世界最大規模の空撮コンテスト SkyPixelとDJIが開催

世界最大規模の空撮コンテスト SkyPixelとDJIが開催

DJIが運営する世界最大規模の空撮写真・映像コミュニティーサイトSkyPixel(スカイピクセル)は、 2018年度の空撮映像コンテストを2018年12月18日(火)より2019年2月18日(月)まで開催する。


 DJIが運営する世界最大規模の空撮写真・映像コミュニティーサイトSkyPixel(スカイピクセル)は、 2018年度の空撮映像コンテストを2018年12月18日から2019年2月18日まで開催すると発表した。 プロの写真家、 映像作家、 空撮ファンやコンテンツクリエイターから作品を募集する
 「2018 SkyPixel 空撮コンテスト」は、 写真と動画の2部門で構成され、撮影に使用される機材の種類、ブランドに制限は設けない。 また、写真または動画の応募数にも制限はない。
 受賞者には、 Hasselblad X1D-50c(中判カメラ)および、 DJI Mavic 2 Pro(ドローン)、 DJI Osmo Pocket(3軸ジンバルカメラ)を含む、 さまざまな賞品が獲得できる。 さらにSkyPixelの受賞作品は2019年中に、 各DJIフラッグシップストアでの展示と受賞者とプロ写真家が主催するワークショップでの特集、 紹介が予定されている。
 SkyPixelオンラインコミュニティ(www.skypixel.com)は、 2014年から140ヵ国を超える国の空撮写真家やコンテンツクリエイターが参加。、 過去3年間に、 自然、 文化、 建築物やオリジナルの空撮映像からなる100,000点を超える素晴らしい応募作品が寄せられた。

2018 SkyPixel 空撮コンテスト概要

■動画部門の5つのカテゴリー

・Nature (自然):自然あふれる風景、 野生動物を空から捉える
・City(都市):都市の景観美や創造建築物を空から捉える
・Sport(スポーツ):競技中の人の躍動感、 力強さやエネルギッシュな瞬間を捉える
・Travel(旅):人間性、 文化、 忘れられない冒険を捉える(動画には人物が含まれている必要があります)
・Creativity(クリエイティビティ):空撮技術とドローンの機能で、 クリエイティブな技法と素晴らしい視覚効果を駆使して創作するビジュアルストーリー

※動画作品は5分以内。 また、 最低でも30秒間の空撮映像が必要。

■写真部門の4つのカテゴリー

・Nature (自然):自然の持つ真の美しさを描写する一瞬を捉える
・Architecture(建造物):素晴らしい建造物を新しい視点で捉える
・Fun(ファン):ユニークな角度から世界を体験、 楽しい瞬間を捉える
・Sport(スポーツ):夢へ挑戦するアスリートのエネルギーや興奮を捉える

※カテゴリーに関係なく、 参加者は常に慎重に飛行させること。

※必ず飛行環境を監視し、 現地の規制を常に順守すること。

■9つのカテゴリーで49の賞。
 そのうち、 グランプリを2作品、 各9つのカテゴリーで1位、 2位、 3位を選出する。 さらに、 審査員によって選ばれるノミネート作品を10作品、 コンテスト中に「いいね」が最も多かった10作品へも賞が授与される。 コンテストの賞品には、 Hasselblad X1D-50cカメラ、 DJI Mavic 2 Pro、 Osmo Pocketと、 総額約120,000ドル相当の製品など。

■作品提出の詳細
作品の受付開始日時:2018年12月18日、 3:00PM(日本時間)
作品の受付終了日時:2019年 2月18日、 3:00PM(日本時間)
受賞者の発表:2019年3月20日

コンテストへのご参加については、 2018 SkyPixel 空撮コンテストウェブサイトでルールやガイドラインなどの詳細情報を確認できる。

詳細情報については campaign@skypixel.com まで。

この記事のライター

関連する投稿


【Japan Drone 2019】パートナーとの協業を前面に押し出すDJI Japan

【Japan Drone 2019】パートナーとの協業を前面に押し出すDJI Japan

DJI Japanの展示コーナーでは、メインのプレゼンテーション用ステージの他に、ソリューションや販売パートナーごとに小さな展示スペースを設けて、協力各社の説明員が来客の対応にあたっていた。


