国際航業ドローンスクール・ドローンタイムズのスタッフが三次元計測まで挑戦

国際航業ドローンスクール・ドローンタイムズのスタッフが三次元計測まで挑戦

ドローンの操縦技術から3次元計測の実践スキルを一貫して習得できる国際航業のドローンスクールに、ドローンタイムズのスタッフが挑戦した。果たして、JUIDA認定カリキュラムをクリアして、彼らは晴れてドローンパイロットになれるのだろうか。


国際航業が提供する3つのカリキュラム

テニスコートを活用して3チームに分かれて操縦を練習

 国際航業のドローンスクールは、3つのカリキュラムを用意している。ひとつは、計測の知識もドローンの操縦経験もない人向けの座学と実技を通して計測の知識や安全運航の知識と操縦テクニックを学ぶ「3次元計測カリキュラム」。ふたつめが、一般社団法人ドローン測量教育研究機構(DSERO)が実施するドローンの計測・技能を証明する認定資格(管理士、技能士)を取得できる「DSERO認定カリキュラム」。そして、一般社団法人日本UAS産業振興協議会(JUIDA)の認定スクールとして、JUIDAの操縦技能証明証及び安全運航管理者証明証を取得できる「JUIDA認定カリキュラム」。

国際航業のドローンスクールが用意するカリキュラム

 ドローンタイムズの吉田氏と廣岡氏の2名が、3次元測量士を目指して「3次元計測カリキュラム」に挑んだ。「3次元計測カリキュラム」は、入門から上級までのコースにわかれていて、現在は中級コースまでの受講ができる。どのコースを受講するべきかは、国際航業のサイトで詳しく紹介されている。

コースの選択方法をわかりやすく解説したサイト

操縦技能コースに挑む2名の勇姿

バッテリーの交換方法なども正しく指導される

非GPS環境で真剣に操作するドローンタイムズの吉田氏(右)

 吉田・廣岡の両名は、本格的なドローンの操縦経験がなかったので、「3次元計測カリキュラム」の「操縦技能コース」も受講した。4日間の座学と実技で構成された「操縦技能コース」は、埼玉県の「フレンドシップハイツよしみ」で開催された。体育館、グラウンドゴルフ場、フットサルコート、テニスコート、研修施設などを備えた「フレンドシップハイツよしみ」では、研修施設でシミュレーターによる模擬操縦や安全運航のための基礎講習が、テニスコートで操縦技能の研修が行われた。
 取材に訪れた初日の技能研修では、飛行開始の基本操作やホバリングに左右移動など、基礎的な操縦を理解した後に、GPSを解除した状態での訓練が行われた。研修を指導した教官によれば、ドローン操縦で発生するトラブルの中でも、GPSロストによるパイロットのパニックが多いという。そのため、非GPS状態のドローンを安定して操作できるようになれば、万が一の事態にも冷静に対処できるようになる。こうした理由から、操作の多くがGPSオフによるドローンの安定した飛行を中心としたレッスンとなっていた。
 実際のレッスンでは、ARM後にPhantom 4がホバリング状態になると、教官がGPSをオフにする。すると、Phantom 4は地球の自転や風などの影響で、機体は勝手に移動してしまう。その状態で、研修者はスティックを微妙に動かしてホバリングの位置をキープできるようにならなければならない。研修の開始当初は、意図する位置に留められずに戸惑う操縦者もいたが、2回3回と練習を繰り返すたびに、各自が上達していった。
 研修では、3〜4名が交代でPhantom 4を操縦する。自分が操作していないときも、他の人が操縦する様子を見ることで、飛行のコツを習得できる。
 国際航業の技術サービス本部 本店営業部 企画グループの本元里奈さんによれば、「操縦技能コース」の座学や実技は経験豊富なスタッフが担当し、国際航業は機材の手配や運営にサポートなど事務局としての業務を担っている。実技の研修中も、国際航業のスタッフがPhantom 4のバッテリーを回収するなど、円滑な運営をきめ細かくサポートしていた。
 「操縦技能コース」は、2日目の実技で機体の斜め移動など、GPSオフで難易度の高い操縦も練習する。そして、研修の最終日に技能検定が行われ、合格すればJUIDAに申請して認定証がもらえる。
 果たして、ドローンタイムズのスタッフは無事にライセンスを取得できたのかどうか。そのレポートはまた後日に。

操縦のコツをつかんで操作に集中するドローンタイムズの廣岡氏(手前)

