ドローンの精密な配送システム技術でDrone Delivery SystemsとFlytBaseが協力

ドローンの精密な配送システム技術でDrone Delivery SystemsとFlytBaseが協力

2018年11月12日、バーモント州リッチモンド。ドローン・デリバリー・システムズ(DRONE Delivery Systems)とFlytBaseは、AirBox Homeへの無人で正確なドローン配送を可能にするために、各社のUASと互換性のある正確な着陸キットを開発するためのパートナーシップを発表した。


エンタープライズIoDプラットフォームとドローン配送テクノロジーの協業

 Drone Delivery Systems Corporationは、AirBox Technologyと呼ばれる新技術を発明している。コア製品のAirBoxは、自律的な太陽光発電のスマートドローンコンテナ/メールボックス。AirBoxは、ドローンからの配送物を安全かつ確実に受け取る。2016年9月に公開されたAirBoxは、開閉する屋根に太陽光発電パネルを取り付けたボックス。2018年10月には、アストラル空港とケニアで小規模な配送物や薬の配送に活用するためのパートナシップを発表している。

太陽光パネルで扉を自動で開閉するAirBox

 FlytBaseは、世界初のエンタープライズIoD(Internet of Drones)プラットフォームFlytBaseを提供するベンチャー企業。同社は、ドローンなどのエッジ側に搭載するFlyteOSと、クラウドサービスのFlytCloudに、各種のサービスベンダーやアプリケーションと連携するFlytBase Ecosystemによって構成される。

FlytBaseのエンタープライズIoD(Internet of Drones)プラットフォーム

 FlytOSはROS(Robot Operating System)とLinux上に構築された堅牢でスケーラブルなUAS向けアプリケーション用のプラットフォーム。ドローン/アダプターを介してドローン/オートパイロット(飛行スタック)とやりとりするための高レベルのAPIを、ROS、C ++、Python、REST、Websocketで利用できる。LiDAR、高解像度カメラ、サーマルカメラ、マルチスペクトルカメラなどのさまざまなペイロードとの統合により、開発時間を短縮できる。また、インテリジェンスモジュールを活用して、衝突回避、正確な着陸、オブジェクトトラッキングなどの機能も提供できる。
 FlytCloudは、リアルタイムアクセスのためのAPIと、ナビゲーション、テレメトリ、ペイロードをUASで制御するためのコントロールをクラウドで提供する。

各社のドローンに対応するFlytOS

 両社の協業は、AirBox Homeへドローンで正確に配送するための正確な着陸キットの開発に向けたパートナーシップ。
 AirBox Technologyの創設者ブランドン・パゴー(Brandon Pargoe)氏は「FlytBaseの正確な着陸技術と新しいAirBoxキットを組み合わせることで、どんなドローンでもAirBox Homeに提供できるようになりました。この新しいイノベーションは、AirBoxホームへのラストマイルの安全なパッケージ配送のためのUASプラットフォームを作り上げます」と述べる。

FlytBaseプラットフォームの構成イメージ

 FlytDock精密着陸キットは、下向きの小型カメラとソフトウェアを使用する。同キットは、数センチメートルでマークを打つことで、ドローンがマークの範囲内で自分自身の位置を特定して着陸する。各社のドローンプラットフォームに組み込むためのプラグ&プレイソリューションとして設計されている。DJIの商用ドローンをはじめ、オープンソースのフライトコントローラーを搭載したドローンにも対応する。
 FlytDockは、昼夜を問わず地上と上空の両方のプラットフォームで動作する。FlytOSを搭載した最先端のインテリジェントなプラグインは、コンピュータ視覚技術と専用ランディングアルゴリズムを使用して、マルチロータ型ドローンを地上のビジュアルマーカー(ArUcoタグ)にアライメントし、アプローチして、着陸させる。システムは、4G(LTE)経由で遠隔管理と制御できる。

