KDDIとセコムがAIスマートドローンで埼玉スタジアムの警備に成功

KDDIとセコムがAIスマートドローンで埼玉スタジアムの警備に成功

KDDI株式会社 (東京都千代田区)、テラドローン株式会社 (東京都渋谷区)、セコム株式会社 (東京都渋谷区) は、埼玉スタジアム2002 (埼玉県さいたま市) の協力のもと、AIを搭載したスマートドローンによる警備に成功したと発表した。


AIスマートドローンのスタジアム警備実証

会場に展示されていたAIスマートドローン

 KDDIとセコムとテラドローンによる記者発表会には、セコムの技術開発本部 開発センター サービスロボット開発グループ統括担当 兼 開発統括担当の尾坐幸一氏が、スタジアム警備における現状の課題について説明した。尾坐氏によれば、スタジアムでは競技を開催する期間と開催されない日では、混雑するエリアの状況が大きく変化するという。そのため、固定監視カメラによる監視には限界がある。加えて、競技未開催期間の警備コストを低減し、なおかつ警備を強化する仕組みが求められている。こうした背景から、セコムとKDDIでは異なる役割を持つドローンの組み合わせによる監視を検討した。
 「俯瞰ドローン」と呼ばれるドローンは、高い高度から広いエリアを俯瞰する。4Kカメラを搭載し、60mの高度からでも動く人物を撮影できる。もうひとつの「巡回ドローン」は、低い高度でスタジアムの周りを巡回して、人物などの対象物をフルHDカメラで詳細に監視する。この二種類のドローンを組み合わせて、自動で警備する実証実験を3社が共同で、11月28日に埼玉スタジアムで実施し成功した。

セコムの技術開発本部 開発センター サービスロボット開発グループ統括担当 兼 開発統括担当の尾坐幸一氏

独自開発のAIシステムで不審者を高所から発見するAIスマートドローン

GPUにはインテルのAIスティックを採用している

 KDDIの商品・CS統括本部 商品戦略部の杉田博司氏が、AIスマートドローンについて説明した。KDDIでは、4Kカメラで高所から撮影した画像をドローンに搭載したAIで画像解析し、不審者を特定する独自のAIシステムを開発した。実証実験の段階では、俯瞰ドローンが豆粒ほどの人物の動きを検知して、AIが不審者と判断すると、巡回ドローンが近くに移動できるように、位置情報などを4G回線を通して管制システムに伝達する。連絡を受けた巡回ドローンは、不審者の位置まで移動して、AIで人物を特定し追跡する。発見からドローンの連携と追跡までは、テラドローンが開発したLTE運航管理システを通して、すべて自動化されている。セコムでは、ドローンが発見した不審者の位置や動きなどを特定し、警備員を向かわせるなどの判断を行う。

KDDIの商品・CS統括本部 商品戦略部の杉田博司氏

電波や気象条件などを判断して自律飛行を許可

 AIスマートドローンでは、遠隔で完全な自律飛行を行うために、テラドローンが開発しているLTE運航管理システムに、ドローンのAIシステムと、飛行空域の電波状況や気象条件に3D地図を連携させるシステムを構築した。実証実験にあたり、AIスマートドローンが飛行するときに、設定された飛行ルートが建物などに衝突しないように、KDDIでは埼玉スタジアムの詳細な3Dマップも作成した。その地図情報に加えて、ウェザーニューズから得られる気象情報と、KDDIが管理するLTE通信網の電波条件を総合的に判断して、安全に飛行できるか判断する。すべての条件がクリアされると、LTE運航管理システムが遠隔操作による完全な自律飛行を許可する。
 実証実験の会場では、3台のAIスマートドローンが連携して飛行し、不審者を発見して追跡するまでを検証した。

電波と地形と気象などの条件を総合的に判断して遠隔操作の自律飛行を許可する

ドローンを活用した5G網警備を目指すセコム

 セコムでは、以前から独自に警備用ドローンを開発してきた。すでに、実店舗などで警備を行っている。しかし、スタジアムのような広域警備になると、セコムドローンでは複数の拠点にWi-Fiアンテナを施設する必要があり、その通信設備の維持管理の負担も課題となっていた。そうした問題も、KDDIのスマートドローンが提供する携帯電話網を活用することにより解決できる。セコムの尾坐氏は「5Gを活用することで、高精細な映像をリアルタイムに警備本部に伝送できるシステムの構築が容易になります。将来的には、ドローンや警備カメラに警備員が携帯するウェアラブルカメラなどを5G網で結んで、柔軟な監視システムの実現を目指します」と話す。
 KDDIの杉田氏は「来年度は、競技開催期間中のAIスマートドローンによる警備の実証実験にも取り組んでいきます。そのために、すでに小型で軽量の巡回ドローンの開発を推進しています」と今後に向けた取り組みについて説明した。

