【慶大ドローン】慶大南氏、西日本豪雨被災地での取り組みを「SI2018」で発表 徳島大・三輪氏、青学大・古橋氏らと連名

【慶大ドローン】慶大南氏、西日本豪雨被災地での取り組みを「SI2018」で発表 徳島大・三輪氏、青学大・古橋氏らと連名

 慶大ドローン社会共創コンソーシアムの南政樹副代表は12月13日、大阪市で開幕した「第19回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会」(SI2018)で、自然災害被災地でドローンを地元に役立てる取り組みについて、経験や知見を体系化して発表した。


「無人航空機(UAV)を用いた西日本豪雨の広域被災状況調査」

 南氏の講演は、「無人航空機(UAV)を用いた西日本豪雨の広域被災状況調査」で、徳島大・三輪昌史准教授、青山学院大古橋大地教授、防災科学技術研究所・臼田裕一郎氏、藤沢航空撮影隊・下田亮氏、SkyLink Japan・稲田純次氏、広島市安佐北区役所・塚田忠則氏が共同作業であることを報告された。

 講演は「レスキュー工学」の領域の中で、災害現場で障害物を乗り越えるロボット技術の実験や、山深い山林内での遭難者を発見し駆け付けるコンテストへの参加報告などの報告の一環として行われた。

 南氏は、報告内容を「実験ではなく実践である」と位置付けたうえで、7月の西日本豪雨の発災以降、被災地に名を連ねた研究者らとともに被災地に赴き、ドローンによる空撮で得られた写真を使って地図を作り、二次災害防止などを目的に、地元住民、自治体、ボランティア団体などに提供する取り組みをしてきた経緯を説明。そのさい「(住民、ボランティアらが)自律的に判断ができる情報を提供すること重視した」と述べた。

 発表の対象となった活動の期間は発災後72時間経過後。リスク要因は、地滑り、土石流を列挙。データ収集の取り組みは、高度150メートル、50メートルでドローンによるリモートセンシングで行われた。自治体には復興計画の策定に役立つよう、写真測量で得られたオルソタイル、写真、その他のデータを提供。住民には、一覧性を優先し、紙に印刷したり、ディスプレイで作業風景、作業で得られた映像、画像を見せたりといった取り組みを行ったと報告。

 ドローンで収集したデータの処理には、SfMを活用。住民や地域の需要にこたえるため三次元化するなどに取り組んだが、「必要な処理には今回は4、5時間かかった」と時間短縮の方法の模索を課題として示した。一方で「時間がかかっても提供する情報には意味がある」とも述べ、たとえば、オープンストリートMAPと重ねた地図を示したところ、被災者が自宅が崩れたことを被災先で確認できた(逃げていて助かったことが確認できた)り、ドローンを2機活用して島をまるごと空撮した取り組みでは、それまで地元行政が確認できていなかった土砂崩れを確認できたりした、といったことをあげた。

 南氏はこの実践を通じて「いろんなオプティマイズが必要だな、とわかった」と報告。今後、データのクレンジングの自動化、データ量の削減、移動しながらの写真測量に取り組むと今後の方針を述べた。

 SI2018はシステムの高機能化、複雑化に伴いあらわれるさまざまな問題を解決し、システム設計論を構築するために、システムインテグレーションの技術者、研究者が集まり、発表、講演、討論する場として、公益社団法人 計測自動制御学会 SI(システムインテグレーション)部門が企画、主催した。12月15日まで、大阪工業大学梅田キャンパスで開かれている。

SI2018に登壇し鳥海を発表した南政樹氏(注:背景の張り出しに「撮影禁止」と記されていますが、DroneTimesは主催者に許可をとって撮影をしました)

Si2018の南氏の発表が行われた会場は、多くの研究者、技術者がつめかけた

講演後に発表の共同制作に名を連ねた徳島大・三輪昌史教授(右)と意見交換。三輪氏はSI2018で「レスキュー工学」領域を取り仕切り、自身も遭難者の救難活動に関する発表をした

この記事のライター

関連する投稿


【慶大ドローン】慶大・南氏、郡山の経営者集会で講演 ドローン前提社会を郡山でも!

【慶大ドローン】慶大・南氏、郡山の経営者集会で講演 ドローン前提社会を郡山でも!

