【慶大ドローン】小学生向けに体験会を企画するなら? 好奇心本位の慶大ドロゼミ、絶賛活動中

【慶大ドローン】小学生向けに体験会を企画するなら? 好奇心本位の慶大ドロゼミ、絶賛活動中

 ドローンへの好奇心を持ち合わせる学生が集まる慶大SFCキャンパスの自主活動ドロゼミはこの日、小学生に対円型のトイドローンを使って体験させるとしたら、なにをすればいいか、などを話し合ってみた。いろいろ出てきて、近くで見ているとおもしろいwww


自分が学んだプロセスを振り返る重要性

 前提は、1クラス20人の小学4~6年生。トイドローンが4機ある。この機体は2機がセットになっていて対戦ゲームができる。使える教室は1つ。使える時間は小学校の1時間を2こま。

「周回させて、競馬みたいにしたら楽しいのでは」
「ダーツのように的にあてさせるのは」
「ビンゴを取り入れたらどうか」

 意見には異論も出る。
「初心者には難しくないか」
「片付けの時間も考慮しないと」

 なかには
 「ガキ大将がいたらどうまとめたらいいのか」
 などの声があがり
 「そこはまさに、小学校の先生の出番でしょ」
 「そもそもどれぐらいいるの、ガキ大将って」
 と思わぬ方向に行きそうな気配も漂い、これだからそばでみているとおもしろい。

 ドロゼミは原則、慶大SFCキャンパスの学生が、単位とは無関係に集まる自主活動だ。ただ、特区制度を活用して開業にこぎつけた地元の農家レストランの、記念すべきオープニングセレモニーで空撮を請け負ったり、地元藤沢市包括連携協定を締結している福島県田村市の所定のエリアを空撮したりと、活動は活発だ。

 指導する南政樹ドローン社会共創コンソーシアム副代表は、学生に企画を考えさせた理由を、「自分が学んだ過程を振り返ることになる」と説明。そのうえで、基本操作ができるようになると、達成感が得られる。簡単なステップを設定し、達成感を味わえるといい、などと助言した。

 南氏とドロゼミの学生は、近く実施する小学生向け体験会で、ここで出た意見を実践に移す予定だ。

原則として祖都合要件となる単位がつかない慶大の自主活動ドロゼミ。この日も活気があった

2機1セットの対戦型のトイドローンを小学生につかってもらうという設定に、「それならまず、自分たちで使ってみないと」と飛ばし始める。大学の自主ゼミが、小学生の休み時間のようになった瞬間。

この記事のライター

最新の投稿


CFDの法人向け水中ドローンレンタルサービス「春の半額キャンペーン」開催中!

CFDの法人向け水中ドローンレンタルサービス「春の半額キャンペーン」開催中!

PCパーツの総合サプライヤーCFD販売は、水中ドローンの法人向けレンタルサービスで、一部製品のレンタル価格が半額になるキャンペーンを開催中。


水素燃料電池を搭載した中国のLQ-Hが初飛行に成功

水素燃料電池を搭載した中国のLQ-Hが初飛行に成功

上海の英字新聞Shanghai Dailyのサイトで、中国のCommercial Aircraft Corporation(COMAC)が、水素燃料電池を搭載したLQ-Hの初飛行に成功したと報じた。


米国初、CAPE社が米国連邦航空局(FAA)から目視外飛行(BVLOS)認証証明書を授与

米国初、CAPE社が米国連邦航空局(FAA)から目視外飛行(BVLOS)認証証明書を授与

2019年3月19日 – 米国カリフォルニア州。ドローンのテレプレゼンスとデータ管理のクラウドプラットフォームを提供するCAPE(米国)社は、FAAから史上初となるBVLOS 認証証明書(COA)を付与された。


VTOLを革新するPteroDynaimcs社のTranswing Parus5c

VTOLを革新するPteroDynaimcs社のTranswing Parus5c

PteroDynamics(米国カリフォルニア州)のVTOLドローンは、翼を回転させるというユニークな構造で、革新的な飛行性能を実現した。


シナジーテック、夜間捜索ドローン専用 照明キットを新発売

シナジーテック、夜間捜索ドローン専用 照明キットを新発売

株式会社シナジーテック(徳島県阿南市宝田町)は、 ドローンに搭載可能な、 超軽量、 全光束25,000ルーメンのLED照明ユニット「DL250」を開発、 販売を開始した。