ブルーイノベーション、球体点検ドローンELIOSの運用事例発表

ブルーイノベーション、球体点検ドローンELIOSの運用事例発表

 ブルーイノベーション株式会社は、今年3月に業務提携したスイスのFlyability社製の点検用球体ドローン「ELIOS」の活用事例を11月29日、表した。下水道やボイラー室内といったGPSの届かない屋内の狭小で暗所での点検作業が期待され、機体の販売、同社に依頼される運用件数も増加している。


点検球体ドローン「ELIOS」 運用事例拡大

 ブルーイノベーション株式会社は、今年3月に業務提携したスイスのFlyability社製の点検用球体ドローン「ELIOS」の活用事例を11月29日、発表した。下水道やボイラー室内といったGPSの届かない屋内の狭小で暗所での点検作業が期待され、機体の販売、同社に依頼される運用件数も増加している。
 同社CEOの熊田貴之氏によると「屋内でドローンを運用する場合、GPSが使えないことだけでなく、磁場によってコンパスエラーが発生したり、電波の輻輳が起こる。このような問題を克服できるドローンを探していたところ、Flyability社の球体ドローン「ELIOS」に行き着き、業務提携に至った」と経緯について話した。

Flyability社との業務提携、事業戦略について話す熊田貴之CEO=11月29日、東京都文京区のブルーイノベーション本社

 Flyability社は2014年に7人でスタート、現在は、従業員も75人に増え、ELIOSは世界30カ国に400機が出荷されるまでに成長した。ELIOSは、2011年の東日本大震災の福島第一原発事故が契機となり、球体ドローンを開発することになったという。実際に米国最大手の電力会社エクセロンでは原発などに導入され、1時間あたり8シーベルトの放射線でも耐えることが分かっている。
 ELIOSの機体は、直径40センチのカーボンファイバー製の球体フレームに覆われ、飛行時間は約10分。防塵、防滴仕様となっている。点検に欠かせない“眼”としてフルHDカメラとサーマルカメラを搭載。2台のカメラは飛行中ジンバルによって安定た画像を撮影、同時記録が可能となっている。5分間照射可能な28Wの9段階調整可能なLEDライトが組み込まれている。機体重量はバッテリーを装着し700gと軽量。フライトコントローラーはFlyability社オリジナルで、操縦はマニュアルでFPV飛行させる。現在電波増幅器を技適申請中で、これが通れば飛行距離を伸ばすことができる。

LEDライトを点灯させデモフライトするELIOS。

 ELIOS導入のメリットは、有毒ガスが懸念されるような狭小空間の作業における安全性向上と点検箇所の画像をリアルタイムで取得できることから時間単位での作業が可能となり作業効率が向上すること。そして足場を組む必要もないためコスト削減にもつながることが挙げられる。
 以上のように世界でも唯一の点検ドローンの応用範囲は、発電所、下水道、海運、建設、工場、警備など多岐にわたる。
 国内でELIOSを使った事例としては、電力会社と製鉄会社のボイラー点検で、これまで総足場を組むなど莫大な費用がかかっていたが、ドローン使うことで全ての点検箇所を見ることができ、定期修繕前の調査としては十分であることが分かったという。
 工場の配管や煙突の点検では、これまで一度も内部状況を見ることがなかったが、映像に収めることができた。
 建物地下ピット内部は、天井が低く、有毒ガスが充満している可能性もある過酷な環境だが、ドローンを入れることで、水漏れや壁のひび割れを確認できた。
 海外でも貨物船の船倉内バラストタンクやスペインのバルセロナの下水道、ポーランドでは製紙工場のケミカルタンク内部の点検で、その効果が認められた。
 ドイツの電力会社ユニバー社の火力発電所のガスタービン点検では、従来は煙突部分にクレーン、足場の設置し、計3日間検査に必要だったが、ELIOSを使うことで1時間で完了させ、施設の運用中断期間も大幅に短縮した。
 変わった事例では、フランスの国家警察特別介入部隊が人質が取られているようなリスクの高い状況で、トラップの有無や部隊の突入する事前確認が有効に行われ、警察官の安全性を高めたことが紹介さされた。
 同社では現在ELIOSの機体の販売や屋内点検分野でのソリューション・サービスを展開している。機体は導入企業側の操縦など講習人数にもよるが約400万円、運用依頼の場合は1日約60万円(1チーム派遣)ぐらいとなっている。