教官(左)がプロポでサポートしながら操縦訓練が行われる

お話を伺った国際航業の技術サービス本部 本店営業部 企画グループの本元里奈さん

この記事のライター

関連する投稿


【Japan Drone 2019】ドローン専用テストフィールド福島RTF始動! 目視外飛行実現に向けた大規模実証実験報告

【Japan Drone 2019】ドローン専用テストフィールド福島RTF始動! 目視外飛行実現に向けた大規模実証実験報告

JUIDA、JUAV、JUTM、NICTは、福島ロボットテストフィールド(福島RTF)の機能評価と目視外飛行実現に向けた大規模実証実験を実施、3月15日、ジャパンドローン2019の最終日の特別講演でその成果を報告した。


日本最大級の国際展示会&国際コンファレンス「Japan Drone 2019」開幕 15日まで

日本最大級の国際展示会&国際コンファレンス「Japan Drone 2019」開幕 15日まで

発展を遂げる民間ドローン産業に関する日本最大級の国際展示会&国際コンファレンス「Japan Drone 2019」(主催:一般社団法人日本UAS産業振興協議会/JUIDA)が、 3 月13日、千葉県の幕張メッセで開催された。15日まで。


DJI JAPANが国際航業が提携、高精度 UAV 測量のための「Phantom 4 RTK写真測量講習プロ グラム」提供開始

DJI JAPANが国際航業が提携、高精度 UAV 測量のための「Phantom 4 RTK写真測量講習プロ グラム」提供開始

DJI JAPAN (東京都港区)と do (東京都千代田区)は、国際航業と業務提携し、高精度 UAV 測量を実 現するための講習プログラムを開発し、全国の提携講習団体が3 月から受講者の募集 を開始 する。


ヤマハ発動機、スマート農業ソフトウェア「YSAP」提供で国際航業、トプコン、ウォー ターセルと協業

ヤマハ発動機、スマート農業ソフトウェア「YSAP」提供で国際航業、トプコン、ウォー ターセルと協業

ヤマハ発動機株式会社は、農業用ドローン「YMR-08」や産業用無人ヘリに よる農薬散布・施肥作業のデータ管理や運行管理をスマートフォンやパソコン端末で簡単に行えるソ フトウェア・サービス「 YSAP」の提供開始に向け、観測・解析などのエキスパート企業 3 社と協業を開始すると3月8日、発表した。


陸上自衛隊東部方面隊がJUIDAと災害協定締結 陸自が大規模災害での情報収集にドローン活用

陸上自衛隊東部方面隊がJUIDAと災害協定締結 陸自が大規模災害での情報収集にドローン活用

陸上自衛隊東部方面隊は、一般社団法人日本UAS産業振興協議会(JUIDA)と「大規模災害発生時における災害応援に関する協定」を2月15日、締結した。陸自のみならず自衛隊がドローン関連団体と災害時協定を締結するのは初めて。


最新の投稿


シナジーテック、夜間捜索ドローン専用 照明キットを新発売

シナジーテック、夜間捜索ドローン専用 照明キットを新発売

株式会社シナジーテック(徳島県阿南市宝田町)は、 ドローンに搭載可能な、 超軽量、 全光束25,000ルーメンのLED照明ユニット「DL250」を開発、 販売を開始した。


ドローン大学校が修了生と共同事業、「ドローン送信機用モニター取付ネジ”DRONE TX SCREW”」の販売開始

ドローン大学校が修了生と共同事業、「ドローン送信機用モニター取付ネジ”DRONE TX SCREW”」の販売開始

ドローンビジネスの創造をビジョンとするドローン大学校は、修了生の丹羽雅裕氏が代表取締役を務める株式会社丹羽電機とのアライアンスによる「ドローン送信機(プロポ)用モニター取付ネジ”DRONE TX SCREW”」の製造・販売を開始する。


イーエムアイ・ラボが開発、レーザー測量用ドローン発売

イーエムアイ・ラボが開発、レーザー測量用ドローン発売

株式会社イーエムアイ・ラボ(長野県/ EMI-LAB)は、 UAVレーザー機の販売を3月から開始。


農業用ドローンのナイルワークス、総額約16億円の第三者割当増資を実施

農業用ドローンのナイルワークス、総額約16億円の第三者割当増資を実施

新型機の量産体制を確立、2019年度より販売開始。


NVIDIAが小型でパワフルな99 ドルのNVIDIA CUDA-X AI コンピューターJetson Nano を発表

NVIDIAが小型でパワフルな99 ドルのNVIDIA CUDA-X AI コンピューターJetson Nano を発表

2019 年 3 月 18 日 - カリフォルニア州サンノゼ。NVIDIA は米国で開催したGPU Technology Conferenceで、数百万のインテリジェントなシステムの開発を可能にする AI コンピューター Jetson Nano を発表した。