ISO総会「ISO/TC20/SC16」東京で開幕 ドローンの国際標準策定目指す

ISO総会「ISO/TC20/SC16」東京で開幕 ドローンの国際標準策定目指す

 ドローンの国際標準策定を目指す国際標準化機構(ISO)総会「ISO/TC20/SC16」が日本で開幕し、26日から議論が始まった。30日まで各国の委員が分野ごとに意見を交換する。26日には一般社団法人日本UAS産業振興協議会(JUIDA)がレセプションパーティーを開催し、シンガーSaashaが歌で会場を盛り上げた。


「近い将来には意思決定ドローンも!」野波氏が乾杯 レセプションパーティーで Saashaも登場

 今回のISO/TC20/SC16は、日本工業規格委員会(JISC)が運営。ドローンの安全性評価や運用ルール、教育訓練認証などについて米国、英国、フランス、中国、韓国、ロシアなど各国の委員との議論の進行をつかさどる。日本からもJUIDAやJAMSS(有人宇宙システム株式会社)などから委員が参加。ドローンスクールの拡がりが海外からも評価されていて、教育訓練分野での議論をリードする。

 JUIDAは26日、「ISO/TC20/SC16 Reception Party」を開催し、総会参加者を含め約60人が参加した。会ではISO国内委員長を務めるJUIDAの鈴木真二理事長が「JUIDAは2014年に創設され、ドローンの発展に努めてきた。しかしまだ危険という認識もある。標準化の議論を通じて克服していきたい」とあいさつ。続けて来賓として、経済産業省産業技術環境局国際標準課の黒田浩司統括基準認証推進官、「ISO/TC20/SC16」のジョン・ウォーカー議長がそれぞれあいさつにたった。

 ISO国内委員会副委員長をつとめる、株式会社自律制御システム研究所(ACSL)の野波健蔵代表取締役が「日本郵便が目視外で郵便局間の配送を始めるなど日本国内のドローンとその利用は進化している。近い将来、自分で意思決定をし、自律航行できるドローンが登場すると信じている」と会場を沸かせ、乾杯の音頭を取った。
 
 パーティーの間にはシンガーSaashaがJUIDAアンバサダーとして登場。ドローンのテーマソング「Fly」を含む3曲を披露し、参加者を魅了した。

レセプションパーティーで断章するジョン・ウォーカー議長とJUIDAの鈴木真二理事長

乾杯のあいさつをするACSLの野波健蔵氏

「ISO/TC20/SC16」のレセプションパーティーではSaashaが歌で盛り上げた

この記事のライター

関連する投稿


国際航業ドローンスクール・ドローンタイムズのスタッフが三次元計測まで挑戦

国際航業ドローンスクール・ドローンタイムズのスタッフが三次元計測まで挑戦

ドローンの操縦技術から3次元計測の実践スキルを一貫して習得できる国際航業のドローンスクールに、ドローンタイムズのスタッフが挑戦した。果たして、JUIDA認定カリキュラムをクリアして、彼らは晴れてドローンパイロットになれるのだろうか。


JUIDA、ブルーイノベーション、損保ジャパンが「SORAPASS care」リリース 飛行支援地図と保険がスマホで簡単に 

JUIDA、ブルーイノベーション、損保ジャパンが「SORAPASS care」リリース 飛行支援地図と保険がスマホで簡単に 

 一般社団法人日本 UAS 産業振興協議会(JUIDA)、ブルーイノベーション株式会社、損害保険ジャパン日本興亜株式会社は、ドローンユーザーの安全な飛行を支援するため、ドローン飛行支援地図サービスと保険をセットにした「SORAPASS care」を12月5日に発売した。保険は業務用、ホビー用のいずれにも対応する。


国際標準化機構(ISO)がドローンの標準化を開発中

国際標準化機構(ISO)がドローンの標準化を開発中

国際標準化機構(ISO)は、アメリカのANSI(米国規格協会)を事務局として、16カ国のメンバーと5カ国のオブザーバーによる無人航空機システム(UAS)の標準化に取り組んでいる。


【東日本ドローンサミット】J-ヴィレッジでドローントークPIT! 12月1日開催 植松シェフの料理、Saashaのステージも!

