米国最大の警察(NYPD)が、FLYMOTIONの支援でドローンプログラムを開始

米国最大の警察(NYPD)が、FLYMOTIONの支援でドローンプログラムを開始

2018年12月6日-フロリダ州タンパ。ドローンソリューションを提供するFLYMOTION社(米国)は、米国最大の警察署(NYPD)と協力して「犯罪と戦うドローン」の導入を支援したと発表した。


14基で編成されたNYPDの防犯ドローン

 軍事、公共安全および戦術的運用における長年の運用経験を持つFLYMOTION社は、米国最大の警察署のニューヨーク市警察(NYPD)に協力し、「犯罪と戦うドローン」の導入をサポートしてきた。DJI Matrice 200に赤外線カメラやズームカメラを取り付けた防犯用のドローンは、NYPDのテクニカルアシスタンスレスポンスユニット(TARU)により14基が運用される。その編成は、11台のDJI Mavic Pro、2台のDJI M210 RTK、そしてDJI Inspireになる。
 FLYMOTION社は、NYPDにおける防犯ドローンのプログラムを成功させるために、コンサルティングから設備やトレーニングにサポートを提供した。FLYMOTION社とNYPDは、一年前からNYPDの役員が新しい防犯ドローンを効果的に活用して一般人を保護し、奉仕するために必要なツールとリソースを確保するために協力してきた。

ドローンで犯人逮捕を目指すNYPD

この記事のライター

関連するキーワード


NYPD FLYMOTION 防犯ドローン

最新の投稿


中部地域最大級 ドローン屋内大型練習場が愛知県春日井市にオープン

中部地域最大級 ドローン屋内大型練習場が愛知県春日井市にオープン

愛知県春日井市にドローンの屋内トレーニングフィールドが1月に本格オープン。


足立区が東京23区初となるドローン民間会社との災害時におけるドローン活用の協定を締結

足立区が東京23区初となるドローン民間会社との災害時におけるドローン活用の協定を締結

足立区は、株式会社ドローン・フロンティア(東京都足立区)と災害時におけるドローン活用の協定を1月22日、締結した。 東京23区で民間ドローン会社が正式に災害時におけるドローン活用の協定を締結するのは初の事例となる。


ペイロード5KGで60分の連続飛行を実現した水素ドローン

ペイロード5KGで60分の連続飛行を実現した水素ドローン

英国政府の研究資金助成機関「イノベートUK」がサポートする水素ドローンのプロジェクトが、ペイロード5KGで60分の連続飛行を実現したと発表した。


ブルーイノベーションがドローンポートシステム「BIポート」を発表

ブルーイノベーションがドローンポートシステム「BIポート」を発表

2019年1月22日。ブルーイノベーション株式会社(東京都文京区)は、株式会社UKCホールディングス(東京都品川区)と大成株式会社(愛知県名古屋市)とドローンポートシステム「BIポート」の開発・事業化を発表した。


米国FAAが夜間と頭上での飛行に関する規制の緩和を提案

米国FAAが夜間と頭上での飛行に関する規制の緩和を提案

米国のFAA(連邦航空局)は、年次運輸調査委員会でドローンの飛行に関する新しい規制緩和の案を提示した。新しい提案では、夜間と人の頭上での飛行を緩和する。