テラドローン、レーザー測量を身近にする「Terra Lidar」1月販売開始

テラドローン、レーザー測量を身近にする「Terra Lidar」1月販売開始

テラドローンは「Terra Lidar」製品説明会を12月5日行った。早稲田大学との共同開発によるUAVレーザシステム「Terra Lidar」の製品概要から販売モデルなどを紹介。


「Terra Lidar」、従来のUAVレーザスキャナより大幅な低価格を実現

 「Terra Lidar」は、これまで1,500万円以上したLidar測量を3分の1から半額で実現する日本独自のUAVレーザシステム。DJIのMatrice 600をベースに、早稲田大学と共同で開発した専用システムを取り付ける。その基本スペックは、重量 3.8kgの本体に、計測精度は5cm RMS(@対地高度50m)で、取得点群数は平方メートルあたり約400点になる。動作電圧は12-18vで、消費電力は13w。サイズは、1.8 x 1.8 x 0.4mでドローン本体からか別バッテリーを使って給電する。利用するレーザは、ベロダイン製のVLP-16。マルチGNSSアンテナ方式により、1周波RTKで高い精度を実現する。GNSSは、10Hzの取得周期でGPS,GLONASs,BeiDouの衛星を利用する。GNSS精度は2cm(RTK)で保管用ジャイロは100Hzになる。レーザはClass 1 Eye safeで、波長は903nm。最大レンジは70mで、精度は±3cm 。取得点数は30万点/秒以上になり、エコー数は2。
 「Terra Lidar」の特長は、6つのアンテナを利用した位置精度の高さ。1つのアンテナでは、40%から70%の精度が限界だが、6つのアンテナとRTKの地上局を組み合せることで、100%に近い位置の推定が可能になった。その結果、高性能なIMUを利用していないレーザ計測装置でも、高精度な測量を可能にした。テラドローンでは、「Terra Lidar」の精度を確かめるために、既存のLidar測量と地上での実測値を検証し、ほとんど違いがないことを検証した。

導入費用は550万円から解析は別料金

 「Terra Lidar」の販売は、テラドローンのレーザーパートナー提携企業を優先していく。予約注文が前提で、1月からの正式販売を予定する。価格は、初期導入費用が550万円から600万円で、Lidar費用と導入指導費に保守・メンテナンス費用が含まれる。計測したデータの解析費用は、定額プランと都度プランが用意され、30万円前後の価格になる。その他のオプションとしては、解析やフィルタリングに等高線、図化、精度管理表などが用意される。また、保守・メンテナンスや定期点検サービスに修理費用は、初期診断後に都度見積となる。保険も準備中で、1月の販売時には正式な内容と価格が発表される予定。
 年間の販売台数は、国内で100台を目標としている。
 「Terra Lidar」は、海外での販売も行うが、説明会でテラドローンでは「国産技術」である点を強調していた。6つのアンテナによる計測技術を国内で開発しているので、販売後のサポートやサービスも国内の事業者に安心して利用してもらえる利点があるという。
 今後は、ベロダイン製以外のLidarを搭載するモデルも提供する計画。

この記事のライター

関連する投稿


テラドローン、豪のC4D Intelを買収、新会社Terra Drone Australia設立 海外拠点10社に

テラドローン、豪のC4D Intelを買収、新会社Terra Drone Australia設立 海外拠点10社に

テラドローン株式会社(東京都渋谷区)は、 欧州・アフリカ支社に続き、 C4D Intel(豪) に大型出資契約の締結を完了、 鉱業分野、 オイル&ガス等エネルギー分野のドローン活用拡大を目指す新会社Terra Drone Australiaを設立したと発表した。