この記事のライター

関連する投稿


テラドローン、導入しやすい価格を実現したUAVレーザー「Terra Lidar(テラライダー)」の提供開始

テラドローン、導入しやすい価格を実現したUAVレーザー「Terra Lidar(テラライダー)」の提供開始

リリースを記念し、各都道府県先行2社、期間限定で「Terra Lidar」を活用したレーザ計測キャンペーンを実施。


テラドローン、ブラジルのUAVサービス企業Plimsoll UAVに出資

テラドローン、ブラジルのUAVサービス企業Plimsoll UAVに出資

テラドローン株式会社(東京都渋谷区)は、ブラジルドローンサービスプロバイダーであるPlimsoll UAV(リオ・ダス・オストラス)と出資契約を締結し、 Terra Drone Brazilを設立すると発表した。


テラドローン南ア支社、鉱業会社のSibanye Stillwaterと地下演習地での共同実証に成功

テラドローン南ア支社、鉱業会社のSibanye Stillwaterと地下演習地での共同実証に成功

テラドローン株式会社(東京都渋谷区)は、Sibanye Stillwater社(南アフリカヨハネスブルグ市)とドローンによる地下マイニングソリューションの技術向上を目的とした実証実験を共同で行ったと発表した。


テラドローン、豪のC4D Intelを買収、新会社Terra Drone Australia設立 海外拠点10社に

テラドローン、豪のC4D Intelを買収、新会社Terra Drone Australia設立 海外拠点10社に

テラドローン株式会社(東京都渋谷区)は、 欧州・アフリカ支社に続き、 C4D Intel(豪) に大型出資契約の締結を完了、 鉱業分野、 オイル&ガス等エネルギー分野のドローン活用拡大を目指す新会社Terra Drone Australiaを設立したと発表した。


テラドローン、レーザー測量を身近にする「Terra Lidar」1月販売開始

テラドローン、レーザー測量を身近にする「Terra Lidar」1月販売開始

テラドローンは「Terra Lidar」製品説明会を12月5日行った。早稲田大学との共同開発によるUAVレーザシステム「Terra Lidar」の製品概要から販売モデルなどを紹介。


最新の投稿


米国FAAが夜間と頭上での飛行に関する規制の緩和を提案

米国FAAが夜間と頭上での飛行に関する規制の緩和を提案

米国のFAA(連邦航空局)は、年次運輸調査委員会でドローンの飛行に関する新しい規制緩和の案を提示した。新しい提案では、夜間と人の頭上での飛行を緩和する。


ドローン測量教育研究機構が「i-Constructionの推進とDSEROの取組み」セミナー開催 1月30日

ドローン測量教育研究機構が「i-Constructionの推進とDSEROの取組み」セミナー開催 1月30日

一般社団法人ドローン測量教育研究機構(DSERO)は、第2回セミナー「i-Constructionの推進とDSEROの取組み」を1月30日に東京都品川区のきゅりあん 1F 小ホール(品川区立総合区民会館)で開催。


テラドローン、導入しやすい価格を実現したUAVレーザー「Terra Lidar(テラライダー)」の提供開始

テラドローン、導入しやすい価格を実現したUAVレーザー「Terra Lidar(テラライダー)」の提供開始

リリースを記念し、各都道府県先行2社、期間限定で「Terra Lidar」を活用したレーザ計測キャンペーンを実施。


駒ヶ根観光協会×DJI JAPAN×楽天 AirMap 「長野県中央アルプス山麓早太郎温泉泊ドローン空撮ツアー」初開催 3月

駒ヶ根観光協会×DJI JAPAN×楽天 AirMap 「長野県中央アルプス山麓早太郎温泉泊ドローン空撮ツアー」初開催 3月

一般社団法人駒ヶ根観光協会(長野県駒ヶ根市)は、DJI JAPAN、楽天 AirMapと共同企画で 初めて開催する「長野県中央アルプス山麓早太郎温泉泊 ドローン空撮ツアー」(3 月 9 日〜10 日)の参加者受付を開始した。


テラドローン、ブラジルのUAVサービス企業Plimsoll UAVに出資

テラドローン、ブラジルのUAVサービス企業Plimsoll UAVに出資

テラドローン株式会社(東京都渋谷区)は、ブラジルドローンサービスプロバイダーであるPlimsoll UAV(リオ・ダス・オストラス)と出資契約を締結し、 Terra Drone Brazilを設立すると発表した。