOKYO ドローンソリューション&技術展2017」が24日、東京ビッグサイトで開幕し、一般社団法人日本UAS産業振興協議会(JUIDA)の鈴木真二理事長が「小型航空機ドローンの最近の技術開発と活用の課題」について講演した。


最新の投稿


高度2万メートルから地球を観測するASTIGAN A3ドローン

高度2万メートルから地球を観測するASTIGAN A3ドローン

英国のAstigan社(航空宇宙分野のイノベーターチームと英国のOrdnance Survey)の合弁事業によって設計および製造されたASTIGAN A3は、高度2万メートル上空から地球を観測する。


【慶大×田村市】高校生が農薬散布機運用へ一歩 2人が訓練、4人がすでにライセンス取得

【慶大×田村市】高校生が農薬散布機運用へ一歩 2人が訓練、4人がすでにライセンス取得

 慶應義塾大学と包括連携協定を締結し、ドローンによる地域活性化に積極的な福島県田村市で、地元の福島県立船引高校の生徒2人が2月13日に、市内で農薬散布機の訓練に取り組んだ。船引高校ではこの2人を含め、すでに4人がライセンスを取得おり、今後もドローンを使って地元への貢献に意欲をみせている。


Saashaのメッセージビデオにドローン ササモモさんに贈る曲演奏中に自撮り 

Saashaのメッセージビデオにドローン ササモモさんに贈る曲演奏中に自撮り 

 ドローンのイベントなどでしばしば起用されるシンガーソングライターのSaashaが、女性ドローン操縦士、ササモモ(佐々木桃子)さんの登壇するトークイベントにサプライズでビデオメッセージを寄せた。その中にドローンが登場するシーンがあり、会場が涌いた。


ササモモさん新チーム名は“L’oiseau bleu(ロワゾ・ブルー)”! 女性活躍の場の創出、拡大目指す

ササモモさん新チーム名は“L’oiseau bleu(ロワゾ・ブルー)”! 女性活躍の場の創出、拡大目指す

 ドローンの操縦士、インストラクター、MCなどとして広く活躍しているササモモ(佐々木桃子)さんは2月14日、新たに発足させたチームの名前を「L’oiseau bleu(ロワゾ・ブルー)」と発表しました。ドローン産業に新たな彩が誕生しました♪


ドローンレース毎日開催「スカイファイト」東京お台場 2月16日(土)オープン

ドローンレース毎日開催「スカイファイト」東京お台場 2月16日(土)オープン

ドローン関連コンテンツの企画、開発、運営を行う株式会社ドローンネット(東京都千代田区)は、東京ベイエリアでオンライン対戦型ドローンレースが開催されるエンタメスポット 「スカイファイト」東京お台場を2月16日(土) にオープン。2月16日、17日に、アクアシティお台場3階アクアアリーナにてオープニングイベント開催。