アウディとエアバスがドローンタクシーのコンセプトを発表

アウディとエアバスがドローンタクシーのコンセプトを発表

アムステルダムで開催されたドローンウィークで、アウディとエアバスは「Pop.Up Next」の飛行と運転のプロトタイプを発表した。会場では、1/4スケールモデルが実際に飛行した。


自動運転の電気自動車とドローンを組み合わせたフライングタクシー

利用者はカーゴに乗ったままでドローンと電気自動車を乗り換えられる

 フライングタクシーのプロトタイプは、アウディとエアバスの共同開発。公開された動画や写真によれば、利用者はカーゴのような乗り物で、ドローンから電気自動車へと乗降することなく乗り換えられる。アウディでは、10年後には飛行タクシーサービスが利用できるようになると予測する。
 アウデイの子会社のItaldesign社の社長でマーケティング担当副社長も務めるベルンド・マーチン(Bernd Martens)氏は「ますます多くの人々が都市に移っています。そして、ますます多くの人々が自動化による移動性を求めます。将来、高齢者や子供に運転免許のない人は、便利なロボットタクシーを使いたいと思うでしょう。道路と空域の間の交通のスマートな配分を成功させると、人々と都市は同等の恩恵を受けることができます」と述べる。
 アウディはエアバスの子会社Voomと協力して、南米でテストを実施している。アウディによる準備が整えば、利用者はメキシコシティやサンパウロで飛行を予約できるようになる。
 マーチン氏は「このようなサービスは、顧客のニーズをよりよく理解するのに役立ちます。将来、飛行するタクシーは広範囲の都市住民にアピールします。『Pop.Up Next』で技術的に可能なことの境界を同時に探究しています。次のステップは、フルサイズのプロトタイプが飛行して運転することです」と話す。
 アウディは、インゴルシュタットでアーバンエアモビリティ飛行タクシープロジェクトを支援している。このイニシアチブは、アウディのサイトでフライングタクシーの試験運行を準備している。欧州連合(EU)の共同プロジェクトの一環として、スマート都市とコミュニティの欧州イノベーション・パートナーシップを推進している。このプロジェクトは、新技術の利点を国民に納得させ、バッテリ技術、規制、認証、インフラストラクチャに関する課題を解決することを目的としている。

1/4スケールモデルがデモフライト

この記事のライター

関連する投稿


AIRBUS(エアバス)が航空機の検査用ドローンを発表

AIRBUS(エアバス)が航空機の検査用ドローンを発表

4月10日から米国のフロリダ州オーランドで開催されているMRO AMERICASで、AIRBUS社(本社:フランス)は航空機の検査用ドローンを発表した。(田中亘)


エアバス社がシンガポールでドローン空輸プロジェクトを初披露

エアバス社がシンガポールでドローン空輸プロジェクトを初披露

2018年2月7日。エアバス社はシンガポール国立大学で、ドローンによる物流を目指すSkywaysプロジェクトを初披露した。


エアバス、ドローン型4人乗り自律飛行ヘリ「CityAirbus」の試験飛行を2018年末に開始

エアバス、ドローン型4人乗り自律飛行ヘリ「CityAirbus」の試験飛行を2018年末に開始

 Airbus傘下のAirbus Helicoptersは、ドローン型4人乗り自律飛行ヘリコプター「CityAirbus」の飛行試験を2018年末に開始する。


エアバス社が米国でドローン事業を開始

エアバス社が米国でドローン事業を開始

米国テキサス州ダラス。2017年5月10日、エアバス社(証券取引所シンボル:AIR)は、商業用無人機のスタートアップ企業のAirbus Aerial(エアバス・エアリアル)を設立したと発表した。


最新の投稿


台湾の代理店がDJIの新しい農業用ドローンの動画を公開

台湾の代理店がDJIの新しい農業用ドローンの動画を公開

2018年12月4日。先創國際股份有限公司(台湾)は、YouTubeにDJIのT16という新型の農業用ドローンの動画を公開した。16リットルのタンクで1分間に4.8リットルの噴霧が可能。


LIFT AIRCRAFTが世界初のパーソナルフライングマシンを発表

LIFT AIRCRAFTが世界初のパーソナルフライングマシンを発表

2018年12月12日。LIFT AIRCRAFT(アメリカ)は、世界初のパーソナルフライングマシンを発表し、2019年から飛行予約をスタートすると自社サイトで案内している。


【慶大×田村市】船引高校で特別講座開催 課題は「〇」と「8」を描くこと…やすやすと

【慶大×田村市】船引高校で特別講座開催 課題は「〇」と「8」を描くこと…やすやすと

 ドローン研究に取り組んでいる慶大が指導する福島県立船引高校(福島県田村市)で、ドローン特別講座が開かれ、特設ドローン部の高校生たちが、ドローン初心者の当面の目標である、「〇」や「8」の操作課題を与えられた。やすやすとこなす腕前を披露する徒もいて、操縦の上達が目覚ましい。


DRONE MEDIAが12月27日に「ドローン忘年会」開催 各メディア編集長の座談会や表彰式も

DRONE MEDIAが12月27日に「ドローン忘年会」開催 各メディア編集長の座談会や表彰式も

 ドローン専門サイトとして国内の草分け的存在、DRONE MEDIAが12月27日、「ドローン忘年会」を開きます。今年1年をふりかえり、来年を展望しようという企画です。目玉企画は「各編集長と振り返る2018年のドローン業界」。DroneTimesからも副編集長の村山繁がお邪魔します。楽しみっ!


【慶大×田村市】ドロコンたむらが定例会開催 慶大・南氏、豊富な動画で紹介

【慶大×田村市】ドロコンたむらが定例会開催 慶大・南氏、豊富な動画で紹介

 福島県田村市でドローンの利活用に関心を寄せる有志が創設した異業種コミュニティー、「ドローンコンソーシアムたむら」が12月13日、定例会を開いた。慶大ドローン社会共創コンソーシアムの南政樹副代表が、「ドローンの可能性と具体例について」と題し、映像をふんだんに使い、利活用の事例を紹介した。