 熊田CEOによると、来年には機体15機(実績含め)の納入が予定され、3月までに約40件の運用依頼があるという。今後数年間で機体100機の販売を目標にしている。

ELIOSは接写を得意としており、デモフライトで飛行した会議室の壁に貼られたソリューションサービス部の北川祐介部長の名刺を読み取ることができる。

狭い配管を想定した穴を簡単に抜けるELIOS。

この記事のライター

関連する投稿


ブルーイノベーション 、屋内点検ドローン「ELIOS」が福島県ロボットテストフィールド試験用プラント」初の公開実験実施

ブルーイノベーション 、屋内点検ドローン「ELIOS」が福島県ロボットテストフィールド試験用プラント」初の公開実験実施

ブルーイノベーション株式会社(東京都文京区)は、福島県ロボットテストフィールド(福島県南相馬市)の試験施設のひとつ「試験用プラント」の最上階に設置した煙突を使い、屋内設備点検ドローン「 ELIOS 」の実証試験を3月14日、報道陣に公開した。同プラント内でドローンの飛行実験を公開するのは初めて。


【Japan Drone 2019】ブルーイノベーションの展示コーナーに登場した革新的なドローン

【Japan Drone 2019】ブルーイノベーションの展示コーナーに登場した革新的なドローン

産業用ドローンやソリューションを展開するブルーイノベーション(東京都)の展示コーナーに、AEROPROBING Inc.(台湾)の革新的なドローンのコンセプトモデルが展示されていた。


ブルーイノベーションとFlyability、無線送信拡張ユニット「RANGE EXTENDER」を発売

ブルーイノベーションとFlyability、無線送信拡張ユニット「RANGE EXTENDER」を発売

ブルーイノベーション(東京都文京区)とFlyability社(スイス)は、地下トンネルなどの電波の通りにくい場所でも無線通信を拡張できる電波拡張ユニット「RANGE EXTENDER」の発売と、ドローンの販売・サービス・開発に関する「BIパートナー制度」を開始すると発表した。


ブルーイノベーションがドローンポートシステム「BIポート」を発表

ブルーイノベーションがドローンポートシステム「BIポート」を発表

2019年1月22日。ブルーイノベーション株式会社(東京都文京区)は、株式会社UKCホールディングス(東京都品川区)と大成株式会社(愛知県名古屋市)とドローンポートシステム「BIポート」の開発・事業化を発表した。


ブルーイノベーションが、 UKCホールディングス、日本郵政キャピタルと資本提携 ドローンポートシステム開発促進

ブルーイノベーションが、 UKCホールディングス、日本郵政キャピタルと資本提携 ドローンポートシステム開発促進

ブルーイノベーション株式会社(東京都文京区)は、株式会 社UKCホールディングス(東京都品川区)、日本郵政キャピタル株式会社 (東京都千代田区)を引受先とする第三者割当増資を実施し、資金調達を行ったと発表した。


最新の投稿


屋内空間点検用ドローンのLiberaware、第三者割当増資を実施

屋内空間点検用ドローンのLiberaware、第三者割当増資を実施

屋内空間点検用ドローンのレンタル事業を展開する株式会社Liberaware(千葉県千葉市)は、 プレシリーズAラウンドで、総額1.3億円の第三者割当増資を実施した。


テラドローン、⿂群探索・海上保安を実現する ドローンソリューションを提供開始

テラドローン、⿂群探索・海上保安を実現する ドローンソリューションを提供開始

テラドローン株式会社(東京都渋谷区)は、 低コストで効率的な⿂群探索・海上保安を実現するドローンソリューションの提供を開始した。


ご愛読に感謝して

ご愛読に感謝して

本コラムも、4月26日で読めなくなる。その前に、この3年間を振り返って、日本のドローン業界について展望しておく。(田中亘)


NTTグループが関連企業15社と共同でドローンとAIを活用したスマート営農に取り組む

NTTグループが関連企業15社と共同でドローンとAIを活用したスマート営農に取り組む

NTT グループ、ふくしま未来農業協同組合、株式会社エンルート、日本農薬株式会社は、準天頂衛星みちびきに対応したドローンやNTT グループのAI 技術を活用しスマート営農ソリューションの実証実験を行う。


【国際ドローン展】産業用ドローンと周辺機器の新たな潮流が続々と

【国際ドローン展】産業用ドローンと周辺機器の新たな潮流が続々と

幕張メッセで開催された2019年の国際ドローン展では、産業用ドローンの新たな潮流を示す数多くの機体や周辺機器が展示された。