Parrotが本国で100名のレイオフを計画

Parrotが本国で100名のレイオフを計画

2018年11月23日、パリ。ドローン大手のParrot(フランス)は、2018年第三四半期の収支報告書で、縮小するコンシューマ向けドローン市場に対応するために、100名のレイオフを計画していると発表した。


急速に縮小する欧州のコンシューマ向けドローン市場

 報告書によれば、、2018年第三四半期のParrotのコンシューマ向けドローン販売は、前年同期から45%減少した。Parrotは、2018年7月からコンシューマ向けドローンANAFIを販売し、拡張キットの価格改定などを行ってきたが、ユーロ市場では全体の縮小率が約22%に達している。対する北米市場では、500から800ユーロ(約7〜10万)の娯楽用ドローンは、Parrot ANAFIの投入により市場シェアを5〜15ポイント上昇させている。
 ユーロ圏のコンシューマ向けドローン市場の急速な縮小の原因については、報告書では言及していない。

縮小する欧州のコンシューマ向けドローン市場

 Parrotの会長兼最高株主であるアンリ・セイドゥ(Henri Seydoux)氏は「今年の終わりは、新しいParrot ANAFIドローンの発売時に発生した消費者ドローン市場の大幅かつ予想外の縮小により複雑になっています。この製品が受けた技術的なパフォーマンスと積極的な反応は、当社の期待に沿ったものですが、市場シェアを獲得したにもかかわらず、価格設定と戦略を維持している厳しい環境では、すべての財務残高に影響を与えました。当面は非常に不安定なこの市場のペースに適応するため、当社の組織は進化しており、行動計画は11月22日に取締役会で承認されました。Parrot ANAFIが提供する可能性、私たちの商業子会社の堅固さ、そして防衛およびセキュリティ市場の開発は、成長のための重要な資産になるでしょう。分散型で柔軟な戦略で、2019年には商業用ドローンで収益を高める機会を加速します」と説明する。
 さらに報告書では、グローバル事業を対象としたマーケティングと生産関係で約100名の雇用削減を計画している。

この記事のライター

関連するキーワード


Parrot ANAFI Henri Seydoux

関連する投稿


ロボデックス展に登場した産業用ドローンの最前線

ロボデックス展に登場した産業用ドローンの最前線

2019年1月16日から18日までの3日間。東京ビッグサイトで最新ロボット220社が出展するロボデックス展が開催された。会場には、産業用ドローンやソリューションの数々が出展していた。


Parrotが精密農業用ドローンParrot Bluegrass Fieldsを発表

Parrotが精密農業用ドローンParrot Bluegrass Fieldsを発表

2018年11月8日 - フランス。Parrot(仏)は、マルチスペクトルカメラを標準搭載した精密農業向けのドローンParrot Bluegrass Fieldsを発表し、アメリカなどで販売を開始した。価格は、$4,490(約50万円)


Parrot、ズーム付き4K HDRカメラを搭載した「ANAFI」が登場

Parrot、ズーム付き4K HDRカメラを搭載した「ANAFI」が登場

Parrot(フランス)は、新型ドローンANAFIを発表した。4K HDRカメラを搭載し、180度のチルト機構と2.8倍のズーム機能を備えている。コンパクトに折りたたんで運べる設計で、AIによる自動飛行モードも備え25分の飛行を可能にする。(田中亘)


【ドローン × ICT】 「第一回 北海道ドローン選手権」が開催される(3)

【ドローン × ICT】 「第一回 北海道ドローン選手権」が開催される(3)

制限時間10分で、15個の段ボール箱の中に隠されたサッカーボールをドローンとICTを駆使してどれだけ正確に発見できるか。「第一回 北海道ドローン選手権」の優勝チームは、ICTに適したドローンの性能を顕著に示す結果となった。


【ドローン × ICT】 「第一回 北海道ドローン選手権」が開催される(2)

【ドローン × ICT】 「第一回 北海道ドローン選手権」が開催される(2)

「第一回 北海道ドローン選手権」に参加した6チームは、大きく二つに分かれる画像処理を用いた。オフラインでの解析とオンラインでのリアルタイム処理。今回は、各チームのドローンや開発環境を解説する。


最新の投稿


SLUSH TOKYO 2019開幕! ライトと音のきらびやかな競演! 小池知事もスピーチ

SLUSH TOKYO 2019開幕! ライトと音のきらびやかな競演! 小池知事もスピーチ

世界最大級のスタートアップフェスSLUSH TOKYO 2019が22日、東京ビッグサイトで開幕した。メインステージでは東京都の小池百合子知事が登壇し、起業家に発展と成功に向けて突き進むようエールを送った。


2019年度内にドローン配送の実用化を目指す楽天が選んだ京東製ドローン

2019年度内にドローン配送の実用化を目指す楽天が選んだ京東製ドローン

楽天株式会社(東京都世田谷区)は、中国のECサイト大手の京東集団(中華人民共和国北京市)のドローンを導入すると発表した。これまで、国産ドローンに投資してきた同社の戦略変更には、どういう背景があるのだろうか。


楽天が京東集団と連携し無人配送サービスに京東のドローンとUGVを導入

楽天が京東集団と連携し無人配送サービスに京東のドローンとUGVを導入

楽天株式会社(東京都世田谷区)は、日本国内で構築する無人配送ソリューションに、中国でECサイト「京東商城(JD.com)」を運営する京東集団(中華人民共和国 北京市)のドローンと地上配送ロボット(UGV)の導入を発表した。


テラドローン、インド支社設立 独自のソリューションを武器にインド市場進出

テラドローン、インド支社設立 独自のソリューションを武器にインド市場進出

テラドローンのインド支社であるTerra Drone Indiaは、インドの政府、政府関連機関、及び民間企業に対して、産業向けのドローン関連のサービスを提供しております


ドローンデリバリーカナダが物流用ドローンを発表

ドローンデリバリーカナダが物流用ドローンを発表

2019年2月19日 - カナダ。ドローンデリバリーカナダは、最大かつ最も遠い範囲まで飛行できる貨物配達用ドローン「コンドル」を発表した