DJI JAPANが国際航業が提携、高精度 UAV 測量のための「Phantom 4 RTK写真測量講習プロ グラム」提供開始

DJI JAPANが国際航業が提携、高精度 UAV 測量のための「Phantom 4 RTK写真測量講習プロ グラム」提供開始

DJI JAPAN (東京都港区)と do (東京都千代田区)は、国際航業と業務提携し、高精度 UAV 測量を実 現するための講習プログラムを開発し、全国の提携講習団体が3 月から受講者の募集 を開始 する。


DJI 、ジオフェンス改善した「GEO 2.0システム」運用開始 アジア太平洋地域の空港保護を強化

DJI 、ジオフェンス改善した「GEO 2.0システム」運用開始 アジア太平洋地域の空港保護を強化

DJIは、 アジア太平洋地域の24ヵ国と地域で,空港の保護などを強化するのGEO 2.0システムの運用を開始し、 ジオフェンス技術をさらに向上したと発表した。


DJI「空へ、 動画へ、 」 総合的カメラ映像プレミアムショーCP+2019に出展

DJI「空へ、 動画へ、 」 総合的カメラ映像プレミアムショーCP+2019に出展

DJI JAPANは、パシフィコ横浜で開催されている「CP+ 2019(シーピープラス)」に、DJIが空と動画をテーマに出展した。2月28日から3月3日(日)まで、


400機以上のDJI製の農業用ドローンを導入するCorteva AgriscienceをDroneDeployがサポート

400機以上のDJI製の農業用ドローンを導入するCorteva AgriscienceをDroneDeployがサポート

ダウ・デュポン(ニューヨーク証券取引所:DWDP)のアグリカルチャー事業部門Corteva Agriscienceは、DroneDeployの商用ドローン向けクラウドソフトウェアプラットフォームを採用し、世界最大の規模となる400機以上のDJI製ドローンを導入する。


最新の投稿


CFDの法人向け水中ドローンレンタルサービス「春の半額キャンペーン」開催中!

CFDの法人向け水中ドローンレンタルサービス「春の半額キャンペーン」開催中!

PCパーツの総合サプライヤーCFD販売は、水中ドローンの法人向けレンタルサービスで、一部製品のレンタル価格が半額になるキャンペーンを開催中。


水素燃料電池を搭載した中国のLQ-Hが初飛行に成功

水素燃料電池を搭載した中国のLQ-Hが初飛行に成功

上海の英字新聞Shanghai Dailyのサイトで、中国のCommercial Aircraft Corporation(COMAC)が、水素燃料電池を搭載したLQ-Hの初飛行に成功したと報じた。


米国初、CAPE社が米国連邦航空局(FAA)から目視外飛行(BVLOS)認証証明書を授与

米国初、CAPE社が米国連邦航空局(FAA)から目視外飛行(BVLOS)認証証明書を授与

2019年3月19日 – 米国カリフォルニア州。ドローンのテレプレゼンスとデータ管理のクラウドプラットフォームを提供するCAPE(米国)社は、FAAから史上初となるBVLOS 認証証明書(COA)を付与された。


VTOLを革新するPteroDynaimcs社のTranswing Parus5c

VTOLを革新するPteroDynaimcs社のTranswing Parus5c

PteroDynamics(米国カリフォルニア州)のVTOLドローンは、翼を回転させるというユニークな構造で、革新的な飛行性能を実現した。


シナジーテック、夜間捜索ドローン専用 照明キットを新発売

シナジーテック、夜間捜索ドローン専用 照明キットを新発売

株式会社シナジーテック(徳島県阿南市宝田町)は、 ドローンに搭載可能な、 超軽量、 全光束25,000ルーメンのLED照明ユニット「DL250」を開発、 販売を開始した。