バヌアツでユニセフがSWOOP AEROドローンでワクチン空輸に成功

バヌアツでユニセフがSWOOP AEROドローンでワクチン空輸に成功

2018年12月18日-ユニセフ(米国)は、バヌアツでドローンによる世界初のワクチン空輸を実現したと発表した。公開された動画には、SWOOP AERO社(オーストラリア)のドローンが飛行する様子が映されている。


医薬品の空輸を目的に開発されたVTOL型SWOOPAEROドローン

 ユニセフがバヌアツでのワクチン空輸に選んだ企業の一社が、オーストラリアのSWOOP AERO社。同社のSWOOPAEROドローンは、医薬品の空輸を目的したVTOL型。ユニセフは、SWOOPAEROドローンを使ってバヌアツの南太平洋地域の遠隔島でドローンを使った商用ワクチンを世界で初めて空輸に成功させた。ワクチンが空輸されたクックズベイは、険しい山岳地帯に覆われ、医療施設や電気も通っていない小規模な集落。これまでは、ボートなどを使って住民が行き来していた。今回の実験では、島の西側にあるディロンズ湾から遠く離れたクック湾までドローンでワクチンを空輸し、看護師が13人の子どもと5人の妊婦に受け取ったワクチンを注射した。

50kmの自律飛行を終えて目的地の半径2メートル以内に着陸するSWOOPAEROドローン
©UNICEF 2018

 約1ヶ月前に行われた実証実験では、ユニセフの支援を受けた SWOOP AERO社と、WingCopterの2社がドローンを飛行させた。そして、SWOOPAEROドローンが50kmの飛行を行い、多数の島々や経由地を通過した後に、目的地の2メートル以内の位置に着陸させ、試験の第一段階をクリアした。バヌアツでは亜熱帯機構が1,300キロメートルに広がるため、80以上ある遠隔地の山間の島々にワクチンを配送するのが困難だった。その結果、国内の子供の約20%が、ワクチンを摂取できない状態にある。実験では、ワクチンを氷のパックと一緒に発泡スチロール製の箱に入れて空輸した。ボックス内には温度センサーを設置し、氷が溶けて高温になると警告が表示されるようになっていた。

SWOOPAEROドローンにワクチンの箱を入れる様子
©UNICEF 2018

 ユニセフのエグゼクティブ・ディレクターのヘンリエッタ・H・フォア氏は「ドローンによる今回のワクチン空輸の成功は、世界の健康にとって大きな飛躍です。世界では未だに子供たちにワクチンを届けることが難しい地域が数多くあります。しかし、ドローンの技術は、すべての子供にワクチンを届けるための最後の道を橋渡しするゲームチェンジャーになる可能性があります」と話す。
 現地でワクチンを注射した看護師のミリアン・ナンプル氏は「川や山々、雨の中、岩盤を横切って歩きながら氷でワクチンを冷やし続けるのは非常に困難です。私は悪天候のために、しばしば配達がキャンセルされてしまうボートの輸送に頼ってきました。ワクチンの輸送は遠く困難なので、子供たちへの予防接種は、毎月1回しか行えません。しかし、今回のドローンによって、私たちは島の最も遠い地域の多くの子供たちに、ワクチンが届くことを願っています」と希望を述べる。

ドローンで届けられたワクチンを注射する看護師のミリアン・ナンプル氏
©UNICEF 2018

 バヌアツ政府はワクチンのドローン空輸を国家予防接種プログラムに統合し、ドローンをより広域で使用して予防接種など広げる計画。また、今回の試験で得られたデータは、世界各地の同様の地域でドローンが商業的にどのように使用されるかを示すためにも使用される。
  フォア氏は「今回の世界初となるドローン空輸でのワクチン接種は、バヌアツだけでなく世界中でワクチンを待っている何千人もの子供にとっても大きな可能性を秘めています。これは革新であり、世界の子どもたちのより良い利益のために民間セクターの可能性をどのように広げることができるかを示しています」と話す。

