サン電子とドコモ、5GとARスマートグラスを活用したドローンの遠隔支援で実証実験開始

サン電子とドコモ、5GとARスマートグラスを活用したドローンの遠隔支援で実証実験開始

 サン電子株式会社と株式会社NTTドコモ東海支社は、第5世代移動通信方式(5G)と、サン電子のARスマートグラス「AceReal One」を活用したドローンの遠隔支援などの実証実験を12月4日から開始した。


 サン電子株式会社と株式会社NTTドコモ東海支社は、第5世代移動通信方式(5G)と、サン電子のARスマートグラス「AceReal One」を活用したドローンの遠隔支援などの実証実験を12月4日から開始した。
 今回の実証実験では、サン電子のARスマートグラス「AceReal One」に高速大容量・低遅延が特徴である5Gネットワークを組み合わせ、ドローンのカメラで撮影している映像を遅延が発生することなく鮮明にパソコンへ表示させ、遠隔地から工場設備点検や災害救助などの現場へのリアルタイムでの作業支援・指示の実現を目指す。
 また、シースルーディスプレイを搭載している「AceReal One」にドローンのカメラで撮影している映像をWi-Fiを通じて表示させ、機体の目視と映像内容の確認の両立を実現させる。これにより、視線の上下動を抑え、一定方向へ固定させることで、ドローンの操作性の向上が期待される。

 5G技術検証環境「ドコモ5Gオープンラボ™ OSAKA」で、先行実証実験を実施した結果、今後も同様の取組みが必要との認識でサン電子とドコモが一致したため、継続的に実証実験を実施するための覚書の締結に11月20日、至った。

 また、に東京ビッグサイトで12月6日〜7日に開催された5G・AI・IoTなどの最新技術とそのビジネスソリューションの展示会「DOCOMO Open House 2018」では、実証実験で実施したドローンと「AceReal One」のデモ展示や遠隔作業支援、AR作業支援のデモ展示を行った。

<ドローンによる遠隔支援の先行実証実験システム構成図(イメージ)>

5G技術検証環境「ドコモ5Gオープンラボ OSAKA」で実施された先行実証実験の様子=11月20日

【本件に関する報道機関からのお問い合せ先】

■サン電子株式会社
AceReal事業部 営業部業務課 尾関
〒453-6120
名古屋市中村区平池町四丁目60番12
グローバルゲート20階
TEL:052-756-5992
E-mail:acereal_info@sun-denshi.co.jp

■株式会社NTTドコモ東海支社
企画総務部 広報室 西野・山田
〒461-8565
名古屋市東区東桜一丁目1番10号
アーバンネット名古屋ビル
TEL:052-968-7171
E-mail:event_tokai-ml@nttdocomo.com

【「5GとARスマートグラスを活用したドローンの遠隔支援などの実証実験」の概要】

1.実証実験開始日

2018年12月4日(火)

2.実証実験内容

(1)通信手段がLTEから5Gになることで「AceReal」がどの様に使いやすくなるのかを定量的に計測を行った
(2)(1)の検証結果を元に「AceReal」への5Gモジュール搭載の可能性を検討する。

3.各社の役割

【サン電子製ARスマートグラス「AceReal One」の概要】

1.販売開始

2019年1月下旬(予定)

2.外観・構成※1

3.特徴

 ARスマートグラス「AceReal One」は現場作業支援に特化した仕様で、防塵・防滴対応、高温環境での動作、ヘルメット※2への装着といった産業用途に最適化された特徴があり、特に屋内外のフィールド作業に耐えられるようにデザインされている。

【5G技術検証環境「ドコモ5Gオープンラボ OSAKA」の概要】

1.開設の目的

 2020年の5G商用サービス開始に向けて、「ドコモ5Gオープンパートナープログラム※3」に参画している企業・団体が、5Gの実験基地局装置などを無償で利用できる5G技術検証環境スペースの提供

2.開設日

2018年9月14日(金)

3.開設場所

大阪府大阪市北区梅田一丁目10番1号(梅田DTタワー5階)

4.内観(イメージ)

※3 「ドコモ5Gオープンパートナープログラム」とは、2020年の商用サービスの開始をめざしている第5世代移動通信方式(5G)において、幅広いパートナーと共に新たな利用シーン創出に向けた取り組みを拡大することを目的に、パートナーとなる企業・団体に対し、5Gの技術や仕様に関する情報の提供や、パートナー間の意見交換を行う5Gパートナーワークショップの場、5Gの実験基地局装置や実験移動局に接続する映像伝送機器などを無償で提供するもの。

【「DOCOMO Open House 2018」の概要】

1.開催の目的

(1)5Gに加え、AIやIoTなどの最新技術から、それらを活用したビジネスソリューションまで幅広く紹介
(2)協創を進めているパートナーの皆さまによる講演や展示など、多彩なプログラムを用意

