米国ANRA TECHNOLOGIESのUASトラフィック管理(UTM)が英国に進出

米国ANRA TECHNOLOGIESのUASトラフィック管理(UTM)が英国に進出

2018年12月3日-米国ワシントンDC。NASAに協力してUTMソリューションを開発しているANRA TECHNOLOGIES(米国)は、そのテクノロジーを英国に展開すると発表した。


英国のUASトラフィック管理(UTM)プログラムと契約を締結

 商業無人運転および無人交通管理プラットフォームの有力プロバイダーであるANRA Technologies(米国)は、英国のUASトラフィック管理(UTM)プログラムの契約を締結したと発表した。UTMプログラムは、英国空域への無人機の安全な統合を可能にすることを目的とした、政府主導の広範なプログラムの一部。
 UTMプログラムは、Transport Systems Catapult(TSC)の統治下となる。TSCは、ANRA TechnologiesとUTMサービスプロバイダー(UTMSP)および航空ナビゲーションサービスプロバイダー(ANSP)と協力して、適切な英国政府の規制およびその他ステークホルダーからのサポートを受ける。
 現在、数多くのUTMサービスがフレームワークとは独立して開発されており、潜在的に低高度の航空交通をもたらしている。複数のUTM関係者が情報の配布や空域のインテリジェントな管理に参加することを可能にする将来のUTMアーキテクチャを探求する必要がある。今回のUTMプログラムの焦点は、UTMサービスプロバイダ(UTMSP)が運営するUTMフレームワークの作成にある。このプログラムは、さまざまなUTMSPと必要なデータソースの間でどのように情報をやりとりすることができるかを調査し、重要な安全要件を達成するための空域調整が達成できるようにすることを目指していく。

NASA発のUTM技術を選択した英国政府

 Transport Systems Catapult のマーク・ウエストウッド(Mark Westwood)CTOは「URAの英国フレームワークの開発に加わることをANRAに祝福したいと思います。UASトラフィック管理への統合されたアプローチを持つことは、この技術の幅広い採用と、ドローンの目視外飛行の商業化にとって重要な可能性を秘めています。我々は、この分野におけるANRAの経験が、この高成長潜在部門のためのインパクトを創出するプロジェクトをサポートすることを確信しています」と述べる。
 UTMプログラムの目的は、無人機とその飛行を管理および監視するための独立した自律指向のスケーラブルなシステム開発にある。UTMシステムは、障害物、地形、気象、空域、コマンドと制御、パフォーマンスデータなどの外部からの入力を考慮し、このデータを事業者/サービスプロバイダに提供する。
 また、人間の利害関係者に、UASを遠隔的に特定し、空域操作の発射、実行、および終了にかかわらず、任務管理に関する戦略的決定を行う能力を提供する。そして、確認などの手順と操作方法などは、認証され認可されたUASだけが指定された空域で動作できることを保証する必要がある。
 ANRA Technologiesのアミット・ガンジュー(Amit Ganjoo)CEOは「このプロジェクトの一環として、他の場所でも同様の取り組みに携わってきた経験を活かし、今後数ヶ月にわたって政府および業界のパートナーを迎えることを楽しみにしています」と話す。

ANRAの開発するDroneUSSは低空域操作のためのUAS Traffic Management(UTM)プラットフォーム

この記事のライター

関連するキーワード


UTM ANRA TSC UTMSP ANSP

関連する投稿


HuaweiとUniflyがドローンの飛行管制システムで協力を発表

HuaweiとUniflyがドローンの飛行管制システムで協力を発表

深セン、中国 - 2018年6月11日 - 通信大手のHuawei Technologies Co.、Ltd(中国)とドローン管制システムのUnifly NV(ベルギー)は、UASトラフィック管理(UTM)システムの分野で協力する覚書に署名した。覚書では、研究開発とUTM市場に共同でアプローチする。