 FlytBaseのニチン・グプタ(Nitin Gupta) CEOは「FlytBaseでは、企業のUASアプリケーションの自動化とスケーリングを行うためのコアソフトウェアプラットフォームを構築しています。精緻な着陸は、こうした自律的な展開の成功に不可欠なコンポーネントです。FlytDockを使用することで、ドッキングステーションや充電スタンドへの精密な着陸や、セキュリティ、配送、検査アプリケーションのための堅牢で信頼性の高いソリューションを探しているパートナーと顧客を支援できます」と語る。

この記事のライター

関連する投稿


ドローン・デリバリー・カナダがペイロード180kgの貨物配達用ドローン「コンドル」を2月19日に発表の予定

ドローン・デリバリー・カナダがペイロード180kgの貨物配達用ドローン「コンドル」を2月19日に発表の予定

2019年2月11日 - カナダ、トロント。ドローン配送を目指すDrone Delivery Canada(カナダ)は、180kgのペイロードがある「コンドル」という貨物配達用ドローンを2月19日に、トロント証券取引所で披露すると発表した。


Amazonがドローン配送に関連した特許を新たに取得

Amazonがドローン配送に関連した特許を新たに取得

2019年2月5日 - 米国。Amazon(米国ワシントン州シアトル)は、配送用ドローンが着陸位置を確認するために、ドローン用の着陸マーカーと着陸位置を検証する特許を取得した。


全自動ドローン配送を目指すIBMの特許

全自動ドローン配送を目指すIBMの特許

2018年10月11日。IBM(米国)は、ドローンによる配送を全自動化する各種の制御方法やアルゴリズムに関する特許を取得した。


カナダのドローン配送企業がカナダ運輸省から特別資格を取得

カナダのドローン配送企業がカナダ運輸省から特別資格を取得

2018年2月9日、カナダ、オンタリオ州トロント。ドローン配送を開発しているドローン・デリバリー・カナダは、カナダ運輸省からUAV運航者特別便運航証明書(SFOC)を授与された。  


【ドローン × AI】ドローン用アプリ開発フレームワークのFlytOS配布開始

【ドローン × AI】ドローン用アプリ開発フレームワークのFlytOS配布開始

ドローンの高度なアプリケーション開発用フレームワークのFlytOSが、FLYTBASE社から配布が開始された。数多くのデバイスに対応し、ドローンの頭脳となるFlytOSの概要について解説する。(田中亘)


最新の投稿


SLUSH TOKYO 2019開幕! ライトと音のきらびやかな競演! 小池知事もスピーチ

SLUSH TOKYO 2019開幕! ライトと音のきらびやかな競演! 小池知事もスピーチ

世界最大級のスタートアップフェスSLUSH TOKYO 2019が22日、東京ビッグサイトで開幕した。メインステージでは東京都の小池百合子知事が登壇し、起業家に発展と成功に向けて突き進むようエールを送った。


2019年度内にドローン配送の実用化を目指す楽天が選んだ京東製ドローン

2019年度内にドローン配送の実用化を目指す楽天が選んだ京東製ドローン

楽天株式会社(東京都世田谷区)は、中国のECサイト大手の京東集団(中華人民共和国北京市)のドローンを導入すると発表した。これまで、国産ドローンに投資してきた同社の戦略変更には、どういう背景があるのだろうか。


楽天が京東集団と連携し無人配送サービスに京東のドローンとUGVを導入

楽天が京東集団と連携し無人配送サービスに京東のドローンとUGVを導入

楽天株式会社(東京都世田谷区)は、日本国内で構築する無人配送ソリューションに、中国でECサイト「京東商城(JD.com)」を運営する京東集団(中華人民共和国 北京市)のドローンと地上配送ロボット(UGV)の導入を発表した。


テラドローン、インド支社設立 独自のソリューションを武器にインド市場進出

テラドローン、インド支社設立 独自のソリューションを武器にインド市場進出

テラドローンのインド支社であるTerra Drone Indiaは、インドの政府、政府関連機関、及び民間企業に対して、産業向けのドローン関連のサービスを提供しております


ドローンデリバリーカナダが物流用ドローンを発表

ドローンデリバリーカナダが物流用ドローンを発表

2019年2月19日 - カナダ。ドローンデリバリーカナダは、最大かつ最も遠い範囲まで飛行できる貨物配達用ドローン「コンドル」を発表した