2.開催日

2018年12月6日(木)、7日(金) 9:00 – 18:00

3.開催場所

東京都江東区有明3丁目11-1(東京ビッグサイト)

4.詳細情報

「DOCOMO Open House 2018」ホームページ
http://docomo-rd-openhouse.jp/

【2018年11月28日(水)報道発表資料】
「DOCOMO Open House 2018」を開催-ビジネスを、世界を、5Gで革新する-
https://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/2018/11/28_00.html

この記事のライター

関連する投稿


【Japan Drone 2019】ドコモがドローン関連ソリューションを一堂に展示

【Japan Drone 2019】ドコモがドローン関連ソリューションを一堂に展示

NTTドコモは、Japan Drone 2019で10種類のドローン関連ソリューションを展示した。そのなかでも、映像伝送や基地局点検など4つの重点的な取り組みを前面にアピールしていた。


NEDOなどが同一空域で4事業者が10機のドローンを同時運航

NEDOなどが同一空域で4事業者が10機のドローンを同時運航

福島県南相馬市。福島ロボットテストフィールドで、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)を中心として、複数の参画企業が、同一空域・複数ドローン事業者のための運航管理システムの実証実験を3月1日、福島県南相馬市の福島ロボットテストフィールドで実施、10機のドローンによる同時飛行に成功した。


ドコモ5Gでウインドサーフィンワールドカップの海上映像の伝送成功 ドローン空撮伝送も

ドコモ5Gでウインドサーフィンワールドカップの海上映像の伝送成功 ドローン空撮伝送も

株式会社NTTドコモ(ドコモ)がNPO法人日本ウインドサーフィン協会(JWA)と、「ウインドサーフィンワールドカップ横須賀大会 (ウインドサーフィンワールドカップ)において、28GHz帯における第5世代移動通信方式(5G)を 用いた海上での無線通信による4K映像の伝送実験の成功事例を紹介。


Japan IT Week 2018春に登場したドローン関連テクノロジーの数々

Japan IT Week 2018春に登場したドローン関連テクノロジーの数々

東京ビッグサイトで開催されたJapan IT Week 2018春に、ドローン関連のソリューションやテクノロジーが出展した。IoT端末や無線通信にセンサー技術など、ドローン関連の展示を追った。(田中亘)


エアロセンス、VTOLとドローン用 LTE 通信デバイスを用いた リアルタイム映像伝送実験に成功 新たな防災インフラ構築へ

エアロセンス、VTOLとドローン用 LTE 通信デバイスを用いた リアルタイム映像伝送実験に成功 新たな防災インフラ構築へ

エアロセンス株式会社(東京都文京区)は、株式会社NTTドコモ (東京都千代田区)と、災害発生時の被災状況把握を映像で広域、迅速に行うことを目的とした新たな防 災インフラの構築に向けた飛行実験を実施、VTOL機と LTE 通信が可能なドローン用 LTE 通信デバイス用いた広域リアルタイム映像伝送に成功した。


最新の投稿


エアロセンス、4K 非圧縮映像と制御通信の伝送を可能にする有線ドローン AEROBO® onAir システムの販売開始

エアロセンス、4K 非圧縮映像と制御通信の伝送を可能にする有線ドローン AEROBO® onAir システムの販売開始

エアロセンス株式会社(東京都文京区)は、テレビ中継、点検、 監視など多岐にわたるソリューションに向けた自律飛行型ドローン・プラットフォーム AEROBO onAir の新シ リーズとして、有線ドローン、新 3 軸 BLDC ジンバルカメラ)、 新ケーブルシステムの販売を開始する。


Liberaware、屋内空間点検用ドローンのレンタル事業を開始

Liberaware、屋内空間点検用ドローンのレンタル事業を開始

小型産業ドローンの開発を行う株式会社Liberawareは、屋内の狭所空間で利用できる点検用ドローンのレンタル事業を4月から開始すると発表した。


フィンランドのヘルシンキで初となる都市部のドローン配送が始まる

フィンランドのヘルシンキで初となる都市部のドローン配送が始まる

2019年3月15日 – フィンランド。イギリスのドローンインフラ企業Skyports(英国)が、フィンランドのヴァンター(Vantaa)に住む消費者に、ドローンによる小包の配達を革新的なものにする機会を提供すると発表した。


CFDの法人向け水中ドローンレンタルサービス「春の半額キャンペーン」開催中!

CFDの法人向け水中ドローンレンタルサービス「春の半額キャンペーン」開催中!

PCパーツの総合サプライヤーCFD販売は、水中ドローンの法人向けレンタルサービスで、一部製品のレンタル価格が半額になるキャンペーンを開催中。


水素燃料電池を搭載した中国のLQ-Hが初飛行に成功

水素燃料電池を搭載した中国のLQ-Hが初飛行に成功

上海の英字新聞Shanghai Dailyのサイトで、中国のCommercial Aircraft Corporation(COMAC)が、水素燃料電池を搭載したLQ-Hの初飛行に成功したと報じた。