米国NASAとFAAがネバダ州のUAS試験場でレベル3飛行管制試験を完了

米国NASAとFAAがネバダ州のUAS試験場でレベル3飛行管制試験を完了

RENO、ネバダ州、2018年3月26日。NASAのUTMパートナー企業は、リノ・ステッド空港のネバダUAS試験場で、1週間にわたり複数のUASを安全に統合するための空域管理の実証実験を行い、目視外での飛行管制(TCL 3)試験を完了した。(田中亘)


【ジャパンドローン2018】2018年をドローンUTM元年にするテラドローンとUnifly

【ジャパンドローン2018】2018年をドローンUTM元年にするテラドローンとUnifly

テラドローンは、ドローン運行管理システム(UTM)業界の世界的リーディングカンパニーであるUnifly NV(ベルギー)社と共同で、ドローンジャパン2018に出展し、日本市場へのUTM普及をアピールしていた。


IntegraとUniflyは空港付近での安全なドローン飛行で協力

IntegraとUniflyは空港付近での安全なドローン飛行で協力

ベルギーでドローンの飛行管理システム(UTM)プラットフォームを開発するUnifly社は、デンマークでANSP CAA認定ライセンスを所有するIntegra Aviation Academy社と協力して、ドローンが空港周辺で安全に操作できる環境を整備すると発表した。


米国ドローン市場の予測から日本市場の2018年を考える(後編)

米国ドローン市場の予測から日本市場の2018年を考える(後編)

欧米でドローンの展示会やニュースを発信しているCOMMERCIAL UAV EXPO社が、2018年の産業用ドローン市場に対する8つの予測を発表した。後編では、残る4つの予測と日本市場について考察する。


最新の投稿


台湾の代理店がDJIの新しい農業用ドローンの動画を公開

台湾の代理店がDJIの新しい農業用ドローンの動画を公開

2018年12月4日。先創國際股份有限公司(台湾)は、YouTubeにDJIのT16という新型の農業用ドローンの動画を公開した。16リットルのタンクで1分間に4.8リットルの噴霧が可能。


LIFT AIRCRAFTが世界初のパーソナルフライングマシンを発表

LIFT AIRCRAFTが世界初のパーソナルフライングマシンを発表

2018年12月12日。LIFT AIRCRAFT(アメリカ)は、世界初のパーソナルフライングマシンを発表し、2019年から飛行予約をスタートすると自社サイトで案内している。


【慶大×田村市】船引高校で特別講座開催 課題は「〇」と「8」を描くこと…やすやすと

【慶大×田村市】船引高校で特別講座開催 課題は「〇」と「8」を描くこと…やすやすと

 ドローン研究に取り組んでいる慶大が指導する福島県立船引高校(福島県田村市)で、ドローン特別講座が開かれ、特設ドローン部の高校生たちが、ドローン初心者の当面の目標である、「〇」や「8」の操作課題を与えられた。やすやすとこなす腕前を披露する徒もいて、操縦の上達が目覚ましい。


DRONE MEDIAが12月27日に「ドローン忘年会」開催 各メディア編集長の座談会や表彰式も

DRONE MEDIAが12月27日に「ドローン忘年会」開催 各メディア編集長の座談会や表彰式も

 ドローン専門サイトとして国内の草分け的存在、DRONE MEDIAが12月27日、「ドローン忘年会」を開きます。今年1年をふりかえり、来年を展望しようという企画です。目玉企画は「各編集長と振り返る2018年のドローン業界」。DroneTimesからも副編集長の村山繁がお邪魔します。楽しみっ!


【慶大×田村市】ドロコンたむらが定例会開催 慶大・南氏、豊富な動画で紹介

【慶大×田村市】ドロコンたむらが定例会開催 慶大・南氏、豊富な動画で紹介

 福島県田村市でドローンの利活用に関心を寄せる有志が創設した異業種コミュニティー、「ドローンコンソーシアムたむら」が12月13日、定例会を開いた。慶大ドローン社会共創コンソーシアムの南政樹副代表が、「ドローンの可能性と具体例について」と題し、映像をふんだんに使い、利活用の事例を紹介した。