【東日本ドローンサミット】J-ヴィレッジでドローントークPIT! 12月1日開催 植松シェフの料理、Saashaのステージも!

 ゲストのトークを、ドリンク、料理と共に楽しむ雑談系交流会「ドローントークPIT」が、12月1日、“サッカー聖地”J-ヴィレッジで「東日本ドローンサミット」の一環として開催されます。「ドローン×再始動」をテーマに繰り広げられるゲストのステージと、フレンチ出身のシェフが腕をふるう本格的な料理で一足早い忘年会をどうぞ。


JUIDA、来春にジュニアライセンス導入 「認定スクールフェスタ」で発表 ドローン市場拡大へ

JUIDA、来春にジュニアライセンス導入 「認定スクールフェスタ」で発表 ドローン市場拡大へ

 日本UAS産業振興協議会(JUIDA)は31日、「認定スクールフェスタ2018」を開催し、2019年にドローン操縦の技能に応じて級が授与される「技能テスト」を導入すると発表した。7歳から16歳未満の若年層向けには「UASジュニアパイロット」も設定し、今後、ドローン人口拡大に取り組みを本格化させる。


最新の投稿


台湾の代理店がDJIの新しい農業用ドローンの動画を公開

台湾の代理店がDJIの新しい農業用ドローンの動画を公開

2018年12月4日。先創國際股份有限公司(台湾)は、YouTubeにDJIのT16という新型の農業用ドローンの動画を公開した。16リットルのタンクで1分間に4.8リットルの噴霧が可能。


LIFT AIRCRAFTが世界初のパーソナルフライングマシンを発表

LIFT AIRCRAFTが世界初のパーソナルフライングマシンを発表

2018年12月12日。LIFT AIRCRAFT(アメリカ)は、世界初のパーソナルフライングマシンを発表し、2019年から飛行予約をスタートすると自社サイトで案内している。


【慶大×田村市】船引高校で特別講座開催 課題は「〇」と「8」を描くこと…やすやすと

【慶大×田村市】船引高校で特別講座開催 課題は「〇」と「8」を描くこと…やすやすと

 ドローン研究に取り組んでいる慶大が指導する福島県立船引高校(福島県田村市)で、ドローン特別講座が開かれ、特設ドローン部の高校生たちが、ドローン初心者の当面の目標である、「〇」や「8」の操作課題を与えられた。やすやすとこなす腕前を披露する徒もいて、操縦の上達が目覚ましい。


DRONE MEDIAが12月27日に「ドローン忘年会」開催 各メディア編集長の座談会や表彰式も

DRONE MEDIAが12月27日に「ドローン忘年会」開催 各メディア編集長の座談会や表彰式も

 ドローン専門サイトとして国内の草分け的存在、DRONE MEDIAが12月27日、「ドローン忘年会」を開きます。今年1年をふりかえり、来年を展望しようという企画です。目玉企画は「各編集長と振り返る2018年のドローン業界」。DroneTimesからも副編集長の村山繁がお邪魔します。楽しみっ!


【慶大×田村市】ドロコンたむらが定例会開催 慶大・南氏、豊富な動画で紹介

【慶大×田村市】ドロコンたむらが定例会開催 慶大・南氏、豊富な動画で紹介

 福島県田村市でドローンの利活用に関心を寄せる有志が創設した異業種コミュニティー、「ドローンコンソーシアムたむら」が12月13日、定例会を開いた。慶大ドローン社会共創コンソーシアムの南政樹副代表が、「ドローンの可能性と具体例について」と題し、映像をふんだんに使い、利活用の事例を紹介した。