テラドローン、屋根積算ソフト最大手の ヤナイ・ソフトウエアーと業務提携 屋根画像から自動での屋根積算が可能に

テラドローン、屋根積算ソフト最大手の ヤナイ・ソフトウエアーと業務提携 屋根画像から自動での屋根積算が可能に

ドローンで撮影した屋根画像から自動での屋根積算が可能に


テラドローン、「空飛ぶクルマ」事業参入。2020年デモフライトを目指すCARTIVATORへの支援開始

テラドローン、「空飛ぶクルマ」事業参入。2020年デモフライトを目指すCARTIVATORへの支援開始

テラドローン株式会社(東京都渋谷区、代表取締役/徳重 徹)は、日本発の空飛ぶクルマの開発を行う有志の活動「CARTIVATOR」の資金資材の管理及び団体の運営を担う一般社団法人CARTIVATOR Resource Management(以下:CARTIVATOR)とスポンサー契約を締結したと発表した。


テラドローンが欧州のドローンサービス企業Skeyeを買収

テラドローンが欧州のドローンサービス企業Skeyeを買収

テラドローン株式会社(東京都渋谷区、代表取締役社長 / 徳重 徹、以下テラドローン)は、ヨーロッパのドローン業界を牽引するSkeye BV(オランダ、代表取締役社長/ Pieter Franken、以下Skeye)の過半数株式を取得し、Terra Drone Europe を設立すると発表した。


テラドローン、早稲田大学共同で独自技術によるUAVレーザシステム「Terra Lidar」を開発

テラドローン、早稲田大学共同で独自技術によるUAVレーザシステム「Terra Lidar」を開発

テラドローンは早稲田大学スマート社会技術融合研究機構の鈴木太郎主任研究員と共同で、 独自技術によるUAVレーザシステム「Terra Lidar」の共同開発を完了した。 このシステムは鈴木研究員が内閣府総合科学技術・イノベーション会議が主導する革新的研究開発推進プログラム(ImPACT)において研究開発した技術を応用。


最新の投稿


台湾の代理店がDJIの新しい農業用ドローンの動画を公開

台湾の代理店がDJIの新しい農業用ドローンの動画を公開

2018年12月4日。先創國際股份有限公司(台湾)は、YouTubeにDJIのT16という新型の農業用ドローンの動画を公開した。16リットルのタンクで1分間に4.8リットルの噴霧が可能。


LIFT AIRCRAFTが世界初のパーソナルフライングマシンを発表

LIFT AIRCRAFTが世界初のパーソナルフライングマシンを発表

2018年12月12日。LIFT AIRCRAFT(アメリカ)は、世界初のパーソナルフライングマシンを発表し、2019年から飛行予約をスタートすると自社サイトで案内している。


【慶大×田村市】船引高校で特別講座開催 課題は「〇」と「8」を描くこと…やすやすと

【慶大×田村市】船引高校で特別講座開催 課題は「〇」と「8」を描くこと…やすやすと

 ドローン研究に取り組んでいる慶大が指導する福島県立船引高校(福島県田村市)で、ドローン特別講座が開かれ、特設ドローン部の高校生たちが、ドローン初心者の当面の目標である、「〇」や「8」の操作課題を与えられた。やすやすとこなす腕前を披露する徒もいて、操縦の上達が目覚ましい。


DRONE MEDIAが12月27日に「ドローン忘年会」開催 各メディア編集長の座談会や表彰式も

DRONE MEDIAが12月27日に「ドローン忘年会」開催 各メディア編集長の座談会や表彰式も

 ドローン専門サイトとして国内の草分け的存在、DRONE MEDIAが12月27日、「ドローン忘年会」を開きます。今年1年をふりかえり、来年を展望しようという企画です。目玉企画は「各編集長と振り返る2018年のドローン業界」。DroneTimesからも副編集長の村山繁がお邪魔します。楽しみっ!


【慶大×田村市】ドロコンたむらが定例会開催 慶大・南氏、豊富な動画で紹介

【慶大×田村市】ドロコンたむらが定例会開催 慶大・南氏、豊富な動画で紹介

 福島県田村市でドローンの利活用に関心を寄せる有志が創設した異業種コミュニティー、「ドローンコンソーシアムたむら」が12月13日、定例会を開いた。慶大ドローン社会共創コンソーシアムの南政樹副代表が、「ドローンの可能性と具体例について」と題し、映像をふんだんに使い、利活用の事例を紹介した。