DroneFund2号、GRIFFに230万ドル出資 ノルウェーの高性能機メーカー

DroneFund2号、GRIFFに230万ドル出資 ノルウェーの高性能機メーカー

 ドローンスタートアップに特化したDroneFundは、今年(2018年)8月1日で設立したDroneFund2号からノルウェーの高出力ドローンメーカー、GRIFF Aviationに230万ドル(約2憶6000万円)を出資したと発表した。


GRIFF Roughneckは200㎏積載

 GRIFF Aviationは高性能UAVの開発で知られ、「GRIFF Roughneck」は最大積載量200kg(441ポンド)の輸送力を持つ。クレーンなどで運びにくい場所への輸送を可能にする機体として可能性が高く評価されている。システムは欧州航空安全局が定める欧州UAS製造安全規制に適合予定という。

 ほかにも、映画などの撮影対応機、消防対応機、警備対応機、作物や家畜の世話のできる農業用機、長距離輸送機を開発している。

 日本では今年6月、湘南海外で開催された「湘南UAVデモンストレーション」で主力機「GRIFF135」がデモフライトを披露し、大きな潜在力を示した。

6月に開催された湘南UAVデモンストレーションでその潜在力の高さを見せつけたGRIFF135

この記事のライター

関連するキーワード


DroneFund GRIFF

関連する投稿


CLUE、ドローンのソフト開発CLUEが3.3億円の資金調達を実施

CLUE、ドローンのソフト開発CLUEが3.3億円の資金調達を実施

株式会社CLUEはこの度、リアルテックファンド、DroneFund、アイ・マーキュリーキャピタル株式会社、Spiral Ventures、電通ベンチャーズ、株式会社ドリームインキュベータ、株式会社アドウェイズ、家入一真氏、及び既存株主らを引受先とする3.3億円の第三者割当増資を実施したと発表した。


最新の投稿


台湾の代理店がDJIの新しい農業用ドローンの動画を公開

台湾の代理店がDJIの新しい農業用ドローンの動画を公開

2018年12月4日。先創國際股份有限公司(台湾)は、YouTubeにDJIのT16という新型の農業用ドローンの動画を公開した。16リットルのタンクで1分間に4.8リットルの噴霧が可能。


LIFT AIRCRAFTが世界初のパーソナルフライングマシンを発表

LIFT AIRCRAFTが世界初のパーソナルフライングマシンを発表

2018年12月12日。LIFT AIRCRAFT(アメリカ)は、世界初のパーソナルフライングマシンを発表し、2019年から飛行予約をスタートすると自社サイトで案内している。


【慶大×田村市】船引高校で特別講座開催 課題は「〇」と「8」を描くこと…やすやすと

【慶大×田村市】船引高校で特別講座開催 課題は「〇」と「8」を描くこと…やすやすと

 ドローン研究に取り組んでいる慶大が指導する福島県立船引高校(福島県田村市)で、ドローン特別講座が開かれ、特設ドローン部の高校生たちが、ドローン初心者の当面の目標である、「〇」や「8」の操作課題を与えられた。やすやすとこなす腕前を披露する徒もいて、操縦の上達が目覚ましい。


DRONE MEDIAが12月27日に「ドローン忘年会」開催 各メディア編集長の座談会や表彰式も

DRONE MEDIAが12月27日に「ドローン忘年会」開催 各メディア編集長の座談会や表彰式も

 ドローン専門サイトとして国内の草分け的存在、DRONE MEDIAが12月27日、「ドローン忘年会」を開きます。今年1年をふりかえり、来年を展望しようという企画です。目玉企画は「各編集長と振り返る2018年のドローン業界」。DroneTimesからも副編集長の村山繁がお邪魔します。楽しみっ!


【慶大×田村市】ドロコンたむらが定例会開催 慶大・南氏、豊富な動画で紹介

【慶大×田村市】ドロコンたむらが定例会開催 慶大・南氏、豊富な動画で紹介

 福島県田村市でドローンの利活用に関心を寄せる有志が創設した異業種コミュニティー、「ドローンコンソーシアムたむら」が12月13日、定例会を開いた。慶大ドローン社会共創コンソーシアムの南政樹副代表が、「ドローンの可能性と具体例について」と題し、映像をふんだんに使い、利活用の事例を紹介した。