国際航業ドローンスクール・ドローンタイムズのスタッフが三次元計測まで挑戦記②

国際航業ドローンスクール・ドローンタイムズのスタッフが三次元計測まで挑戦記②

国際航業が展開している「ドローンの操縦技術から3次元計測の実践スキルを一貫して習得可能」な3次元計測スクール、全7つのコースの中から今回は“入門コース”をドローンタイムズのスタッフ“吉田”、“廣岡”の2名が受講した。


国際航業_入門コース

 国際航業の入門コースとは、測量の基礎知識とドローンによる写真測量の方法など、測量に詳しくないなど、いわゆる初心者向けのコース。
 
 受講場所は、各線が乗り入れる市ヶ谷駅から徒歩4~5分の場所にある、国際航業本社(東京都千代田区六番町2番地)。外気が冷たく感じる11月13日、午後2時に入門コースはスタートした。

国際航業本社にて

 まずは、1時間弱「UAV概論」。ドローンの歴史や種類などを丁寧に学ぶことができるので、初心者がドローンの成り立ちを直ぐに理解することができた。ここまでは、私たちも問題なくついていけた。しかし、次の「3次元計測概論」(約40分)から測量に関する専門的な内容になり、「SfM概論」(約40分)に入った所で理解が追いつかない場面が出てきてしまった。そして、最後に「UAV撮影計画」(UAV撮影計画)で、休憩を含め約3時間の講義は終了した。
 今回の入門コースを受講してみて、初心者向けのコースではあるが、少し難しい印象を受けた。ただ、3次元計測スクールに特化したスクールのため、これからビジネスモデルを拡げていく導入部分としては、とても満足が行く内容となっていた。
 早く次のステップ「初級コース」を受講し、更に知識を深めたいという気持ちで、会場を後にした。

講師の
国際航業株式会社
技術サービス本部 応用解析グループ 主任技師
大山容一 氏

【 国際航業のドローンスクール 】 詳細はこちらから ≫≫≫

この記事のライター

関連する投稿


DJI JAPANが国際航業が提携、高精度 UAV 測量のための「Phantom 4 RTK写真測量講習プロ グラム」提供開始

DJI JAPANが国際航業が提携、高精度 UAV 測量のための「Phantom 4 RTK写真測量講習プロ グラム」提供開始

DJI JAPAN (東京都港区)と do (東京都千代田区)は、国際航業と業務提携し、高精度 UAV 測量を実 現するための講習プログラムを開発し、全国の提携講習団体が3 月から受講者の募集 を開始 する。


ヤマハ発動機、スマート農業ソフトウェア「YSAP」提供で国際航業、トプコン、ウォー ターセルと協業

ヤマハ発動機、スマート農業ソフトウェア「YSAP」提供で国際航業、トプコン、ウォー ターセルと協業

ヤマハ発動機株式会社は、農業用ドローン「YMR-08」や産業用無人ヘリに よる農薬散布・施肥作業のデータ管理や運行管理をスマートフォンやパソコン端末で簡単に行えるソ フトウェア・サービス「 YSAP」の提供開始に向け、観測・解析などのエキスパート企業 3 社と協業を開始すると3月8日、発表した。


国際航業ドローンスクール・ドローンタイムズのスタッフが三次元計測まで挑戦記⑦

国際航業ドローンスクール・ドローンタイムズのスタッフが三次元計測まで挑戦記⑦

「入門コース」、「操縦技能コース」に続き、いよいよドローンによる写真測量をする『中級コース』を受講した。


国際航業ドローンスクール・ドローンタイムズのスタッフが三次元計測まで挑戦記⑥

国際航業ドローンスクール・ドローンタイムズのスタッフが三次元計測まで挑戦記⑥

「入門コース」、「操縦技能コース」に続き、いよいよドローンによる写真測量をする『中級コース』を受講した。


国際航業ドローンスクール・ドローンタイムズのスタッフが三次元計測まで挑戦記⑤

国際航業ドローンスクール・ドローンタイムズのスタッフが三次元計測まで挑戦記⑤

入門コースに続き、今回はドローンを飛ばす操縦技能コースを埼玉県吉見町の「フレンドシップ・ハイツよしみ」で全4日間、びっちり受講した。


最新の投稿


CFDの法人向け水中ドローンレンタルサービス「春の半額キャンペーン」開催中!

CFDの法人向け水中ドローンレンタルサービス「春の半額キャンペーン」開催中!

PCパーツの総合サプライヤーCFD販売は、水中ドローンの法人向けレンタルサービスで、一部製品のレンタル価格が半額になるキャンペーンを開催中。


水素燃料電池を搭載した中国のLQ-Hが初飛行に成功

水素燃料電池を搭載した中国のLQ-Hが初飛行に成功

上海の英字新聞Shanghai Dailyのサイトで、中国のCommercial Aircraft Corporation(COMAC)が、水素燃料電池を搭載したLQ-Hの初飛行に成功したと報じた。


米国初、CAPE社が米国連邦航空局(FAA)から目視外飛行(BVLOS)認証証明書を授与

米国初、CAPE社が米国連邦航空局(FAA)から目視外飛行(BVLOS)認証証明書を授与

2019年3月19日 – 米国カリフォルニア州。ドローンのテレプレゼンスとデータ管理のクラウドプラットフォームを提供するCAPE(米国)社は、FAAから史上初となるBVLOS 認証証明書(COA)を付与された。


VTOLを革新するPteroDynaimcs社のTranswing Parus5c

VTOLを革新するPteroDynaimcs社のTranswing Parus5c

PteroDynamics(米国カリフォルニア州)のVTOLドローンは、翼を回転させるというユニークな構造で、革新的な飛行性能を実現した。


シナジーテック、夜間捜索ドローン専用 照明キットを新発売

シナジーテック、夜間捜索ドローン専用 照明キットを新発売

株式会社シナジーテック(徳島県阿南市宝田町)は、 ドローンに搭載可能な、 超軽量、 全光束25,000ルーメンのLED照明ユニット「DL250」を開発、 販売を開始した。