 ドローン研究と社会実装に精力的に取り組んでいる慶大ドローン社会共創コンソーシアムの南政樹副代表が2月18日、福島県商工信用組合(けんしん、本部:福島県郡山市)の取引先組織「十店会」の新年会で企画された新春講演会に登壇し、「ドローン前提社会」の演題で講演した。南氏が「空の使い方を変えて課題解決を」と呼び掛けた。


AIアナ「荒木ゆい」の声の技術で避難呼びかけ 神戸でスピーカー付きドローンの実験

AIアナ「荒木ゆい」の声の技術で避難呼びかけ 神戸でスピーカー付きドローンの実験

 DPCA、RUSEAは2月17日、ヴィッセル神戸のホームグラウンド、ノエビアスタジアム神戸(神戸市)で、近所で不審物が見つかったことを想定し、ドローンによる多言語の避難呼びかける実験を実施した。多言語情報発信を手掛ける株式会社Spectee、圧電スピーカー開発の有限会社ZenTecと連携した。


【慶大×田村市】高校生が農薬散布機運用へ一歩 2人が訓練、4人がすでにライセンス取得

【慶大×田村市】高校生が農薬散布機運用へ一歩 2人が訓練、4人がすでにライセンス取得

 慶應義塾大学と包括連携協定を締結し、ドローンによる地域活性化に積極的な福島県田村市で、地元の福島県立船引高校の生徒2人が2月13日に、市内で農薬散布機の訓練に取り組んだ。船引高校ではこの2人を含め、すでに4人がライセンスを取得おり、今後もドローンを使って地元への貢献に意欲をみせている。


【慶大×田村市】小学生20人がドローンを使ったプログラミング講座に挑戦 田村市立芦沢小でワクワク体験

【慶大×田村市】小学生20人がドローンを使ったプログラミング講座に挑戦 田村市立芦沢小でワクワク体験

 ドローン研究と社会実装に力を入れる慶大が、ドローン連携を締結している福島県田村市で小学生向けにドローンを使ったプログラミング講座を実施した。「2018年度福島イノベーションコースト構想推進事業(復興知)」の一環としての取り組み。田村市立芦沢小学校の生徒20人は、終始、身を乗り出し、手を動かしていた。


【慶大×田村市】船引高校生ドローン部4人が農薬散布教習に挑戦

【慶大×田村市】船引高校生ドローン部4人が農薬散布教習に挑戦

 福島県立船引高校(田村市)特設ドローン部の部員4人が農薬散布の技能を身に着ける教習の初日に臨んだ。ドローンを飛ばせる高校生から、ドローンで農業に貢献する人材への一歩を踏み出した。教習は4日間だ。


最新の投稿


CFDの法人向け水中ドローンレンタルサービス「春の半額キャンペーン」開催中!

CFDの法人向け水中ドローンレンタルサービス「春の半額キャンペーン」開催中!

PCパーツの総合サプライヤーCFD販売は、水中ドローンの法人向けレンタルサービスで、一部製品のレンタル価格が半額になるキャンペーンを開催中。


水素燃料電池を搭載した中国のLQ-Hが初飛行に成功

水素燃料電池を搭載した中国のLQ-Hが初飛行に成功

上海の英字新聞Shanghai Dailyのサイトで、中国のCommercial Aircraft Corporation(COMAC)が、水素燃料電池を搭載したLQ-Hの初飛行に成功したと報じた。


米国初、CAPE社が米国連邦航空局(FAA)から目視外飛行(BVLOS)認証証明書を授与

米国初、CAPE社が米国連邦航空局(FAA)から目視外飛行(BVLOS)認証証明書を授与

2019年3月19日 – 米国カリフォルニア州。ドローンのテレプレゼンスとデータ管理のクラウドプラットフォームを提供するCAPE(米国)社は、FAAから史上初となるBVLOS 認証証明書(COA)を付与された。


VTOLを革新するPteroDynaimcs社のTranswing Parus5c

VTOLを革新するPteroDynaimcs社のTranswing Parus5c

PteroDynamics(米国カリフォルニア州)のVTOLドローンは、翼を回転させるというユニークな構造で、革新的な飛行性能を実現した。


シナジーテック、夜間捜索ドローン専用 照明キットを新発売

シナジーテック、夜間捜索ドローン専用 照明キットを新発売

株式会社シナジーテック(徳島県阿南市宝田町)は、 ドローンに搭載可能な、 超軽量、 全光束25,000ルーメンのLED照明ユニット「DL250」を開発、 販売を開始した。