ユニセフの公開している動画
https://weshare.unicef.org/Package/2AMZIF34NS2Q

この記事のライター

関連する投稿


バヌアツ、83の島々の子どもたちにワクチンをドローン輸送 試験運用実施

バヌアツ、83の島々の子どもたちにワクチンをドローン輸送 試験運用実施

バヌアツの保健大臣のノリス・ ジャック・カルメは、 同国の島々に住む子どもたちにワクチンを届ける、 ドローンによる輸送試験が公式に開始されたと12月5日、発表した。


エアバス社がシンガポールでドローン空輸プロジェクトを初披露

エアバス社がシンガポールでドローン空輸プロジェクトを初披露

2018年2月7日。エアバス社はシンガポール国立大学で、ドローンによる物流を目指すSkywaysプロジェクトを初披露した。


Ziplineがタンザニアで世界最大のドローン空輸網を整備すると発表

Ziplineがタンザニアで世界最大のドローン空輸網を整備すると発表

8月24日。アフリカのルワンダで固定翼ドローンによる医療物資の空輸を提供しているZipline社(本社:米国カリフォルニア州、代表:ケラー リナウド)は、アフリカのタンザニアで100機以上のドローン空輸網を整備すると発表した。


アイスランドのレイキャビクでドローン中継による配送サービスが始まる

アイスランドのレイキャビクでドローン中継による配送サービスが始まる

アイスランドの通販会社のAha社(本社:アイスランド、代表:マーロン クリストファーソン)は、Flytrex社(本社:イスラエル、代表:ヤリウ゛ バッシュ)の開発したドローンを使って、レイキャビク地域の湾を空輸するサービスを開始した。


太平洋地域初、バヌアツでドローンによるワクチン輸送テスト開始

太平洋地域初、バヌアツでドローンによるワクチン輸送テスト開始

バヌアツ政府とユニセフ(国連児童基金)は、 8月に予定しているドローンの試験運航第1フェーズへの参加者を7月27日、発表した。


最新の投稿


CFDの法人向け水中ドローンレンタルサービス「春の半額キャンペーン」開催中!

CFDの法人向け水中ドローンレンタルサービス「春の半額キャンペーン」開催中!

PCパーツの総合サプライヤーCFD販売は、水中ドローンの法人向けレンタルサービスで、一部製品のレンタル価格が半額になるキャンペーンを開催中。


水素燃料電池を搭載した中国のLQ-Hが初飛行に成功

水素燃料電池を搭載した中国のLQ-Hが初飛行に成功

上海の英字新聞Shanghai Dailyのサイトで、中国のCommercial Aircraft Corporation(COMAC)が、水素燃料電池を搭載したLQ-Hの初飛行に成功したと報じた。


米国初、CAPE社が米国連邦航空局(FAA)から目視外飛行(BVLOS)認証証明書を授与

米国初、CAPE社が米国連邦航空局(FAA)から目視外飛行(BVLOS)認証証明書を授与

2019年3月19日 – 米国カリフォルニア州。ドローンのテレプレゼンスとデータ管理のクラウドプラットフォームを提供するCAPE(米国)社は、FAAから史上初となるBVLOS 認証証明書(COA)を付与された。


VTOLを革新するPteroDynaimcs社のTranswing Parus5c

VTOLを革新するPteroDynaimcs社のTranswing Parus5c

PteroDynamics(米国カリフォルニア州)のVTOLドローンは、翼を回転させるというユニークな構造で、革新的な飛行性能を実現した。


シナジーテック、夜間捜索ドローン専用 照明キットを新発売

シナジーテック、夜間捜索ドローン専用 照明キットを新発売

株式会社シナジーテック(徳島県阿南市宝田町)は、 ドローンに搭載可能な、 超軽量、 全光束25,000ルーメンのLED照明ユニット「DL250」を開発、 販売を開始した。