岩手県ドローン協会などがDJI社製「QS8」による孤立病院への救援物資輸送実験実施

岩手県ドローン協会などがDJI社製「QS8」による孤立病院への救援物資輸送実験実施

災害により孤立した病院を想定、ドローンによる救援物資の輸送実験を実施。物資搬送用ドローンとして、DJI JAPAN、スカイシーカー、東京都あきる野市が共同開発した「QS8」を採用した。


 第6回日本災害医療ロジティクス研修(事務局:岩手医科大学)が、岩手県宮古市にある県立宮古病院で10月22日に行われ、災害発生のため孤立した病院へ物資を輸送するという想定で飛行実験を実施した。使用したドローンは東京都のあきる野市、DJI JAPAN、スカイシーカーが共同で開発し、これまでに実績のある「物資輸送ドローン QS8」を使用し、衛星電話を輸送した。ドローンの飛行には、岩手県ドローン協会(佐藤亮厚代表理事)とその加盟企業であるドローンショップ仙台、佐藤興産、スカイシーカーが、ドローンの活用の場を広げるために協力、参加した。

 今回の実験は、最初にに中型ドローンを飛行させて周辺の安全確認を行い、その撮影データを参考にQS8の自動飛行ルートを作成した。国道や建物から30メートル以上の安全距離を確保するため、病院横の森林上空を飛行させルことになった。
 次に、作成した自動飛行ルートを元に、衛星電話を積載したQS8が往復1.5kmの距離を自動で飛行し、目的地(宮古病院)屋上で待つ職員へと無事衛星電話を届けることができた。
 また、今回の実験では災害時施設状況伝達横断幕「SOSシート」を活用し、その有効性についても確認することができた。

岩手県ドローン協会のドローンの活用

 岩手県ドローン協会・佐藤亮厚代表理事は、遠隔操作で物資の搬送、現場の映像も確認できるドローンへの期待が高まっていることについて「(ドローンの)映像を活用し、被災者の方を迅速に救助できればと思っている。その訓練に、これからも積極的に参加していきたい」とコメントしてた。一刻を争う災害現場でのドローンの活用は、これからもっと増えると予想される。

【岩手県ドローン協会の取り組み】
「国内初。ドローンを活用した冬季の火山噴火対応訓練を実施」
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000011.000025357.html

物資搬送ドローンを導入、東京都あきる野市の取り組み

 物資搬送ドローンQSシリーズをすでに導入している東京都あきる野市は、降雪や土砂災害により、地域の孤立地域対策としてドローンを積極的に考えている自治体だ。ドローンは地上の移動が困難になる災害時でも、迅速かつ確実に空中を移動することができる。またQSシリーズには操縦技術を補う自律飛行機能や物資搬送用のボックスも備わり、孤立地域の状況確認や支援が可能となっている。ドローンを活用できる人材育成や防災訓練にも力を入れている。

物資搬送ドローンQS8とは

 QS8は最大6kg(推奨)の物資を積載することができる、物資搬送に特化した機体。さらに、高性能な防塵・防滴性能や拡張性の高いカメラマウントを有しており、様々なカメラが搭載できることから災害現場の正確な状況確認も可能であり、大規模災害現場での飛行に非常に適した機体と言うことができる。
 DJI社「Windシリーズ」をベースに、スカイシーカーがDJI JAPANと東京都あきる野市と共同開発した。

 従来は、災害現場や山間部では、電波通信が遮断されるという問題がありドローンの飛行が非常に困難だったが、DJI社製QSシリーズでは新型の制御基板により、何らかの原因で電波が遮断されても目的地へ到着後自動で着陸し、安全に物資を搬送することが可能となっている。

この記事のライター

関連する投稿


【Japan Drone 2019】パートナーとの協業を前面に押し出すDJI Japan

【Japan Drone 2019】パートナーとの協業を前面に押し出すDJI Japan

DJI Japanの展示コーナーでは、メインのプレゼンテーション用ステージの他に、ソリューションや販売パートナーごとに小さな展示スペースを設けて、協力各社の説明員が来客の対応にあたっていた。


DJI JAPANが国際航業が提携、高精度 UAV 測量のための「Phantom 4 RTK写真測量講習プロ グラム」提供開始

DJI JAPANが国際航業が提携、高精度 UAV 測量のための「Phantom 4 RTK写真測量講習プロ グラム」提供開始

DJI JAPAN (東京都港区)と do (東京都千代田区)は、国際航業と業務提携し、高精度 UAV 測量を実 現するための講習プログラムを開発し、全国の提携講習団体が3 月から受講者の募集 を開始 する。


スカイシーカー×tiwaki×JOHNAN、CES2019注目の産業用水中ドローン「モグール」販売開始

スカイシーカー×tiwaki×JOHNAN、CES2019注目の産業用水中ドローン「モグール」販売開始

スカイシーカー×tiwaki×JOHNANは、産業用水中ドローン「MOGOOL:モグール」の販売を発表した。


DJI 、ジオフェンス改善した「GEO 2.0システム」運用開始 アジア太平洋地域の空港保護を強化

DJI 、ジオフェンス改善した「GEO 2.0システム」運用開始 アジア太平洋地域の空港保護を強化

DJIは、 アジア太平洋地域の24ヵ国と地域で,空港の保護などを強化するのGEO 2.0システムの運用を開始し、 ジオフェンス技術をさらに向上したと発表した。


DJI「空へ、 動画へ、 」 総合的カメラ映像プレミアムショーCP+2019に出展

DJI「空へ、 動画へ、 」 総合的カメラ映像プレミアムショーCP+2019に出展

DJI JAPANは、パシフィコ横浜で開催されている「CP+ 2019(シーピープラス)」に、DJIが空と動画をテーマに出展した。2月28日から3月3日(日)まで、


最新の投稿


CFDの法人向け水中ドローンレンタルサービス「春の半額キャンペーン」開催中!

CFDの法人向け水中ドローンレンタルサービス「春の半額キャンペーン」開催中!

PCパーツの総合サプライヤーCFD販売は、水中ドローンの法人向けレンタルサービスで、一部製品のレンタル価格が半額になるキャンペーンを開催中。


水素燃料電池を搭載した中国のLQ-Hが初飛行に成功

水素燃料電池を搭載した中国のLQ-Hが初飛行に成功

上海の英字新聞Shanghai Dailyのサイトで、中国のCommercial Aircraft Corporation(COMAC)が、水素燃料電池を搭載したLQ-Hの初飛行に成功したと報じた。


米国初、CAPE社が米国連邦航空局(FAA)から目視外飛行(BVLOS)認証証明書を授与

米国初、CAPE社が米国連邦航空局(FAA)から目視外飛行(BVLOS)認証証明書を授与

2019年3月19日 – 米国カリフォルニア州。ドローンのテレプレゼンスとデータ管理のクラウドプラットフォームを提供するCAPE(米国)社は、FAAから史上初となるBVLOS 認証証明書(COA)を付与された。


VTOLを革新するPteroDynaimcs社のTranswing Parus5c

VTOLを革新するPteroDynaimcs社のTranswing Parus5c

PteroDynamics(米国カリフォルニア州)のVTOLドローンは、翼を回転させるというユニークな構造で、革新的な飛行性能を実現した。


シナジーテック、夜間捜索ドローン専用 照明キットを新発売

シナジーテック、夜間捜索ドローン専用 照明キットを新発売

株式会社シナジーテック(徳島県阿南市宝田町)は、 ドローンに搭載可能な、 超軽量、 全光束25,000ルーメンのLED照明ユニット「DL250」を開発、 販売を開始した。